ピクシブ百科事典

江戸

えど

現在の東京(厳密には都区部のうち中心に近い部分)。

隅田川西岸にできた都市であり、現在の東京。タグとしてはおおむね江戸時代を舞台にした作品につけられている。日本最大の城下町として「江戸八百八町(江戸の町は八百八あるよ、……ではなく江戸の町は凄く多いという意味)」と謳われたが、その面積占有率で見ると都市部の大凡は幕府などの土地であり、他は長屋などに住まい比較的狭い地域に密集して住んでいたという。

江戸を本拠とした有力者は平安時代の武士、江戸重継が最初である。後に扇谷上杉氏に仕えた太田道灌が入り江戸氏の居城跡に江戸城を築く。太田道灌が主家の扇谷上杉家によって暗殺されると次第に扇谷上杉氏の勢力も衰え、江戸の支配者は扇谷上杉氏から、扇谷上杉氏を滅ぼした北条氏康後北条氏と移り変わり、その間も江戸は小規模ながら宿場町、港町として機能した。

しかし江戸が城下町として後の繁栄の礎を築いたのは、豊臣秀吉徳川家康関八州を与え駿府から江戸に移封してからである。特に関ヶ原の戦いに勝利して征夷大将軍の宣下を受けた徳川家康、並びにその息子の徳川秀忠、その子息である徳川家光は武家の惣領として江戸をそれに相応しい都市にすべく、大土木工事を行った。江戸城は巨大な堀を三重にめぐらせた大城郭となり(但し天守閣は数度の焼失を経て財政上の理由から再建されなくなった)、家康町人を地方から呼び寄せて、巨大都市を創り上げた。西暦1657年(明暦三年)の明暦の大火後、防火の縄張りとして隅田川をまたぐ両国橋が出来ると、江戸の町並みは隅田川の東側にまで広がった。

定府大名など単身赴任の武士や、家督を継げずに田舎から出てきた次男、三男がひしめく江戸は、独身男性が異様に多かった。そういった独身の男性に寿司蕎麦天ぷら縄のれんなどの屋台が人気を呼び、吉原深川、それに品川宿、板橋宿、千住宿、内藤新宿といった四宿のような公認、非公認の岡場所も隆盛を極める事になる。殊に遊郭の多さに対しては来日した外国人が例外なく驚嘆し日記に認める程で、通常の宿屋にも飯盛り女という形で私娼が例外なく置かれていた。鎖国下の日本では特に医学理学工学の発達が遅れた為、こういった風俗事情も影響してドイツ人医師のフィリップ・フランツ・フォン・シーボルト日本を遊覧した際には100%に近い性病(特に梅毒)の罹患率に驚愕した事が記されている。

江戸に男性が集中した理由としては他にも「入鉄炮出女(いりでっぽうでおんな)」という交通政策を敷いた影響があり、徳川幕府は江戸に入る鉄砲と江戸から出る女性を厳しく取り締まったのであるが(一度、江戸に入ると女性は出られないので入りたがらなくなる)、次第にこの規律も緩くなって時代が下るごとに女性の人口も増えていく。そうして幕末慶応の改革によって入鉄炮出女が事実上、廃止され他の都市と同じように江戸の人口に於ける男女比はほぼ同率になった。

江戸に限らず平和が二百五十年も続いた日本では多様で独特な文化が花開き、鎖国政策と相まって現在の日本文化の代表である歌舞伎俳諧落語などの大衆的な文化が栄えるが、これはあくまで町人の文化であるのが面白い。巨大な城下町=行政都市である江戸の人口の半数近くが徳川家に仕える幕臣が占めていたという。

但し、戯作や浮世絵の創作、三味線や生け花などの芸事に手をだした武士も少なくはなかった(特に武家に好まれたのは骨董釣り園芸の三つだが、凝り出すと家を傾ける場合もあったという)。余芸が高じて、絵描きや原稿料で生計を立てるに至った多芸な武士もいた程である。

科学的な部門の発達が遅れる一方で江戸時代は殊に国学が長足の進歩を遂げた時代でもあり、水戸光圀徳川光圀)が藩政を傾けてまで数代に亘って編纂した大日本史水戸学武士朝廷崇拝の礎となった。一方で和銅五年(西暦712年)に編纂されはしたものの、この時代に至るまで千年間、編者の地位なども相まって常に国学に於いては日本書紀が用いられてきた為に、既に読解できる人間が皆無であった古事記本居宣長が初めて解読に成功し、寛政二年、古事記伝として出版したのを皮切りに、現代で謂う所の国学四大人が全て江戸年間に活躍しているのも特徴である。此処から江戸と云った市井でも国学が大いに語られるようになり、現代でも古事記伝古事記の根幹を成している。

江戸では室町時代安土・桃山時代などで特に公家に好まれた白米食が大流行した一方で副菜事情が非常に粗末であった事から、ビタミン欠乏から発症する脚気患者が大発生し、同じく流行した大阪とで「江戸患い」「大阪腫れ」と呼称された。他地方ではわざわざ精米して可食部分を減らしてまで白米にする事は控えられ、玄米食やといった多種の穀物を多分に摂取していた為、脚気は大都市の流行病と見られていたのであるが、コレには先述の通り江戸期に於ける我が国の医学知識停滞が輪を掛ける結果となった(脚気による死亡者の輩出は明治時代にまで続く)。

江戸時代後期に入って日本経済が滞ってくると、傘張りなど内職で口を糊する武士も増加するのであるが、やはり武士の本懐を遂げられぬと云う鬱屈した空気は外国船の到来から始まった攘夷運動と絡みつき、そのまま明治維新へと繋がる。薩長土肥の倒幕によって江戸は東京へと姿を変えるのだが、西郷隆盛勝海舟の会談によって江戸は無血開城を果たし、戦火に焼けることなくそっくりそのまま東京へと姿を変えた。従って現代でも江戸の遺構を知るのは然程、難しい事ではなく、例えば東京大学加賀前田家の藩邸跡地に建設され、関東大震災東京大空襲を乗り越えて赤門が現存しているのはご存じの通りであり、徳川家が退いた江戸城には天皇が入って皇居となっているし、尾張徳川家の藩邸跡地には防衛省が建設されている。要するに人口密度が高い江戸にあって広大な土地を所有してた藩邸跡地を有効活用したのだが、他諸々の関係についてはwikipedia「江戸藩邸」が詳しいので御覧頂きたい

また、江戸では国学の他に蘭学などの学問も大衆化し、百姓などが武士と肩を並べて学び議論した(このような在野の学問に身分の差別はなく、学識があれば百姓も侍もみな平等であった)。このように文化や学問の中心となったのは、近代以前では現象である。これは江戸時代の日本の識字が高く、幕末ともなると百姓等の大半が文字を読めるほどに教育が普及していたことが関係しており、貸本屋なども流行して市井では大いに読書が嗜まれた。
但し「識字率」について学者間で論調が分かれ、中では数%と低く見積もる資料もある。これについては多数の理由があるのだがまず、現代と当時の国語の在り方がまるで違うという根本的な原因が影響してくる。第一に、当時はひらがな一つに対しても現代の五十音の様に一音に対してのひらがなが必ず一字に統一されている訳ではなく、変体仮名万葉仮名を多数、用いる中で更に地方によって「独自のひらがな(方言ひらがなである)」というものまで開発される始末であるから、そもそもが「ひらがな単独で記された文書一つ取っても地域によって読めるか否か定かがではない」という問題が出てくる。それは同時に、江戸やその他地方での識字率がそのまま国語としての識字率に反映しないという問題に繋がる。国家的に統一された国語が存在しない為、一部地方での識字率が良くてもソレが国家レベルでの識字率に直結しないという問題である。
第二に、例えば江戸城など藩の城内で用いられる公文書は基本的に全国統一された漢文が主体であるのだが(現代でも、例えば日本国憲法漢文で記されている)、では漢文そのものを士分以外の庶民に用いるかと云えばそのような機会は皆無なので、自動的に漢字に対しての識字率はひらがなに対して著しく低下する傾向となる。が、前述の通り変体仮名、つまり「仮名として用いられる所の漢字」(例えば「乍ら」や「非ず」、「勿れ」等の助動詞は現代なら漢字扱いだが、当時はひらがな扱いである)は日常として用いられるのでこれらの識字率は非常に高くなるのである。現代でも多用する漢字に対しては理解度が高いのと同じ現象であるが、つまり「全国的に統一されている漢字の識字率」が低い為、そこから「江戸の識字率は低い」とされるのである。
これらの事象に対して果たして日本一国としての識字率の上でどう扱うかというのは中々に難しい話なので、興味を持たれた諸姉諸兄は独自に研究して頂くと良かろうものと存ずる。


江戸時代は全体的に寒冷な気候であった為、大規模な飢饉が何度か発生している。東日本が飢饉に見舞われるたびに、全国各地から物資が集まる江戸は餓死に瀕した人々の駆け込み寺となった。貧民が地方から大量に流れ込む江戸の住環境は劣悪なものであったらしく、遺骨からは、栄養失調やそれによる病気で死んだ人も多かったことが伺える。

以上のような側面はあったが、江戸文化は正しく「日本文化」の代表のひとつとして、現代でも人々を魅了し続けている。

関連タグ

江戸城 大江戸 都営大江戸線 江戸川 江戸前

pixivに投稿された作品 pixivで「江戸」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1194353

コメント