ピクシブ百科事典

三味線

しゃみせん

日本の弦楽器。弦を撥で弾いて音を出す。
目次[非表示]

概要

3本のをもつ弦楽器。「三弦」または「三絃」と呼ぶ事もある。
弦を撥(ばち)と呼ばれる道具で弾いて音を出す。
沖縄三線(蛇皮線)をルーツとし、近世に日本に伝わり改良を経て成立したと言われる。
江戸時代歌舞伎浄瑠璃とともに発展し、近世邦楽の主要音源として流通するようになった。

構造(三味線の各部の名称)

両面に皮の張られた胴(太鼓)にフレットの無い棹(ネック)が貫通する。
棹の天神(ヘッドストック)と中木先に掛けた音緒(テールピース)の間に糸(弦)が張られ、固定されていない駒(ブリッジ)が糸と胴皮の間に挟まれる。
天神側に上駒(ナット)が固定されているが、二と三の糸しか乗っておらず、一の糸は振動により天神の「サワリ」に接触し、ノイズが乗る。
チューニングは糸巻(ペグ)で行う。
棹は長く、3分割できるようになっている。

種類

音楽のジャンルにより造りやサイズが異なり、様々な種類の三味線がある。
一般的には棹の太さで細棹・中棹・太棹に分けられる。

細棹

中棹
太棹
  • 津軽三味線
  • 義太夫三味線

エレアコピエゾピックアップを利用したエレキ三味線も販売されている。

素材

木製であり、紅木、紫檀花林花梨ではなくインド紫檀)等を用いる。
胴に張るは猫革がポピュラーだが、津軽三味線のように犬革を用いる事も多い。
糸はナイロンテトロン等が用いられるが、用途により異なる。
撥は象牙鼈甲、プラスチック等が用いられるが、用途により異なる。
駒は竹、象牙、プラスチック等が用いられるが、用途により異なる。

関連イラスト

オリジナル

ゆらゆら
2012


「幽霊の正体見たり枯れ尾花」
高須久子


版権

三味線ロック阿求
空琉美遊亭丸京


0810
夢花火



関連動画

地唄箏曲美緒野会 - 黒髪


作業用BGM





主な三味線奏者

  • 石川勾当
  • 杵屋佐吉
  • 清元延寿太夫
  • 高橋竹山
  • 富崎春昇
  • 中能島欣一
  • 吉田兄弟


架空の三味線奏者・三味線を扱うキャラ


関連タグ

楽器 弦楽器 和楽器  ピック
音楽 邦楽
弾く 演奏
三線  /  尺八
ギター ウクレレ バンジョー
長唄 地歌 浄瑠璃 歌舞伎 芸妓
 日本

風が吹けば桶屋が儲かる
シャミセン - 涼宮ハルヒシリーズに登場する猫を指すタグが多い。

外部リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「三味線」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 971855

コメント