ピクシブ百科事典

君のことが大大大大大好きな100人の彼女

きみのことがだいだいだいすきなひゃくにんのかのじょ

君のことが大大大大大好きな100人の彼女(通称100カノ)とは、日本の純愛ハーレムラブコメ漫画。
目次[非表示]

概要

令和元年(2019年)12月26日より、集英社の漫画雑誌「週刊ヤングジャンプ」にて連載されている漫画作品である。原作は中村力斗、作画は野澤ゆき子。
WEB漫画サイト「となりのヤングジャンプ」「少年ジャンプ+」などにも掲載されている。

評価

100人もの彼女全員と付き合うという、そのあまりにも無茶なテーマから連載前は地雷扱いされていたものの、連載後は色々な意味ではじけたコメディ展開(メタ発言やパロディのオンパレード)や濃すぎる登場人物、なんだかんだで既存のラブコメ作品のテンプレもしっかり取り込んだ内容から、好評を呼び、「次にくるマンガ大賞2020」でコミックス部門第2位を獲得した。
その余りにぶっ飛んだ展開の連続から、ラブコメ界のボーボボとも言われることがある。

あらすじ

いままで100人の女性にフラれ続けてきた愛城恋太郎は、中学卒業の日に神様から高校時代に100人の運命の人が現れると告げられる。
しかしそれは、100人の運命の人を幸せにしなければ運命の人は死の運命を遂げることを意味していた。
愛城恋太郎のDEAD・OR・LOVEな学園新生活が始まる。

登場人物

※ 最新話の登場人物の情報が含まれています。閲覧の際はご注意ください。

お花の蜜大学附属高等学校

恋太郎たちが通う高校。

主人公

愛城恋太郎(あいじょう れんたろう)
本編の主人公。詳しくは個別記事を参照。

運命の人(恋太郎ファミリー

主人公である恋太郎の彼女となる女性たち。総勢で100人いるとされている。
恋太郎と運命の人であるかどうかは恋太郎と女性が目を見合わせることで分かる。
逆に言えば恋太郎と女性が目を合わさなければわからない為、普段同じ場所で過ごしていても目を合わさない限りは運命の人であったとしてもそうとは知らずに過ごしてしまうことがままある。
また、この目を合わせることと言うのにも条件があるようで、恋太郎の両目が見えない状態で目を合わせても運命の人かどうかは分からない。
詳細なメンバーは別記事を参照。ここでは、最新話までのメンバーのみ記載。

花園羽香里(はなぞの はかり)
CV:上田麗奈
恋太郎に最初に告白をした運命の人(とはいっても唐音とほぼ同時)。

院田唐音(いんだ からね)
CV:白石晴香
恋太郎に2番目に告白をした運命の人(とはいっても羽香里とほぼ同時)。
本作における貴重なツッコミ役。

好本静(よしもと しずか)
CV:石見舞菜香
恋太郎に3番目に告白をした運命の人で、大人しく上手く喋れない気弱な少女。
詳しくは個別記事を参照。本作におけるマスコットキャラ

栄逢凪乃(えいあい なの)
CV:陶山恵実里
恋太郎に4番目に告白をした運命の人。
クーデレヒロインであり、美少女しかいない恋太郎ファミリーの中でも一番の美少女。
詳しくは個別記事を参照。

薬膳楠莉(やくぜん くすり)
CV:金元寿子
恋太郎に5番目に告白をした運命の人でなのだ口調のトラブルメーカー
詳しくは個別記事を参照。本作における博士キャラ

花園羽々里(はなぞの ははり)
恋太郎に6番目に告白をした運命の人。名前と苗字からもわかる通り、花園羽香里の実の母親。
恐らくは、ラブコメ漫画史上一番ぶっ飛んだヒロイン
詳しくは個別記事を参照。

原賀胡桃(はらが くるみ)
恋太郎に7番目に告白をした運命の人である腹ペコ少女
作中最初の後輩ヒロインであり、唐音に次いで貴重なツッコミ役。
詳しくは個別記事を参照。

銘戸芽衣(めいど めい)
恋太郎に8番目に告白をした運命の人で、花園家に仕えるメイドである。
作中最初のメイドキャラであると同時に、羽々里と並んで社会経験のあるヒロイン。
詳しくは個別記事を参照。

須藤育(すとう いく)
恋太郎に9番目に告白をした運命の人。作中最初の運動系ヒロイン。
そしてボクっ娘でありマゾヒストでもあるという他のヒロイン達にも劣らぬ強い個性を持つ。
詳しくは個別記事を参照。

美杉美々美(うつくしすぎ みみみ)
記念すべき、10番目の運命の人。作中における二番目の先輩ヒロイン。
名前の通り美意識が高く、何よりも自分自身の美をこよなく愛するナルシスト。例え影口を叩かれてもそれは自分の美貌故の嫉妬と受け止めており、受け流すことのできるたくましい人物。外見やお嬢様言葉からいかにもセレブな雰囲気を漂わせているが、本人はお嬢様ではない。
一方で育とはまた別ベクトルに努力家で、美に対しては徹底的に妥協を許さず、ストイックに美しさを求めており、美容の為に使うお金は全て自分がアルバイトをして稼いでいる。

華暮愛々(かくれ めめ)
恋太郎に11番目に告白をした運命の人。
黒髪ロング及び巨乳という要素を備えているが、突風が吹いてもパンツよりも顔を隠すことを優先するメカクレでもある。
詳しくは個別記事を参照。

伊院知与(いいん ちよ)
恋太郎に12番目に告白をした運命の人。主人公とはいとこである。
極度の真面目な性格をしており、中学校では学級委員長を務めている。その為、容姿や行動などにおいて風紀が乱れているものを見ると顔をしかめて正そうとする。
しかし、眼鏡が外れると何も見えなくて不安で泣き虫になってしまうのである。
今現在のところは一番の年下であり中学一年生である。

生徒・教師

馬場杏(ばば あん)
恋太郎たちが通う高校の教頭先生。元・陸上選手(全種目)であり、ブーケトスの際には元・砲丸投げ日本代表の実力を見せつけた。学校では校則を破った生徒を追いかけ回し、挙げ句の果てにはディープキスで制裁するやべーやつでもう妖怪扱い。楠莉に皮膚がただれる薬を顔面にかけられた際には、3時間かけて塗った土壁のように分厚いファンデーションのお陰で助かった。いっぱい稼いで出張ホストの若い男とディープキスしたいがために教頭を続けている。

やるやる三姉妹
野球の練習試合で恋太郎ファミリーの助っ人を頼まれた三姉妹。

寿裸漆区高校(じゅらしっく)

恋太郎ファミリーと野球の練習試合をした高校。

寺野サウル子(てらの さうるこ)
ピッチャーの3年生。ストレートしか投げられない代わりにパワー全振りした投手で、バットさえも弾く威力をもつストレート「暴君竜の大砲ティラノ・キャノン)」なる技をもつ。名前の由来はティラノサウルス

辺路木ラプ子(べろき らぷこ)
キャッチャーの3年生。「キシシ」と独特な薄ら笑いを浮かべている。サウル子とのバッテリーは「必狩双竜デステニーハントバッテリー)」という異名(自称)をもつ。名前の由来はヴェロキラプトル

その他の登場人物

神様
全ての元凶。ラピュタを見ながら運命の人を結びつける仕事をしていたため、恋太郎の運命の人の数を二桁間違えた(そのせいで恋太郎は中学までフラれ続けた)。

呉莉羅連合(ごりられんごう)
21世紀初頭に結成された暴走族(ナノペディアより)。女総長とユウ君の撮影権を獲得するため、総員でブーケトスイベントに参加する。

関連動画

ASMR動画





その他の動画







関連タグ

集英社 週刊ヤングジャンプ ハーレム
ようこそ!恋ヶ崎女学園へアダルトソシャゲの一つであり『主人公の恋人となるヒロインが極端に多い』という共通点がある。(ちなみにこの作品の主人公は現時点で34人のヒロインと恋人関係にある)
ボボボーボ・ボーボボ:その余りにぶっ飛んだギャグから比較される作品。

外部リンク

『君のことが大大大好きな100人の彼女』週刊ヤングジャンプ公式サイト
外部リンク
となりのヤングジャンプ
外部リンク
少年ジャンプ+
外部リンク
公式Twitter
外部リンク

関連記事

親記事

週刊ヤングジャンプ しゅうかんやんぐじゃんぷ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「君のことが大大大大大好きな100人の彼女」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 260586

コメント