ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

薬膳楠莉

やくぜんくすり

『薬膳楠莉』とは『君のことが大大大大大好きな100人の彼女』の登場人物及び5人目のヒロインのことである
目次 [非表示]

「やーやーよろしく薬膳楠莉なのだ!」


プロフィール

氏名薬膳楠莉
性別女性
年齢17歳(※1)→18歳
所属お花の蜜大学附属高等学校(高等部3−3)
誕生日4月18日 ※2
星座牡羊座
一人称楠莉
CV金元寿子(ボイスドラマ版)、朝井彩加(TVアニメ版)

※1:本編開始(恋太郎の入学式)時の年齢。

※2:133話にて判明。由来は『発明の日』からだと思われる。


概要

本編の主人公である恋太郎に5番目に告白をした運命の人。

なのだ口調が特徴的なお薬大好き理系少女。化学部部長の3年生であり、その発明品は「磁石人間になる薬」や「赤外線だけが見えるようになる薬」などノーベルをぶっとばすレベルで青い猫扱いされる事も。薬開発に夢中になり漏らすこともあるらしく、対策としてオムツをつけている。

楠莉先輩

赤色の短髪で吊りスカートの制服の上から白衣を羽織った静ちゃん並に小柄な少女。頭頂部の2本のアホ毛が特徴的。

……とても高三には見えないが実はこれには訳がある(後述)。


人物

本人のアグレッシブな気質に加えて開発した薬がどれもやたらと便利な物が多く、彼女の製作する薬が主軸となる回も非常に多い。

典型的なインドア派に見えて、本来の姿では運動そのものは苦手ではない(劇中の描写を見る限り野球や水泳などは一通りこなせる様子で、女子野球部の練習に参加した時は筋肉痛になっていない)。

こんなんでも先輩だが一番性知識に疎く、言動もストレートで些か幼稚。悪乗りも含めてノリは良い方のため、増えていくファミリーの新参組とも壁を作ることなく接しており、特に人見知りである静ともロリ枠のマスコットコンビを組めるほど仲が良い。


薬が大好き過ぎてのめり込むあまり、周りに迷惑を掛けた結果化学部の部員が全員辞めてしまった過去を持ち、本質的には明るい性格を持ちながらも初期は孤独に実験室に籠る学校生活を送っていた。

そのせいか周りが険悪な雰囲気になることにやや過敏であり、羽香里と羽々里が口論になった時や、訳あって唐音が本気で羽香里に一喝した際には誰よりもテンパっていた。


真の姿

楠莉先輩(大)

「これが楠莉の本当の姿なのだよ」

前述の幼児体型の姿は不老不死の薬の失敗作による副作用であり、本当の姿は↑のイラストのような羽香里に匹敵するナイスバディ。いつもの幼児体型向けの制服を着たまま本当の姿になると、服がぱっつんぱっつんになってけしからんことこの上ない。

普段の肉体年齢は8歳であり、未成年で薬を飲んだ影響で精神年齢も体に引っ張られてしまっている(楠莉の発明する薬は科学を超越するほどぶっ飛んだ効果を持ち、その代償として重大な副作用を有していることが多いのだが、楠莉本人が8歳児相当なためそうした使用上の注意説明を服用前に行えず、かえって問題を深刻化させてしまうことが少なくない)。


傍から見ても魅力的な容姿だが、本人曰く「実験の邪魔だからいらない」とのこと。実際眼鏡が必要なほどに視力が落ち、長い髪も大きな胸も邪魔で動きづらくなるため不都合極まりないのだろう。語尾は「なのだ」から「なのだよ」に変わる。


人格も実年齢相応になってはいるのだが、元が楠莉なので実際はそこまで幼児形態と変化はない。ただし短いスパンで精神年齢が変化しまくっていることは事実なので唐音には「よく人格破綻しねーな」と突っ込まれている。


ちなみにこの「真の姿」は、楠莉がもしもの時の為に常時携帯している「打ち消しの薬」(薬の効果を消す薬)を使用することで一時的に元に戻った状態であり、失敗作の副作用が強すぎるのか短時間しかこの姿を維持できない。


作中で登場した薬

楠莉の発明する薬はほとんどが内服薬(飲み薬)であるが、場合によって外用薬(ぶっかけたり塗ったりして使う薬)、点眼薬(目薬)を作り出すこともある。


  • 不老不死の薬の失敗作

未完成の失敗作であり、飲むと8歳相当の容姿に若返る。未完成の薬であるため、時期によって完成度と効能が異なる複数のバージョンが存在する。

楠莉の家族は全員この薬を飲んでいるので容姿が若い。……というか幼い。

大人が飲むと精神年齢は大人のまま見た目だけが若返るが、未成年の場合は精神年齢と見た目が同様に若返り、8歳児化する。

ちなみにこの薬は祖母である薬膳ヤクを長生きさせる為に作ったという。

また、後述する打ち消しの薬を飲むと元の姿に戻るが、ヤクの場合はより完成品に近い薬を飲んでいるので元には戻れない。


  • 薬の効果を打ち消す薬

通称「打ち消しの薬」、あらゆる薬品の効果を打ち消し、解毒効果もある。この万能さから楠莉は他の薬によるトラブルがあった時のためにいつも1人分常備している。

前述通り、楠莉が飲んだ場合は不老不死の薬の失敗作の効果も打ち消すので元の18歳の姿に戻るが、不老不死の薬の失敗作の方が効力が強いので数十分程度だけしか戻れない。以前楠莉が高身長の姿に戻るために打ち消しの薬を飲もうとしたときは、余儀ないトラブルが発生して一口だけしか飲めず、18歳の姿は数分ほどしか保てなかった。


  • 磁石人間になる薬

血液中の鉄分に磁力を持たせて、周りの鉄や磁石を吸い寄せる。「頭がS極になる薬」と「頭がN極になる薬」の2種類があり、同じ極性同士だと上下逆にくっつき色々な方面から怒られる構図になってしまう。

ただし、三日三晩は想像を絶するほど便秘に苦しむという副作用がある。


  • 惚れ薬

恋太郎への告白を成功させる為にお茶に盛って飲ませたが、既に恋太郎が楠莉に惚れておりそれ以上惚れようがなかったため、拒絶反応が出てしまった。


  • 胸が大きくなる薬、ひねくれ者じゃなくなる薬、少しは女の子らしくなる薬

唐音へのプレゼントの為に作った薬だったが唐音が飲むことを拒否したので未使用。

ちなみに胸が大きくなる薬は「豊かな乳房になる薬」ではなく、使うと「ボブ・サップ並の胸筋になる」という。


  • よりセクシーになる薬

羽香里へのプレゼントの為に作った薬。

服を溶かすを出すようになるので使用後全裸になる。

(この効果は一回きりなので、「溶けたあとに着た服」まで溶けてしまうことはない。)


  • うさぎみたいになる薬

静へのプレゼントの為に作った薬。

うさみみが生えて聴力が大幅に上がる。

うさみみには感覚があり、結構感度が高い。これを飲んで恋太郎に両耳をくすぐられた静は全身の力が抜け、快感にうち震えながら「あ…アニキィ~!こいつが夢にまで見た―――」「桃源郷(シャングリラ)でやんすかぁ~~~!?」というコメントを発した。


  • 髪を操る薬

凪乃へのプレゼントの為に作った薬。

髪を腕のように自由に操れるようになるが、通算二本目以降はハゲるリスクが高まる。


  • 大好きな人とチューしたくてしたくてたまらなくなる薬

飲むと精神的快楽、つまりキスへの欲求が高まる……のだが、男性の性欲の矛先が肉体的快楽であるのに対し女性の性欲の矛先は精神的快楽であるため、もともと恋人に最も求めるものがキスである女性が飲んでしまうと大好きな人とキスをする事しか考えられず、自我を失いさまよいうごめく「キスゾンビ」となってしまい、薬が全身に回る前に打ち消しの薬を飲まないと一生戻らなくなる

事実上の人格の消滅(ニルヴァーナ)

本来は恋太郎に飲ませる目的で水筒のお茶に混ぜ込んでいたのだが、楠莉が詳しい説明を怠って(前述の薬を混入させた水筒が「青色で大きくゴツい水筒」と「赤色で小さくかわいい水筒」のどちらかをハッキリと教えなかった。ちなみに「青色のゴツい(男子向けの)水筒」に薬を混入させていた)中座してしまい、何も知らぬ羽香里が「青色の大きい(量の多い)水筒」の中身を自分達4人に分けて飲んだためにキスバイオハザードが発生してしまった。


  • ぶっかけると皮膚がただれて滅茶苦茶痛てー薬

いわゆる劇薬。教頭先生に驚いて思わずぶっかけてしまったが、土壁のようなファンデーションのおかげでノーダメージだった


  • 睡眠薬

どんな動物でも一瞬で眠らせ、眠った動物が垂らしたよだれを舐め取ってもやはり一瞬で眠らせるほど強力。


  • 赤外線が見える目薬

赤外線が肉眼で見えるようになる。ただし、効果が切れるまで赤外線以外何も見えなくなる副作用がある。


  • 新しい自分に生まれ変わる薬

性格を改造する為の人格をフニャフニャになる作用が暴走して魂が飛び出てしまい、魂が入れ替わる。元に戻るには恋太郎とキスして、その幸福感から再び魂を飛び出させる必要がある。


  • 赤ちゃんになる薬

文字通り、赤ちゃんになるが打ち消しの薬を1時間以上間をおいて飲ませないと肉体への負担がかかり死ぬ。


  • かわいさが過敏になる薬

かわいさを倍増させる。

楠莉はこれを使ってアピールしようとカラオケ室内に充満させるものの静の歌が予期せぬタイミングで挿入されてしまい、もともと可愛すぎる歌声が更に倍増。余りのかわいさで周りの人間を歌声だけで吹き飛ばしてしまった


  • キスがすんごい気持ちよくなるリップ

痙攣を起こすレベルの媚薬。


  • 毛生え薬

ハゲていても一瞬で毛根を復活させるほど強力だが、前述の髪を操る薬と併用すると強化された髪の毛が脳を支配して本能のままに暴れだし、最悪地球そのものを滅ぼしてしまう


  • 超元気が出てハイになる薬

落ち込んでいた羽々里に渡した薬。使用したかは不明。


  • ツンデレじゃなくなる薬

ツンデレを呼び起こす脳からの電気信号を根こそぎ体外に放出する。失敗による産物であるため楠莉は廃棄する予定だったが、唐音は自ら飲みツンデレを消失させてしまう。


  • ツンデレになる薬

体外に放出した"ツンデレを呼び起こす脳の電気信号パターン"である「ツンデレ因子」を体内に吸収する薬。


リバースしたものにキラキラのエフェクトがかかると思われる。

凪乃に勧めたものの「それは野澤先生の方でやってくれるんじゃないの?」というツッコミが入り未使用に終わった。


  • 目ぇギンギンになって眠れなくなる薬

名前のみ登場。恋太郎が実験体となった。


  • ホルマリンに似てるだけの人体にあんまり害のない薬

楠莉が「自由な自分の姿」としてホルマリン漬け風の仮装をするために使用。「あんまり」害がないのは副作用でちょっと尿が黄色くなるため。「ビタミンBか」


  • 代謝がブチ上がる薬

恋太郎ファミリーがプリクラに閉じ込められた時に登場。18歳の姿になっていた楠莉が、打ち消しの薬の効果を早く切れさせる=8歳の姿になるために取り出したものの未使用に終わる。


羽香里が楠莉にこっそりお願いして作ってもらった。

この媚薬を浸した牛肉を(ラッコ肉の代わりとして)闇鍋に入れた結果、一同はムラムラ発散のために相撲を行うことになった。

法に触れるレベルで効く


  • 体重が100倍になる薬

上記のラッコ鍋相撲大会で楠莉が使用。しかしあまりの重さに自分が土俵にめり込み自滅。


  • 小さくなる薬

手のひらサイズにまで対象を縮める

赤ちゃんになる薬と同様、打ち消しの薬を使うと肉体への負荷で死んでしまうため自然に効果が切れるのを待つ必要がある。

服は一緒に小さくならないため、誤って飲んでしまった凪乃は愛々にあみぐるみの服を提供してもらった。


  • 市販の3億倍強い風邪薬

山女に使おうとしたが未使用。

美々美「それは人間が飲んでいいものなんですの?」


  • マジヤバい薬

お店屋さんごっこをした際に取り出したが、当然ながら知与に止められた。

効果は不明だが、フラスコには髑髏が入っておりどう見てもマジヤバい


  • マジウケる薬

上記の「マジヤバい薬」が却下されたことで出した薬。

飲むと笑いが止まらなくなる笑い薬。飲まされた知与は大爆笑したが、あー子は表情がほぼ変わらなかった。


  • ギチギチが楽しくなる薬

上記のプリクラギチギチ事件を踏まえて作っておいた薬。打ち消しの薬を飲むと当然効果が消える。


  • 足が速くなる薬

運動会のリレーでやむを得ないと思い自分に使おうとしたが、ファミリーが必死に頑張る姿を見て取りやめた。

単行本12巻のおまけによると、仮に使った場合ケンタウロス形態になるらしい


  • 全ての感情を失う薬

一時的に無感情になり、無我の境地に至る薬。

使った恋太郎は宇宙を背負い (´○ω○`)←こんな顔になった。


  • 酔っ払ったみたいになる薬

おそらく効果はこれ

本気こどもビールを用いての飲み会ごっこを禁止した、出版業界の大いなる存在に対抗するために作ったが却下された。


  • 楠莉と騎士華の恋に関する記憶を消す薬

ピンポイントな記憶操作が過ぎる薬。

楠莉と騎士華が同じ彼氏と付き合っている記憶をクラスメイト達から消すために使用。しかし副作用で他の記憶も思い出せなくなってしまい、全員幼児退行した。

ただし本来の薬の効果は発動したため、打ち消しの薬を飲んだ後も「恋に関する記憶を消す」効果は続いていた(「一度消えた記憶は打ち消しの薬でもどうにもできない」とのこと)。


  • 一ふきだしにつき2文字分しか発せなくなる薬

「せっかく水着を着ても台詞で体が隠れて恋太郎に見せられない」という問題を解消するために使用。セリフが記号なども含めて2文字しか言えなくなる。


  • 痛覚が半日死ぬ薬

負傷時の痛みを感じさせない薬。用途としては麻酔薬に近い。


  • 虫にぶっかけると死ぬ薬

殺虫剤。人間にぶっかかっても死ぬ


  • 恐怖を永遠に感じなくなる薬

夜の校舎で妖怪に怯えた楠莉が焦って使おうとした(に止められたため未使用)。


  • 温めた人の味になる薬

楠莉曰く「調味料」。これを練り込んだパンを手で温めると、体温や指紋の成分に反応して、温めた人の構造や性質に近い味にする。

他の人が触ると味が変わるため、温めた本人がパンを「あーん」して相手に食べさせなければならない。

ちなみにパンの食感は紅葉が各々のの感触を再現したもの。


  • エルフ耳になる薬(仮称)

正式名称不明。恋太郎が実験台になった。


  • セクシーポニテニット最高!!と感じないと死ぬ薬
  • スレンダーおさげルームウェア最高!!と感じないと死ぬ薬
  • ロリおだんごオーバーオール最高!!と感じないと死ぬ薬

楠莉が失敗作として生み出してしまった薬。打ち消しの薬の効果は適用されず、飲んだ相手を「最高」と感じさせながら特定のことを行わなければならない。また他の魅力を感じさせると効果の妨げになってしまう。

セクシーポニテニット……高熱が出る。相手を風邪を引いた時と同じように看病する。

スレンダーおさげルームウェア……力みすぎて全ての筋肉が爆発する。相手に「オフの日のぐでーとした姿(オフショット)」等を見せて脱力させる必要がある。


  • 楽になれる薬

セクシーポニテニット事件で恋太郎を看病するために18歳の姿の楠莉が使用。飲むと体調が楽になるが、名前が名前ゆえ別の意味だと誤解された。


余談

設定上幼児形態と元の姿の楠莉が同時に登場することはないが、コミックス3巻の表紙イラストにて双方の姿で描かれており、ヒロインの集合絵が表紙の14~16巻を除き、既存のヒロインが2人ずつコミックスの表紙に載る今作では今のところ唯一の例外(何も知らない読者には姉妹キャラに見えてそうだが…)


恋太郎の彼女になった初めての先輩キャラであるが、基本的に8歳の姿で登場するためファミリー内ではロリ枠扱い。薬で騒動を起こしたりボケたりすることもあるが、ツッコミもこなせるマルチな立ち位置。


名前の由来は言うまでも無く「薬膳」「薬」であるが、漫画通りの「楠莉」は実際には少々変換されにくいためか一部の読者には「シャブ先輩」と物凄い渾名をつけられている。……と言うよりも唐音には「マッドサイエンティスト」、静には「薬物を支配せし者(ドラッグルーラー)」(アニメでは「ドラッグマスター」)と呼ばれたりしてるので原作もどっこいどっこいではある。

(静の場合は同じクラスの人の分の名前しか登録されていなかったので仕方なかったとはいえ、それにしたってあんまりなのでは……)



関連動画

キャラクターPV


関連イラスト

かつてはpixivに投稿されていた最古の作品を筆頭に本来の姿のものが多めだったが、現在は子供の姿の時の作品も多く投稿されている。

しわしわ楠莉先輩センシティブな作品

センシティブな作品センシティブな作品


関連タグ

君のことが大大大大大好きな100人の彼女 化学部

マッドサイエンティスト

チートキャラ:発明品である薬は有名なネコ型ロボットが出すアイテムを連想させる効果を持っているものが大半である。


トラブルメーカーだいたいこいつのせい:作中で起こる騒動が楠莉の作った薬及び楠莉が報連相(説明)を怠ったため起こってしまう事から。


しわしわピカチュウ:劇中で落胆した時など、たまに似たような表情になる。


薬膳ヤク:自分の祖母にして、恋太郎の彼女の一人。横文字への理解の無さには頭を悩ませているが、心から愛している。


恋太郎の運命の人の系譜

栄逢凪乃→ 薬膳楠莉 →花園羽々里

関連記事

親記事

恋太郎ファミリー れんたろうふぁみりー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1491583

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました