ピクシブ百科事典

甘露寺蜜璃

かんろじみつり

甘露寺蜜璃とは、漫画『鬼滅の刃』に登場する、鬼殺の剣士である。最高位・“恋柱”として、嫋(しな)やかな刃と無双の剛力を振るい、今宵も探すは……素敵な伴侶(!?)。
目次[非表示]

「任せといて みんな私が守るからね」

概要

階級
誕生日6月1日
年齢19歳
身長167cm
体重56kg
出身地東京府 麻布區 飯倉(現:港区 麻布台)
趣味料理、メンコで負け知らず
好きなもの桜餅
CV花澤香菜


鬼殺隊の頂点に立つ剣士“”の一人。「恋柱」の二つ名を持つ美貌の女傑。
作中屈指のお色気キャラで、色事には鈍い炭治郎に鼻血を出させ、思春期に突入した玄弥は彼女と一言も話すことができなかったほど。

容姿

生来は黒髪であったが、好物の桜餅をあまりにも大量に食べ続けたため、十歳頃には頭頂から肩口までは桜色、そこから先に行くに連れて草色へと変色していくという、珍妙な髪色に変わっていたというトンデモ体質その二な人(その一)。

当時の女性としてはかなりの長身。また、大きく胸元が開いた隊服からも解るとおり、大変立派なものをお持ちであり、それ故に読者の一部から「乳柱」と呼ばれていた事も。

センシティブな作品



この奇抜な隊服(上述の通り開いた胸元に加え、現代で言うミニスカート)はとある変態の隠が勝手に作って持ってきたものである。

本人もこの恥ずかしい服装を疑問に思ったが、隠の自信満々な態度から女性隊士は皆こうなのだろうと思ってしまったらしい(真相を知ったのは、同じく女性隊士であるしのぶと柱合会議で対面してから)。

人物

たいへんに惚れっぽいらしく、「伊黒さんしつこくて素敵」「冨岡さん一人ぼっちで可愛い」「しのぶちゃん怒ってるみたい、カッコいいわ」等々、周囲の一挙手一投足に逐一キュンキュンときめいてしまうという、謎の乙女チックな感性を持つ。

センシティブな作品



また、玄弥に挨拶を無視されただけで乳房が零れ出そうになるほど取り乱して炭治郎に泣きついたり、その後すぐ彼から松茸ご飯が出ると聞いて機嫌を直すなど、一部の例外を除いて寡黙で冷静な性格の多い『柱』の中では珍しく、天真爛漫かつ感情豊かで表情がコロコロと変わる。
柱の例に漏れずぶっ飛んだキャラクターだが、への憎悪に凝り固まった他のメンツと違い、思考が柔軟かつ穏健な優しさの持ち主。

実家は五人姉弟であり、鬼である禰豆子にも好意的で、くすぐって遊んだり、頭を撫でたりして可愛がっていた。禰豆子の方も彼女に懐いており、炭治郎に彼女と同じ髪型にしてもらうほど。
その為、不死川実弥が弟の玄弥の存在を否定した時には、内心で「怖い」と思いつつ、二人の仲が悪そうなことには表情を曇らせて、心配していた。

その一方で、上弦の鬼を倒して尚生き残った炭治郎を気遣って褒め、動機こそとんでもないものであったが戦いに関しては自分なりに覚悟を決めており、「お互い生きていたらまた会いましょう」と別れ際炭治郎に発している。
決して軽薄な思いや楽観だけで生きているわけではない、心身ともに強い女性であり、戦闘において鬼と対峙した際には「私 いたずらに人を傷付ける奴にはキュンとしないの」と毅然とした態度をとっている。

能力

剛力無双

甘露寺蜜璃は変異個体(ミュータント)である。
その体躯を構成する筋繊維の密度は、先天的要因によって常人の八倍にまで達している(公式からの呼称は「捌倍娘」)。一例として彼女が1歳2ヵ月――常人であれば“よちよち歩き始める”頃――に、弟を身籠っていた母を気遣い、四貫(現在の15kg)もの漬物石を持ち上げた逸話を持つ(その際に肝っ玉で評判だった母が人生初で腰を抜かした)。
このため、華奢な体型に反して柱の中で腕相撲をした時には煉獄・不死川実弥・義勇と同率三位になれる程の力持ちである。
そこから更に鬼殺隊として鍛え上げられ、柱として死線をくぐり抜け続けてきたその身体は、力を込めれば十二鬼月すら驚愕させるほどの剛(つよ)さと堅さを発揮する。なおかつ力を抜けば、「女性」としてのしなやかさと間接可動域の広さを見せるという、まさに剛柔一体の理想を体現していると言える。
ただしデメリットとして、甘露寺はその異常な筋肉量のせいで通常の生命活動を行うだけで莫大なエネルギーが必要となり、相撲取り3人よりも食が太い。特に劇中の大正日本では、高タンパク・高カロリー食品がほぼ存在しないため、拠点あるいは人里を遠く離れての任務は、かなりの制限を受けると推察される。
そのためか、最近は西洋から伝来したハイカラな洋食がお気に入りで、それもあって食費がとんでもないことになっているらしい。

なおこのような体質は、現代において『ミオスタチン関連筋肉肥大』といった遺伝子疾患の一つとして解明が進んでいるが、常人の二倍を越えるレベルで、適切な医学的措置を受けなければ、死に至る可能性が高い

全集中 恋の呼吸

後述する、彼女だからこそ自在に操ることが出来る特殊な日輪刀と、剛力と柔軟さを併せ持った身体を駆使して、まるで新体操のようにアクロバティックな動きから繰り出す斬撃は、元宇髄より速く、目で捉える事さえ困難なほど。

装備

鬼殺隊士として、日輪刀と隊服を支給されている。
また、伝令及びお目付として宛がわれている担当の鎹烏(かすがいがらす)は頭部に花飾りのような物を着けており、他の烏に比べると大人しい性格の模様。

日輪刀

太陽に一番近く、一年中陽の射すという陽光山で採れる猩々緋砂鉄から打たれた刀であり、不死身の鬼を“殺す”事ができる唯一の武器。詳細は個別記事を参照。
蜜璃の日輪刀は、刀匠の里の長である鉄地河原鉄珍が打った特殊な『変異刀』であり、その薄鋼は布のようにしなやかでありつつも、達人が扱えば決して折れる事の無い「傑作」の一刀である。斬断できるのはあくまでも刃の部分だが、甘露寺はこの変異刀をあたかも新体操のリボンのように、軽やか且つ高速で振るう事で、鬼を取り囲んでのオールレンジ攻撃、或いは広範囲全周囲防御を実現する。
刃は桃色(赤系統)に染まっていることから、甘露寺が一刀にして怪異を両断せしめる“炎の呼吸”に適正が高い事がわかる。
当然ながら“柱”の日輪刀として、刃元には“惡鬼滅殺”の意匠が映える。

なお、鍔は四つのハート形の下端が鍔元で重なるような『四葉のクローバー型』とという、これもまた日本刀としては特異な形状をしている。

隊服

背に“滅”の字が描かれた、黒い詰襟。
特別な繊維でできており、通気性はよいが濡れ難く、燃え難い。雑魚鬼の爪や牙ではこの隊服を裂く事すらできないほど頑丈。
女性が肌を晒すのは「はしたない」とされる大正日本では、甘露寺の着こなしは余り行儀が良いとは言えない。その為か脚元は伊黒から贈られたニーソックスを愛用している模様。

活躍

那多蜘蛛山の戦いの後に炭治郎が運び込まれた産屋敷邸における、柱が一斉に会する柱合会議の場において初登場。
炭治郎及び彼の妹・禰豆子の処遇について、他の柱の多くが即抹殺を訴える中で、当主・産屋敷が二人のことを把握していないはずはないことを考慮して、結論を急がないよう諭し、産屋敷が二人を鬼殺隊の下に置くことを柱たちに説いた際も彼の判断ならと進んで同意するなど、当初から他の柱たちとは違って穏和で思慮深い姿勢を見せていた。

その後はしばらく出番が無かったが、100話の最後で再登場。
炭治郎が新たな刀を手に入れる為に刀匠の里を訪れた際に、まさかの入浴シーンで登場(しかも髪ブラ)。
更に続く101話にて、『柱』になった理由を炭治郎に訪ねられたところ「添い遂げる殿方を見つけるためなの!!」と語っており、結婚相手を探す為だと判明。本人曰く、「自分よりも強い殿方が好き」「でも中々会えないから自分も柱になった」との事。
実に乙女チックな理由であるが、殺伐とした作品世界に見合わないこと甚だしくツッコミどころ満載であり、聞かされた炭治郎も困惑気味であった(解説によれば、誰もが同じ反応をしているらしい)。

その後、一時的に里から離れていたが、刀匠の里が上弦の鬼二体に襲撃されたことで急遽里に戻り、里に常駐する鬼殺隊を瞬殺した金魚姿の化け物たちを一瞬で倒し、柱としての実力の高さをうかがわせた。

そして半天狗の分裂体、憎珀天との戦いに参戦。途中一度意識を失うという窮地に陥るも、炭治郎達の助力によって復活。その後は炭治郎達が半天狗の本体を仕留めるまでひたすら憎珀天と戦い続け終いには「ぎゃあああああ~~~~~!!! もう無理!! ごめんなさい殺されちゃう~~!!」ともの凄い悲鳴を上げる程追い詰められたが、寸でのところで炭治郎が半天狗の本体を斬った為、憎珀天とその血鬼術である石竜子が消滅。大急ぎで皆のところへ駆けつけ、勝利と生存を喜びあった。

過去

もともと鬼とは無縁の生活を送っており、17歳でお見合いをすることに。
しかし筋肉密度が常人の八倍ある故に大食らいなことや、おかしな髪の色のせいで「君と結婚できるのなんて熊か猪か牛くらいだ」、「そのおかしな頭の色も子供に遺伝したらと思うとゾッとする」などお見合い相手からまるで怪物であるかのように散々に言われ、破談となる。
それ以後結婚するために、力の弱いフリをしたり、髪の色を染め粉で黒く染めたり、意識が朦朧とするほど食事を我慢するなどして、自分自身に嘘をつくようになり、家族から心配されていた。

だが、だんだん自分を騙すことに疑問を覚え、「ありのままの自分ができる、人の役に立つことがしたい」と思い立って、鬼殺隊に入隊した経緯を持つ。それ以降は産屋敷や隠の面々などが自身の力を称賛してくれた事や、鬼から助けた人達が涙を流しながら感謝してくれた事も相まって、コンプレックスだった特殊体質についても前向きに捉えられるようになった。

超人であるがゆえに世俗で生きる場所を見いだせなかった彼女だが、皮肉にも超人であるが故に人間性を犠牲にすること無く、健やかな精神で鬼と戦えるのである。

余談

劇中である大正初期は、江戸時代以前の風習が色濃く残っていたため、女性は小柄で慎ましい体型が良いとされていた。蜜璃の縁談がなかなか進まなかったのは、これも一因と推察される。

しかしながら鬼殺隊内では、様々な背景からそういった風習よりも実利最優先とする者(もっと言えば本能に忠実な人間)が多いためか、多くの男性隊員の好意を集めている。

関連イラスト

センシティブな作品センシティブな作品


センシティブな作品
蜜璃ちゃん


蛇恋
恋柱・甘露寺蜜璃



関連タグ

鬼滅の刃 鬼殺隊 

師匠

煉獄杏寿郎

特に親しい人物

胡蝶しのぶ 伊黒小芭内 悲鳴嶼行冥 竈門兄妹炭治郎禰豆子

気になる?

冨岡義勇 時透無一郎 不死川実弥

関連記事

親記事

子記事

  • 乳柱 かんろじみつり

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「甘露寺蜜璃」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17732869

コメント