ピクシブ百科事典

伊黒小芭内

いぐろおばない

伊黒小芭内とは漫画・アニメ『鬼滅の刃』の登場人物である。
目次[非表示]

信用しない 信用しない そもそもは大嫌いだ

プロフィール

階級柱(蛇柱)
誕生日9月15日
年齢21歳
身長162cm
体重53kg
出身地東京八丈島 八丈富士<西山>
趣味川柳俳句、飴細工を作っているところをずっと眺める
好きなものとろろ昆布
CV鈴村健一


概要

漫画「鬼滅の刃」に登場する鬼殺隊の隊士の一人。
隊の中では冨岡義勇と同じくと呼ばれる最上級剣士で、「蛇柱」の称号を持つ。
鏑丸」というオスの白蛇を常に首に這わせており、初登場は木の上だった。

人物

敵にも味方にも執念深い蛇のような男


基本的に主人の産屋敷耀哉及び同じ柱以外の人間を信用も期待もしない気難しい性格。何かと嫌味や皮肉交じりの言葉で接する偏屈な男で、口調は甘露寺蜜璃曰く「ネチネチしている」らしい。実際に彼が言葉を発すシーンでは「ネチネチ」という擬音が書かれる。

一方で、協調性に欠ける孤高主義かと思えばそんな事はなく、蜜璃とはプライベートで文通をする程の仲でもある。彼女に関しては単なる仲間以上の感情を抱いているようで、文通以外にも蜜璃にニーハイソックスを贈ったり、柱稽古の際には炭治郎に対して「馴れ馴れしく甘露寺と喋るな」と牽制したり、無限城での戦いでは率先して蜜璃を雑魚鬼から守ったりしている。

不死川実弥同様に「鬼は絶対信用しない、問答無用で滅殺すべし」という考えを持つ。その不死川によって傷を負わされた禰豆子を助けようと、拘束された炭治郎が足掻いた際に、何らかの体術らしき技を使い、背中に肘を付くだけで炭治郎の呼吸と動きを封じるという場面が見られた。他にも自分の血で禰豆子を試そうとする不死川に対して、「日陰に行かねば鬼は出てこないぞ」と的確にアドバイスをしていた。
そしてこれまた不死川同様に、水柱の冨岡義勇の事を毛嫌いしているが、その理由は彼の勤務態度が悪くて柱としての自覚が見られず、それが鬼殺隊という集団の和を乱すからであり、本質的には生真面目かつ組織や集団の和を重んじる性格である。それ故に隊律違反者への追及も厳しい。

また、食事をするのが好きではなく、柱で最も少食で、三日ほど食事を摂らなくとも平気だという。

容姿

代表的な染色体異常の発現である虹彩異色症(オッドアイ)の罹患者であり、左目が青緑、右目が黄という身体的特徴を持つ。

伊黒小芭内


加えて隊服の上からボーダーが入った羽織を着用している。羽織の色は白と黒であるが、デジタル版ジャンプで公開されているフルカラー版の初期では薄紫と黒になっていた。

能力

全集中 蛇の呼吸

小芭内
🌅


柱の中ではしのぶに次いで腕力が弱い彼だが(柱の腕相撲ランキングより)、上述した自身より力の強い筈の炭治郎を押さえ込むなど、非力さを補って有り余る程の高度な“技”を持つ。また、冷静な状況判断や分析力にも非常に長けており、指揮官としての能力も高い。

呼吸や剣技にもそれらの技が大きく活かされており、正に“蛇”のように通常では考えられないような変則的な斬撃を繰り出す。ちなみに水の呼吸から派生した流派である。

装備

鬼殺隊士の基本装備として日輪刀と隊服を支給され、鎹鴉をあてがわれている。

日輪刀

蛇柱


詳細は個別記事を参照。
伊黒の日輪刀は諸刃の上に、刀身がフランベルジュのように波打っているが、薄い刃の切れ味は正しく日本刀のそれである。
22巻にてその詳細が判明した。彼の日輪刀は刀鍛冶の里の長である鉄地河原鉄珍の息子・願鉄作。鞘は革製で、弱めの磁石で軽く留めて包み込む様な形で納刀しており、上に開く様に抜刀する仕組みとなっている。

隊服

五十人の手


背に“滅”の字が描かれた、黒い詰襟
特別な繊維でできており、通気性はよいが濡れ難く、燃え難い。雑魚鬼の爪や牙ではこの隊服を裂く事すらできない程に頑丈。
その上に白黒の縞模様の羽織を着用している。

鎹鴉

雄鴉で名は「夕庵」

伊黒さんの鎹鴉




活躍

吉原で上弦の陸との戦いを終えた宇髄天元の下に現れた際も(かなり嫌味ったらしいが)、労いをかけており、重傷を負った為に引退を宣言する彼に、煉獄杏寿郎の抜けた穴が埋まってない上に、後進の隊士も育っていない事を理由に引退に反対するなど、鬼殺隊という組織の運営等も常に考慮しながら行動している。また、これは引退しようとする宇髄に対して嫌味な上に遠回しだが、彼なりの慰留要請であり、他にも、煉獄の訃報を聞いた際には「俺は信じない」と呟いており、このように自身が認めた相手の事は内心では強く信頼しているらしく、仲間への想いは深い。

炭治郎の活躍が隊内で評価されるようになった後も、二人への不信感は完全には捨ててはいないようで、特に炭治郎には上述した蜜璃と親しくなった事が原因で目の敵にしていた。
全隊合同の隊士修練において修行場とする建物の内部の壁や床一面に他の隊士の身体を括り付けて、その中で相手をするという修行を課し、それを見た炭治郎の「何らかの罪を犯したのか?」という問いに「弱い罪、覚えない罪、手間を取らせる罪、イラつかせる罪」と答えた。

ただし、宇髄からの彼らへの高評価と、遊郭での死闘を生き延びた事への呆れと驚きから、彼らの実力について(気に食わないながらも)多少なりとも認めているフシがあり、休憩時間をちゃんと設けて無理をさせず、真面目に稽古はつけていたようである。更に、括り付けられている隊士は恐怖と危機感から二人の剣閃を嫌でも覚え、炭治郎は必死で目で訴える隊士達を避けて必要最低限の動きと剣捌きを覚えざるを得ないという、実はこれは双方にとって利になる、意外と合理的な修行だったりする。

なお、後々になって柱を守る為に捨て身になる隊士が現れたことに面食らっていたことから、「だから死んで当然」と思うほど冷酷な意識は持ってなかったと思われる。


対人関係

公式ファンブック鬼殺隊見聞録・弐にて柱内での互いの印象が明かされた。
柱の中ではどちらかというと新参であるため為に、柱内での全体的な打ち解け度は60%と高くはないが、一方で生真面目で協調性もある為か決して低くもない。
対して鋭い視線が原因か、一般隊士からの話しかけにくい柱ランキングでは2位に選ばれていた。


冨岡義勇
蛇の呼吸の源流である水の呼吸を使う剣士。
小芭内から見た義勇の印象は「嫌い。拙者不幸でござるみたいな顔しててムカつく。」、義勇からみた小芭内の印象は「悪口言われて悲しい。」
嫌いと言っている一方で、無惨との最終決戦では義勇の窮地を一度救っており、義勇も(未遂に終わってしまったが)小芭内の窮地を救おうとした。
余談だが、柱としては小芭内からみて義勇は先輩にあたる。


胡蝶しのぶ
蟲の呼吸を使用する女性剣士。
小芭内から見たしのぶの印象は「努力家、忍耐強い。」、しのぶからみた小芭内の印象は「体捌き(剣技)などの話をたまにする。」
女性が苦手な小芭内であるが、仲は決して悪くなかった模様。
柱内での腕相撲ランキングが発表された後は、二人で「いや実戦は腕力じゃないですから ねえ」「そうだその通り 技とは腕力ではない」と負け惜しm…主張していた。


煉獄杏寿郎
かつて命の恩人の息子である、現在の炎柱
小芭内から見た杏寿郎の印象は「よく話す。好き。性格が良い。」、杏寿郎からみた小芭内の印象は「感覚が鋭い!肩、肘、手首の関節だけなら甘露寺よりも柔らかくしなる!」。彼の訃報が届いた際には、「俺は信じない」と呟いており、現炎柱である彼にも相応の信頼を置いていた事が伺える。


宇髄天元
小芭内より年上かつ柱としては先輩にあたる剣士。先述のとおり吉原の戦いを終えた後労いの言葉と柱残留への発破をかけた。
小芭内から見た天元の印象は「機会があってお互いの生い立ちの話をした。自分の血筋に不快感を持ち、兄弟を手にかけたと悔やんでいるが、決して暗い顔をしないので尊敬している。」、天元からみた小芭内の印象は「目が派手!左右色違うとかありかよ悔しい!潔癖、真面目すぎる。」。同じく親族関係で悲しい過去を背負った者同士であるからこそ、小芭内は内心では天元の心の強さと前向きさを尊敬していた模様。


時透無一郎
柱内で最年少であり、刀を握って二月で柱になった天才剣士。
小芭内から見た無一郎の印象は「若いので、死なないで欲しい。」、無一郎からみた小芭内の印象は「山猫みたい。静かな人。目が綺麗。左右で色が違うので最初びっくりした。」
無一郎からみた印象では小芭内が最も(文字数が)多い。
無口な彼にも偶には話しかけていたようである。後に上弦の壱戦において無一郎が刀を赫くした経緯を鴉からの報告で聞いた事が、彼自身も最終決戦にて赫刀を発現するきっかけとなった。
余談だが、彼と小芭内が柱の中では最も新参にあたる。


悲鳴嶼行冥
柱内で最年長かつ最強の剣士。
小芭内から見た行冥の印象は「とても強い。信頼できる。」、行冥からみた小芭内の印象は「生真面目な子。繊細。甘露寺が好きらしい。」
最年長だけあって、小芭内のことを的確に見抜いていた。
無惨との最終決戦では、彼の助言により一瞬のみだが「透き通る世界」を見ることが出来た。


不死川実弥
義勇と同じく同い年の剣士。
小芭内から見た実弥の印象は「気が合う。友達。」、実弥からみた小芭内の印象は「一番気が合う。」。鬼に対する姿勢や考えなども近い為か、随分と互いに気が合っていた様である。
大正コソコソ噂話によると初対面から気が合う仲であったが、実弥は蜜璃タイプの女性が苦手なので女性の好みは常々合わないと思っているらしい(悲鳴嶼がポロッと漏らした事で初めて小芭内が蜜璃を好きだと知ったらしく、実弥も恋愛方面はかなり鈍い)。


甘露寺蜜璃
しのぶと同じく数少ない柱の女性剣士。恋柱
小芭内から見た蜜璃の印象は「大好き。可愛い。論理的な喋り方ができないことがあるので心配している。」、蜜璃からみた小芭内の印象は「凄く優しい人!手紙の文章が素敵!いっぱい褒めてくれる。私が食べるの遅くてもニコニコして待っててくれる!」
大正コソコソ噂話によると伊黒は本来食事するのが面倒で好きではなかったが、蜜璃が美味しそうにぱくぱく食べている所を見ていると幸せな気持ちになり、(一緒に食事はしないが)食欲が出て、いつもより多く食べることができたとのこと。また蜜璃は年頃のお嬢さんなので異性にドキドキしてしまうが、文通したり特別優しくしてくれる小芭内が特に好きだった。


キメツ学園

おばみつ9


20巻で設定が明かされた。担当教科は化学。こちらでは包帯ではなくマスクを着用していて、着用している理由は女性アレルギーがあるため。本編同様首に巻いている蛇も、「女性避けに巻いているのでは?」と言われている。
よくアオイの家の定食屋に来るのだがお茶しか飲まず、三つ編みの女の子は来ていないか度々電話で確認している。
赤点を取った生徒は、磔にしてペットボトルロケットをぶつけられるとの事。……他の先生に比べるとまだ茶目っけがある方か?

外部出演

コトダマン

水属性・英雄族のコラボユニットとして登場。
火力はそこまで高くはないものの、手持ちワードの「い・お」系統の使いやすさや弱体マスとコピーマスの無効化など、汎用性の高さとしては非常に優秀な性能の持ち主。
リーダー特性で睡眠状態を完全に防げる点も大きく、総じて補助要員としては頼り甲斐のあるユニットとなっている。

余談

気がかりだった従姉妹について調査した結果、残された財産と惨劇の起きた屋敷で贅沢に生きていたことを知り、伊黒は何もなかったかのように結婚して子供にも恵まれ幸せに暮らす従姉妹のしたたかさが羨ましくも恐ろしくもあり、幸せになってはいけないとは思わなかったが、ひどく驚いたと同時にショックだったという。

関連イラスト

伊黒小芭内
水の呼吸×蛇柱


伊黒小芭内
伊黒小芭内


伊黒さんと煉獄さん
「せめて、君に似た花になら」



関連タグ

鬼滅の刃 鬼殺隊 鬼殺隊士 
全集中の呼吸 蛇の呼吸 痣者 透き通る世界
鬼滅21歳組 おばみつ
鬼滅の刃の登場キャラクター一覧

主人
産屋敷耀哉(鬼殺隊97代目当主)


胡蝶しのぶ 煉獄杏寿郎 悲鳴嶼行冥 時透無一郎
冨岡義勇 甘露寺蜜璃 不死川実弥 宇髄天元 

相棒
鏑丸

過去

※以下、単行本22巻のネタバレ注意



小芭内は、女ばかり生まれる一族の三百七十年ぶりに産まれた男児だった。
生まれた時からずっと座敷牢の中で暮らしていた。母、姉妹、叔母たちは猫撫で声で、小芭内から内心で「気色が悪い」と思われる程に親切であり、毎日毎日過剰な量の料理を運んできた。
座敷牢では夜になると、まるで巨大な蛇が這い回るような音と、そして粘りつくような視線を感じた。

十二歳になると座敷牢から出され、きらびやかな装飾が施された豪華な部屋へと連れて行かれた。

そして、御神体のように鎮座していたのは――下半身が蛇のような女の鬼。

小芭内の一族は、蛇鬼が殺した人の金品で生計を立てていた。その代わり赤ん坊が好物の蛇鬼に、自分たちが生んだ赤ん坊を生け贄として捧げていた。
小芭内は一族では珍しい男であり、風変わりなオッドアイだったため、蛇鬼に大層気に入られており、成長して喰う量が増えるまで生かされていた(後に右眼の視力が殆どないことが発覚した為、先天盲だと思われる)。
蛇鬼は口の形を自分と揃えると言って、小芭内の口の端を裂いてそこから溢れた血を飲んだ。(口元を隠していたのはこの時の傷痕が原因)

檻



再び座敷牢に戻された小芭内は逃げること、生きることだけを考えていた。何時か発覚するのではないかと、神経を擦り減らしながらも、盗んだ簪で木の格子を削り続けた。鏑丸はその時に座敷牢に迷い込んだ蛇であり、小芭内の心の拠り所となっていた。

やがて、小芭内は外へ脱出する事に成功。それに気付いた蛇鬼が追いかけてきたが、当時の炎柱に間一髪で救出された。

蛇の呪い


ショタ内さん



炎柱は小芭内と生き残った従姉妹を引き合わせてくれたが、従姉妹は小芭内を一方的に罵る。

「あんたのせいよ あんたが逃げたせいで皆殺されたのよ!! 五十人死んだ! あんたが殺した! 生贄のくせに!! 大人しく喰われてりゃ良かったのに!!」

全く以て正当性の欠片もない言い分。しかし、まだ幼かった小芭内の心を抉るには十分だった。
そして小芭内は、自分が「汚い」「屑」だと卑下を通り越して自分自身を罵倒した。

この辛辣な言葉は彼の心に深い傷、サバイバーズ・ギルトに類する心的外傷を負わせるに至り、もはや普通の人生を歩む事など当然できなかった彼は、鬼殺隊に入って鬼に感情を全てぶつけた。
そうして鬼を倒し続け、時に鬼から守った人間に感謝された時は、自分が“いいもの”へなれた気がした。
されど、いつまでも五十人の恨めしい眼と腐った手が小芭内の身体を掴んで離さない。

無題



また、上述した経緯から女性全体に対して強い恐怖心と嫌悪感を抱くようになってしまっていた。
だけどそんな彼も、いつの日か一人の女性と出会い恋をした
彼女との出会いで、一つの決意が小芭内に生まれた。

伊黒さんと食べるご飯が一番美味しいの



無惨を倒して死んで、自分の血が浄化されるように願い、そして鬼のいなくなった平和な世界でまた人間に生まれ変われたら、その時こそ必ず彼女に好きだと伝えよう、と。

生まれ変われたら



『無限城決戦編』にて(以下、ネタバレ注意)



※「無限城決戦編」は『鬼滅の刃』の最終章に当たるため、見出しからのネタバレ(当キャラの生死含む)防止目的であえて下記のように表示している。

ネタバレA無限城内部での対「上弦の鬼」戦。
ネタバレB鬼の首魁「鬼舞辻無惨」との最終決戦及び「真の最終決戦」。


















ネタバレA

無惨によって無限城に落とされた後は甘露寺と合流し、彼と共に下弦程度の力を与えられた雑魚鬼と戦いながら無惨を探す。
その後、新・上弦の肆の鳴女を発見し対決。当初は彼女の血鬼術の一つである、城内の構造を自在に操作する能力(例・別の部屋に飛ばす扉を造る、部屋を回転させる)に甘露寺共々、苦戦するが、後に合流した愈史郎の能力で、彼女の能力を封じることに成功する。
その後は無惨に挑む炭治郎達と合流し、最終決戦に参加する。
※ちなみに、鳴女は能力を封じられたことに痺れを切らした無惨によって殺された。


ネタバレB

覚醒した無惨と柱総出で対峙した際、無惨の不意打ちにより重傷を負った甘露寺を一般隊士に託し、今まで隠していた素顔を晒すほど、なりふり構わず死力を尽くし、日輪刀を赫刀に覚醒させる。
最初酸欠を起こすほど体力を消耗するが、善逸達の無惨への奇襲や、悲鳴嶼、不死川、義勇の赫刀発現により生まれた時間で使いこなし、一瞬のみだが、透き通る世界も会得する。

無惨の攻撃で一時離脱するものの回復し戦線に戻るが、無惨の攻撃により両眼を切り裂かれた。(炭治郎を庇ってできたように見えるが、本人曰く「もっと前にやられた」とあり、柱や善逸達を吹き飛ばした攻撃でできたとも捉えれる)。視界を奪われつつも、鏑丸の誘導や、炭治郎の渡した愈史郎の血鬼術の札」により失った視力を補い、表面では嫌っていたが、内心では実力を認め、柱稽古で互いの攻撃を熟知し合った炭治郎と共に無惨を追い詰めていく。

「炭治郎 感謝する」

その後も炭治郎を無惨の攻撃から庇ったり、致命傷の身ながら、食い下がって無惨に攻撃を与え続け、無惨を陽光で消滅させる功労者となった。
無惨の死後、自ら死にゆく身体で、同じく死にゆく甘露寺を看取り、自分の羽織を被せ、最期に語り合った。

『  早く、君と同じ場所へ   逝きたい  』



この詳細と以降についてはこちらを参照

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「伊黒小芭内」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 133582546

コメント