ピクシブ百科事典

南天

なんてんまたはみなてん

植物の名前、または南の空のこと。
目次[非表示]

誘導分岐


概要

メギ科ナンテン属の植物ナンテンとも。
名前は元々昔の中国で「南天燭」「南天竹」等と呼ばれていたものを簡略化したもの。
別名は成天などの別表記。「難を転ずる」として縁起のいいものとして扱われる。

常緑低木で、に実る赤い実が鑑賞される。鳥が食べたり、成分に咳止めの効果があるとされているが、微量とはいえ毒があるので食用には向かない。

仲夏の季語で「南天の花」というものがあるが、これは冬に鮮やかな実をつけることに対し、夏に咲く花は白く、あまり目立たないものとして使われることがある。

花言葉は『幸せ』『私の愛は増すばかり』『機知に富む』『福をなす」『よい家庭』『深すぎる愛』『募る愛』など、白い花から赤い実になることからつけられたものが多い。

イイギリ珊瑚樹は見た目がよく似ているが別の植物である。

関連タグ

植物 
 
ナンテン

pixivに投稿された作品 pixivで「南天」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1233292

コメント