ピクシブ百科事典

インターネット

いんたーねっと

地球規模のコンピュータネットワーク。現在では単に「ネット」(The Net)と言うとほぼこれを指す。
目次[非表示]

概要

 インターネット・プロトコル( IP )を利用した世界規模のネットワークシステム。世界中のコンピュータネットワークが相互接続されている。

 このシステムの原型となったのは1960年代にアメリカ国防総省の高等研究計画局( DARPA )などの出資の元、アメリカの複数の大学が共同で開発したARPANET

このシステムは広大なアメリカの各地に点在する企業や大学のどこからでもコンピュータ群にアクセスし、ソフトウェアといった計算機科学の研究成果を素早く広めるために開発された。

このシステムに関しては『核戦争下でも使用できる軍用ネットワークシステムだった』と紹介されることが多々あるが、それは誤りである。そのようなネットワークシステムの開発も行われてはいたが、ARPANETとは無関係の研究だった。DARPAは軍事とは無関係の研究にも出資しており、ARPANETもそのひとつだったのである。

その後、1980年代にはアメリカ国立科学財団の開発したNSFNetが役割を引き継ぎ、CERNWorld Wide Webプロジェクトにより現在のインターネットの基礎が完成することになった。
 また日本では大学や研究機関を回線でつなげたJUNETが作られ、日本でのネットワークの母体が作られていった。

インターネットとWWW

 インターネットはしばしばインターネット上で提供されているハイパーテキストシステムであるWWWと混同されるが、インターネット上で行われるサービスにはそのほかにもファイルのやり取りを行うFTP、テキストのやり取りを行う電子メール、音声通信を行うIP電話、ゲームなどで行われる通信対戦など、WWW以外のサービスも広く利用されている。

インターネットの歴史

WWW以前

 軍事・学術目的だったインターネットが一般の商用利用に開放されたのは1980年代であった。しかしこの頃はソフトウェアもコンテンツも充実しておらず、ごく一部の人にのみ使われていた。

WWW以降

 インターネットの存在が一般に知られはじめたのは、1993年のこと。
 World Wide Web( WWW、Web )を利用するためのブラウザNCSA Mosaic」がパソコン向けに提供されはじめてからであり、さらにWindowsがネットワークに対応したことも普及を後押しした。
 以降3年ほどで世界中に急激に広まり、それまで電話回線等を用いて行われていたパソコン通信に取って代わった。
 また、それまでは基本的に音声電話の回線を利用してプロバイダに接続していたが2001年頃から日本でも常時接続・ブロードバンド接続が普及し、パソコンでの利用形態は現在に近いものになる。
 2000年代には無線LAN携帯電話回線経由の接続も一般化し、パソコンを使わず携帯電話、あるいはゲーム機等各種デバイスのみで利用するユーザーも少なくなくなり、スマートフォンタブレット等でも利用可能となっている。

利用例

メールチャットBBSWeb

コミュティ

WEB掲示板:2ちゃんねる PINKちゃんねる ふたば☆ちゃんねる 4chan Pawsru.org Fchan
SNS:Twitter Facebook mixi GREE ゴルスタ
イラスト系:pixiv TINAMI ニジエ deviantART FurAffinity
ホームページ ブログ wiki

関連タグ

パソコン PC コンピューター サーバー
技術 情報
コミュニティ Web Webサイト ブラウザ
ザ・インタビューズ

pixivに投稿された作品 pixivで「インターネット」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 249660

コメント