ピクシブ百科事典

iPhone

あいふぉーん

Apple製スマートフォン。iOSを搭載している。
目次[非表示]

概要

iPhone(アイフォーン)とは、Apple Inc.が開発・発売するスマートフォンである。

世界のスマートフォン市場をAndroidと2分する。GoogleのPixiel以外にも多くのメーカーにライセンスされおびただしい数の機種があるAndroidとは異なり、iPhoneはAppleのみから販売される単一機種であったため、iPhoneは世界でも日本でも最も売れている携帯電話だった(Appleも現在は複数機種のiPhoneを併売する方針となっている)。

iPhoneの成功は「タッチパネルを搭載し物理ボタンを極力排除した板状の端末」という今日のスマートフォンのスタイルを決定づけた。本シリーズが先導したスマートフォンの一般化によりフィーチャーフォン時代の終焉の終焉が早まり、大容量通信の需要が急激に高まったことでLTEの立ち上げに繋がるなど、通信業界に与えた影響は計り知れない。

最新の現行モデルは上位機種からiPhone 12 Pro MaxiPhone 12 ProiPhone 12iPhone 12 miniiPhone SE(第2世代)。同社オンラインストアでは旧機種のiPhone 11iPhone XRも販売されている。

沿革

初代モデルは2007年にクワッドバンドGSM端末としてアメリカ合衆国にて発売。それまでのスマートフォンのようなキー入力やタッチペンを使わず画面を直接指で操作するマルチタッチディスプレイが売りで、当時のCEO故スティーブ・ジョブズは「タッチ操作のできるワイドスクリーンのiPod」「革命的な携帯電話」「インターネットコミュニケーター」を統合した端末であると宣言した。当初はサードパーティのアプリのインストールが不可能でスマートフォンとは別のジャンルとされていたが、翌年にApp Store(AndroidでいうGoogle Play ストア)が開設されてアプリの追加が可能になり、スマートフォンを称するようになった。

日本では2008年7月にiPhone3Gがソフトバンクモバイルから発売された。2009年6月に高速化されメモリが増強されたiPhone3GSを経て、2010年6月にはディスプレイを4倍に高解像度化し、自社製のCPUを搭載するなど設計を全面的に刷新したiPhone4が発売された。同機種はCDMAをサポートしauでの取り扱いも開始され、それまでは一部の感度の高いユーザーにのみ使われていたスマートフォンを一般化させた。

AIアシスタントSiriを搭載したiPhone4S(2011年10月発売)、ディスプレイを上下に拡大し縦長の外観になったiPhone 5(2012年9月)を経て、2013年9月のiPhone 5s/5cの登場とともにNTTドコモでの取り扱いも始まり、大手キャリア3社がiPhoneを取り扱うこととなった。2014年9月に、画面サイズを拡大し64ビットCPUを搭載したiPhone 6/6 Plusを発売。コンパクトなiPhoneのニーズにはiPhone 5sの継続販売で対応した。2015年9月には4G(LTE-Advanced)に対応したiPhone 6s/6s Plusが発売。2016年3月には、従来のコンパクトモデルの後継としてiPhone 6S相当の性能を持つiPhone SEが登場した。

2016年9月、防水ボディや2倍光学ズーム、おサイフケータイ機能などを搭載したiPhone 7/7 Plusを発売、3.5mmステレオミニジャックが廃止され、カラーバリエーションは5色から選べるようになった。7 Plusは光学ズームなどが可能な望遠レンズが付加され、iPhoneでは初となるデュアルカメラを搭載する。2017年9月にはAI機能を搭載したCPUやワイヤレス充電機能を実装したiPhone 8/8 Plusを発売、カラーバリエーションは3色に減らされている。またiPhoneが登場して10年になったのを記念して上位モデルiPhone Xが登場、ホームボタンを廃止し、隅に丸みのある有機ELの全面ディスプレイを搭載するなど従来からデザインを一新した。2018年9月にはiPhone Xのデザインを継承したiPhone XS/XS Maxが発売された。後に若干スペックダウンした代わりにカラフルなカラーバリエーションが特徴のiPhone XRが発売。2019年9月には暗闇でも綺麗に撮影できるナイトモードなどカメラ機能を強化したiPhone 11/11 Pro/11 Pro Maxの各機種が登場した。

iPhone 5以降、SoCにアップルが独自開発したCPUコアを搭載している。iPhone 8以降はGPUコアも独自開発のものになった。

こぼれ話

日本での発売の際、「アイホン」という読みだとアイホン株式会社という電気機器メーカーと名前が被ってしまうため、日本では「アイフォーン」という読みになった。
なお、上記アイホン社は海外でも営業している為、アップルはアイホンにiPhoneの発売許可を得ている。

iOSの日本語予測変換辞書はガンダム関連の単語や東方のキャラクター名、漫画家名など、ちょっと変わったジャンルの単語が充実している。とある青梅線の臨時駅のおかげであろう。iOS5ではさらにMHP3のモンスター名が増えているとか…。

microSDなどのメモリーカードには一貫して非対応。これはシンプルさを重んじる設計思想のほか、リムーバブルストレージによる情報漏洩を防ぐためとも考えられる。また、Appleは個人情報の活用について(Googleなどの)競合企業よりも厳格なポリシーを持っており(FBIから要求された端末ロック解除を拒否したくらいである)、iPhone 8以降でAIコアを搭載したのも、生の個人情報はなるべくクラウドコンピューティングを通さず端末内で処理するという考え方によるもの。

『そう、iPhoneならね』という『他にはなくて、iPhoneだったらできる』という意味合いでよく使われていた言葉だが、実は公式で一度も使われていないとのこと。
ネット上で話のオチに、この言葉を使って終わらせるという、汎用性の高さが評価され広まって現在に至る。

歴代機種

iPhone

2005年のモトローラとのコラボ携帯ROKR E1の失敗を受け、マルチタッチスクリーンとiTunesを搭載した初の携帯電話端末として2年半の歳月をかけて開発。2007年1月9日に発表され、同年6月29日にアメリカ合衆国にて発売された。クワッドバンドGSM端末であり、日本、韓国などの通信方式にGSMを採用していない国では使用できないため、これらの地域では初代iPhoneは販売されていない。

iPod機能が目玉で、iTunesに搭載されているCover Flowを携帯端末としては初めて標準で搭載した(当時のiPodシリーズには搭載されていなかった)。CPUはARM互換のサムスンのチップを使用していた。GSMは最大4チャンネルを束ねるEDGEに対応してはいたが、回線速度は最大で0.4Mbpsでしかなく、無線LAN (802.11 b/g) にも対応して通信速度の遅さを補完していた。

ユーザー側が自らiTunesで回線契約を行う方式だったが、不正改造目的での転売などトラブルが続出し、この方式はiPhone 3G以降は踏襲されていない。カラーはシルバーのみ、容量は発売当初は4GBと8GBの2通りだったが、後に16GBモデルが用意され、同時に4GBは販売を終了した。

iPhone 3G

【素材配布】iPhone 3G イメージレスポンス素材


iPhone 3G(3Gは第3世代携帯電話を意味する)は、iPhoneの第二世代にあたる。2008年6月9日、WWDC 2008基調講演にて日本を含む22カ国で2008年7月11日からの発売が発表された。日本での携帯電話事業者はソフトバンクモバイルが担当。

3Gネットワークに対応し、GPSを搭載。撮影した写真にジオタグをつけることができるようになった(プライバシーに注意が必要)。その他のプロセッサやメモリ、カメラなどの性能は初代に準じる。カラーはホワイトとブラックの2種類。容量は8GB(ブラックのみ)と16GBモデルが用意された。

iPhone 3GS

2009年6月9日に発表された。

iPhone 3GSでは、処理性能が iPhone 3Gと比べて最大2倍高速化され、バッテリー寿命も長くなったほか、3メガピクセルのオートフォーカスカメラ、ビデオ撮影、テザリング機能、音声コントロール(ハンズフリーボイスコントロール)、アクセシビリティ、デジタルコンパスといった機能が追加された。カラーは従来通りホワイトとブラックの2色、記憶容量も16GBと32GBモデルが用意された。iPhone 3Gは8GBのブラックのみが引き続き販売されていた。

iPhone 4

機種変更


iPhoneの第4世代(通話方式は第3世代携帯電話)として2010年6月7日にWWDCで発表。同年6月24日に日本を含む各国で発売された。iPhone 3G以来、2度目のフルモデルチェンジである。

ボディ背面をポリカーボネイト製の丸みを帯びたデザインから強化ガラスによる平坦なデザインに変更、側面はアンテナを兼ねる金属製のフレームが露出した構造となり、従来より小型・薄型化された。システムチップを従来採用していたサムスンの汎用品から自社開発のApple A4プロセッサに変更して高速化・省電力化し、「Retina(網膜)ディスプレイ」と名付けられた高解像度ディスプレイを搭載、背面にLEDフラッシュライト付500万画素カメラ(裏面照射型CMOSセンサ採用)、さらに「FaceTime」と呼ばれるビデオ通話用に前面カメラを搭載した。

機能面では、HDビデオ記録機能や3軸ジャイロセンサを実装し、バッテリーのさらなる高容量化(19%)、iMovie for iPhone による単体でのビデオ編集、iOS 4で実現したマルチタスクやアプリケーション用フォルダを実現するなど、大幅な機能の向上を図っている。容量も16GBと32GBモデルが用意されている。 バッテリーの高容量化とA4プロセッサへの移行によりバッテリー駆動時間は約40%向上。iPhone 3GSも引き続き併売されるが、iOS 4を標準搭載した新構成の8GBブラックモデルのみとなり、iPhone 3Gの販売は終了した。

カラーは従来通りホワイトとブラックの2色が発表されたが、発売が開始されたのはブラックモデルのみであった。ホワイトモデルは製造上の問題により2010年7月末→2010年内→2011年春と延期を重ね、ついに発売されないまま終わった。

2011年2月10日からは米国にてVerizonのCDMA2000ネットワークに対応したiPhone 4が発売された。CDMA2000を利用していたKDDIの田中孝司社長は、iPhoneの発売について問われ「申し訳ないが、ノーコメントとさせていただきたい」と述べていた。が、iPhone4Sでそれは現実の物となった。

アクセサリ販売店などで「iPhone 4G用」と表記するショップがあったが、これは間違いである。

iPhone 4S

2011年10月5日に発表。アメリカ、カナダ、イギリス、フランス、ドイツ、オーストラリア、日本の7地域で同年10月14日に発売され、3日間で400万台を突破。外観はiPhone 4からほぼ変更は無く(マナーモードボタン位置、アンテナ本数のみ)プロセッサはiPad 2と同じデュアルコアA5チップを搭載、グラフィック性能では7倍に向上している。背面カメラは800万画素裏面照射型CMOSを採用、レンズもF2.4になり性能が向上し、動画撮影も1080pフルHD動画の撮影が可能となった。HSDPA通信が14.4Mbpsと高速化した他、同一モデルでUMTS (W-CDMA)・GSM及びCDMA EV-DO Rev.Aに対応するよう作られている。ただしSIMロックフリー版のiPhone 4SではCDMA回線利用はできない
利用者の音声で応答や処理を行う自然言語処理システムであるSiriを搭載する。ラインナップにはブラック・ホワイト各色に16GB、32GB、64GBが用意される。日本ではキャリアとして従来のソフトバンクに加え、au(KDDI/沖縄セルラー電話連合)でも発売された。

iPhone 5

iphone5をチュートリ見ながら描いてみた
iphone5(裏面)を描くチュートリやってみた2


2012年9月12日に発表。画面が4インチと縦長になり、またCPUの処理速度は2倍となった。LTEに対応し、モバイルネットワークでの通信速度が大幅に向上した。従来のDockコネクタを廃止しLightningコネクタとなった。またauが日本のiPhoneとして初めてテザリングのサービスを開始した。発売後3日間で世界中で500万台がさばける人気となり、発売前に盗難される事件まで起こった。ボディはわずかに縦に長くなり、ディスプレイも縦に長くした4インチになった。薄型化したタッチパネルを搭載し、112g と歴代のiPhoneで最も軽い(5sも同じ)。一方でカメラ撮影時に「パープルヘイズ」と呼ばれる不具合が発生したり、ボディがガラスからアルミになったことで傷がつきやすくなるなど、明らかな改悪と評される部分もある。

iPhone 5C

2013年9月10日に発表。5の廉価版として発売され、基本は5と変わらないが筐体にポリカーボネートを使用。また筐体の色もグリーン、ブルー、イエロー、ピンク、ホワイトと鮮やかなカラーが用意された。金属ボディの従来モデルと比べて少し重いが、強度が高い。

iPhone 5S

5Cと同じ2013年9月10日に発表。こちらは5のバージョンアップバージョン。
最大の特徴は、Touch IDという指紋認証センサーが搭載されていること。色はスペースグレイ、ゴールド、シルバーの3種類。日本では特にゴールドが人気で、販売当初品薄状態になった。

5C並びに5SからNTTドコモでも取り扱いがスタートした。5Sはスマートフォンで初めて64ビットCPUが搭載された端末でもある。

iPhone 6/6 Plus

2014年9月19日に同時発表された。
iPhone初の画面サイズを変えた2モデル同時発売で、6はディスプレイが4.7インチに、6plusは5.5インチと大型化された。

デザインは4から続いた角ばったボディからiPod touchのような丸みを帯びたデザインに変更、厚さも6.9mmと薄くなった。表面積が延び厚さが薄くなった事で5・5Sよりも非常に横の力に弱く、簡単にフレームがひん曲がるほど強度はガタ落ちしてしまった。さらにカメラのレンズ部が出っ張っているため、ケースを装着する事が推奨される。また背面が金属パネルになったためアンテナの継ぎ目ができてしまっている。サイズが大きくなった分片手での操作がしづらくなったため、ホームボタンを2回タップすると画面が一時的に下に移動する機能が搭載された。

日本では従来の主要3キャリアに加えて、2017年10月6日にY!mobileが販売を開始。同年10月13日にはUQ mobileからも販売を開始した。初めてApple Payに対応した端末でもあるが、FeliCa対応モジュールを搭載していないため、日本での店舗での決済などは利用できない。

スペックはCPUがA8プロセッサー、メモリが1GB。カメラは5Sと同様8メガピクセル。ラインナップに128GBが追加され32GBはなくなった。カラーはゴールド、シルバー、スペースグレーの三種類。

iPhone 6S/6S Plus

2015年9月25日に同時発売。
外観はほとんど変わらないが、筐体の内部構造が見直された関係上0.1㎜ほど厚くなり、重量も15〜20gほど増した。

6で散々指摘された横の力に弱いというユーザーの指摘を受け、ボディの素材には6で使われていた6000番台アルミ合金の3倍の強度を持つ7000番台アルミ合金に変更、フロントパネルにゴリラガラス4を採用し単体での強度を大幅に補強。機能面においてもCPUがA9になりメインメモリも2倍に増えた事で処理スピードも大幅に上昇した。ディスプレイは新たに「3D Touch」という新たな操作が追加され、アプリやリンクを長押しする事でショートカットメニューを表示することができる。わざわざリンクにアクセスしなくても大まかな内容を確認できたり、アプリの行きたい画面へのショートカットが楽になった。

そしてカメラ機能の強化にも重点が置かれ、iSightカメラの画素は8メガピクセルから12メガピクセルに上昇している。カラバリには新たにローズゴールドが追加された。

iPhone SE(第1世代)

2016年3月31日発売。iPhone 5/5sの高い人気に応える廉価なモデルとして発売された。「見た目は5s、頭脳は6s。」某名探偵を彷彿とさせる構成となっている。

具体的に言えばiSightカメラやCPUなどのスペックはiPhone 6sと同等でありながら、筐体や画面サイズは5sと同等としたものである。またディスプレイも3D Touchを省くなどしてコストダウンしており6以降のiPhoneが肥大化の道を歩んだため(本機種は歴代最軽量の5/5sより1gだけ重い)、2020年にSE(第2世代)、12 miniが登場するまで軽量・コンパクトな機種を求めるユーザーのニーズに応えて長く販売された。イヤホンジャックを搭載した最後のiPhoneでもある。

iPhone 7/7 Plus

2016年9月25日に発売。iPhone 6/6sと画面サイズは変わらず、見た目も大差ないが、ボディが縦にわずかに大きくなっているため従来のケースは使えない。

機能的な特徴はなんといっても防水・防塵に対応したことであろう。等級はIP67で、軽く水洗いしても問題ない程度の防水性能を持つ。
そのほか、ステレオスピーカーの搭載、ホームボタンが感圧式になったほか、日本向けの端末ではFeliCaを搭載しおサイフケータイ機能に対応した(そのため背面に総務省指定という文言が書かれている)。
カメラが外側/内側共に解像度と明るさが向上したほか、7 Plusには望遠レンズが追加されている。
SoCにはA10 Fusionを搭載。ヘテロジニアスマルチコアと呼ばれる構成になり、高性能コア/高効率コアの使い分けで電力効率の向上を図っている。本機種以降はカメラのセンサーを搭載する領域を確保するため、イヤホンジャックが廃止される。

iPhone 8/8 Plus

2017年9月22日発売。
前面はiPhone 7と大差ない見た目だが、背面がガラスになっておりパネルの継ぎ目がなくなりすっきりし、ワイヤレス充電に対応した。ただし代償として重量が増えており、破損時の修理代金が高く付く。SoCはアップルが「ニューラルエンジン」と呼称するAI処理専用のプロセッサを搭載したA11 Bionicを採用。GPUがこれまでのPowerVRから自社製のカスタムコアに変更されている。
海外モデルもFeliCaを搭載。並行輸入品との格差是正がなされた。ちなみに法改正により、総務省指定の文言はOS内のソフトウェア表記に変更されている。

iPhone X

iPhone 10周年 × カービィ 25周年


2017年11月3日発売。
ボディ前面全体をディスプレイにし、シリーズ初となる有機ELディスプレイを搭載したのが大きな特徴。カラーはスペースグレイ、シルバーの2色。

A11 bionicチップに内蔵のニューラルエンジンを活用してFace IDを搭載しており、顔を立体的に認識してロックを解除する事ができる。TrueDepthカメラを活用して顔の動きに合わせて画面内のキャラクターを動かす「アニ文字」も目玉である。

上部にセンサーやカメラを搭載するための切り欠き(ノッチ)が発生し、またシリーズの伝統だったホームボタンも削除されたため賛否両論巻き起こっている。
ノッチに関しては批判の声が大きく、ライバルのSamsungにそれを模したヘアスタイルをした人を動画の中で登場させる等各地でネタにされてしまった。ただし画面のほとんどをディスプレイにするというスタイルはその斬新性から評価され、Xiaomi Mi2やHuawei P20等のフォロワーも産み出した。(後にSamsungもノッチを採用するという皮肉な結果に……。)
ちなみにXはローマ数字の10を意味し、「テン」と呼ぶ。

iPhone XS/XS Max

2018年9月21日発売。iPhone Xのマイナーアップデートモデルである。
最大の特徴はiPhone Xs Maxが登場したことだろう。Plusシリーズと同等のサイズながら、iPhone史上最大の6.5インチディスプレイを搭載する。
また防水・防塵のランクがIP68に向上している。

iPhone XR

2018年10月26日発売。iPhone XS/XS Maxの「廉価版」モデルである。
が、一概に廉価版とは言えず、XS/XS Maxには無い6色のカラーバリエーション(イエロー、ホワイト、コーラル、ブラック、(PRODUCT)RED、ブルー)を売りとする。
スペックの相違点は、メインメモリが3GB、背面カメラがシングル、防水性能が低い(iPhone7/8と同等のIP67)、ディスプレイが液晶、3D Touch非採用、フレームがアルミといった具合である。基本的な使い勝手の差はない。
ディスプレイは6.1インチで、本体もiPhone 8から大型化しているので注意。

iPhone 11

2019年9月20日発売。iPhone XRのアップデートモデルである。カラーはホワイト、ブラック、グリーン、イエロー、パープル、(PRODUCT)REDの全6色展開。
Proと同様に超広角カメラレンズが追加され、デュアルカメラ構成となった。
基本性能は無印/Proで同じである(Apple A13+メインメモリ4GB)が、望遠カメラレンズ・ディスプレイ・防水性能等でXRと同様に差別化されている。

iPhone 11 Pro/Pro Max

2019年9月20日発売。iPhone XS/XS Maxのアップデートモデルである。
超広角カメラレンズが追加され、なんとトリプルカメラ構成となった。背面に三角形を作るようにして並んでおり、外観デザイン上の大きな特徴となっている。
内側カメラの画素数が1200万画素に向上。AI機能を活用し、カメラは明るさが足りない場所でも綺麗に撮影してくれるナイトモードを搭載した。iOS 13.2以降では2つのカメラで合計9枚の写真を一度に撮影し、1つの写真に合成するディープ・フュージョン機能がオンになる。また、バッテリー容量の増大によって駆動時間が大きく延びている。iPhone 6s以降採用されてきた感圧ディスプレイによる3D Touchは本機種以降廃止され、単純な画面長押しによる触覚タッチに置き換えられた。

iPhone SE(第2世代)

2020年4月24日発売。「見た目は8、頭脳は11」なiPhone。
正式名称は「iPhone SE」と旧型のSEと全く同じのため、便宜上「iPhone SE2」などと称される事もある。

iPhone 8の筐体・カメラ設計を流用し、コストダウンを図った。ボディカラーはホワイト、ブラック、(PRODUCT)REDの3色と少なく、前面パネルの色はブラックのみである。このため、4万円台からのお手頃価格を実現している。画面も8とほぼ同じ液晶ディスプレイだが、3D Touchは削除されている。SoCはiPhone 11世代に準じてApple A13を搭載するが、メインメモリは3GBに減らされている。また、ホームボタン付きでは初めてnanoSIM+eSIMのデュアルSIMに対応する。iPhone 8の筐体を流用しているが画面端の屈曲率が微妙に異なっており、7/8用のガラスフィルム等は浮き上がってしまう。

iPhone 12/12 mini

iPhone 12は2020年10月23日発売、12 miniは同年11月13日発売。第5世代移動通信システムにiPhoneとして初めて対応した(Sub6のみ、米国モデルではミリ波帯にも対応)。ボディは背面が光沢ガラス、側面がアルミフレームでi、Phone 11の丸みを帯びたデザインから、iPhone4〜5s時代のような角ばったデザインに一新された。セラミック硬化型のガラスパネルを採用し、ディスプレイが大幅に割れにくくなった。カラーはブラック、ホワイト、(PRODUCT)RED、グリーン、ブルーの5色で、グリーンとブルーはパステルカラーのような色になっている。12 miniはiPhone初のコンパクトモデル(SEをコンパクトモデルと考えなければ)で、5Gスマートフォンとしても世界最小。iPhone 7/8/SE(第2世代)よりも小さく軽い(133g)筐体に5.4インチディスプレイを搭載した。

iPhone 12 Pro/Pro Max

iPhone 12 Proは2020年10月23日発売、Pro Maxは同年11月13日発売。デザインはiPhone 12に準じるが裏面がつや消しカラス、側面が光沢ステンレスとなっている。11 Proシリーズに引き続き、超広角、広角、望遠のトリプルカメラ構成。6GBメモリを搭載し、背面カメラにLiDARスキャナを搭載する。また、Pro Maxは光学手ぶれ補正もセンサーシフト式となり性能が向上している。6.7インチディスプレイを搭載する12 Pro Maxの重量は226gと12 miniの2倍近い。

OS

iPhoneのオペレーティングシステムはAppleによってiOSと呼ばれている。旧名はiPhone OS(アイフォーン・オーエス)・OS X iPhone(オーエス・テン・アイフォーン)でバージョン4.0から本名称に改称された。iOSはXNUカーネルをベースとし、Cocoa Touchを中心としたフレームワーク群を持つ、OSXのサブセットとして開発された。iPad、Apple WatchはこのOSのカスタム版を使っている(後にiPad OS、Watch OSとして独立)。

iPod touchとの相違

iPhoneとiPodtouchはハードウェア・ソフトウェア共に共通点が多い。iPhoneのみで使用可能な機能は以下の通り。

  • SMS、 MMSが利用できる。
  • HSDPA(W-CDMA)、LTEなどの通信網に接続し、音声通話やデータ通信ができる。
  • 近接センサを搭載している。
  • バイブレータを内蔵している。
  • GPS、デジタルコンパスを搭載している(3GS以降)。
  • LEDフラッシュを搭載している(4以降)。
  • 高度計を内蔵している(6以降)。
  • Touch ID(5s〜8、SE)、Face ID(X以降)による認証機能を搭載している。

また、第3世代までのiPod touchは、カメラを搭載していない、マイクがないなどの違いもあった。

アクセシビリティ

iPhone 3GSから視覚障害のあるエンドユーザ向け機能として、VoiceOverによる画面の操作ガイド、ズーム・反転表示を搭載した。また聴覚障害のあるエンドユーザ向けには、モノラル音声出力機能を搭載した。これらの支援機能をAppleiPhoneにおけるアクセシビリティ機能として位置づけている。触覚によるフィードバックが期待できないタッチパネル方式を採用しつつ、視覚障害者でも操作ができるインターフェースとして音声による操作ガイドを搭載したことは、他社のアクセシビリティ機能で類をみない先進的な取り組みであると評価されている。

関連タグ

Apple_Inc. iPod iPodtouch iPad Macintosh アップルウォッチ
Safari iTunes iOS OSX NeXT スティーブ・ジョブズ
AppStore iMessage iCloud Siri
Retina Lightning タッチパネル
WindowsPhone WindowsMobile スマートフォン Android iFixit
Podcasts 雲母坂 痛iPod AppleGirls

他の記事言語

iPhone

外部リンク

iPhone(Apple)

関連記事

親記事

Apple_Inc. あっぷるいんこーぽれーてっど

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「iPhone」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8763888

コメント