ピクシブ百科事典

京セラ

きょうせら

京セラは日本の会社、ファインセラミックを中心に各種産業を行っている。
目次[非表示]

概要

 この会社1959年に、ファインセラミックメーカー京都セラミックとして京都にて設立、その後派生事業や80年代の各種会社買収により各種事業に進出し、現在では携帯電話をはじめとした電子機器半導体および各種素材パーツアクセサリー等各種事業に進出している。

商品の詳細

 この項目ではこの会社が扱う大まかな商品の流れを追う。

セラミック

 ファインセラミックは「原料粉末を用いて精密に調整された化学組成」と「よく制御され た成形·焼結加工法」によってつくられた高精密なセラミックス( 陶磁器 )を指す。
 会社設立当初からの商品である。部品などを製造しているが、アクセサリー部門やソーラーパネル部門はこの部門からの派生である。

精密部品

 セラミックを用いた部品用の精密機器も作成している。携帯電話スマホに用いられるカメラモジュールや発光LEDに

携帯電話

 この会社はKDDIの源流の一つである、第二電電にほかの会社とともに出資していること、携帯電話等に用いる精密機器等の製造もしていることからそ携帯電話等を製造しており、主としてauソフトバンクに供給を行っている。
 また、クアルコム( 半導体メーカー、CDMA携帯電話用チップをほぼ一手に握っている )の携帯電話部門や、2008年には三洋電機( 日本の電機メーカー、電池ソーラーパネルなどに高い技術を持っていたが現在は関連が深かったPanasonicの子会社 )の携帯電話部門を買収している。

印刷機類

 プリンターコピー機の部門は元から行っていたものと、2000年に資本参加したミタ工業の流れが存在する。現在は子会社である京セラドキュメントソリューションズが製造販売を行っている。

カメラ

 1983年にカメラメーカーヤシカを買収、ヤシカブランドおよびコンタックスブランドのカメラの製造販売を行ったが、2005年に撤退。

関連企業等

 この会社に関連する会社をこの項目では述べる。

KDDI

 第二電電の出資の関係で、現在でもこの会社の筆頭株主である。

KBS京都

 紆余曲折( 当時の親会社[[[京都新聞]]が不透明な取引で資産を欠損させ、そこから関西のフィクサーに会社を乗っ取られ、のちに京都大阪の大企業が出資する形で出直しとなった )を経て、いつの間にか筆頭株主となる。

タイトー

 1986年に資本参加し、携帯電話コンテンツ部門などをこちらに集約したりした。ただし2005年スクウェア・エニックスのTOBに応じ株式を売却したため現時点では関係はない。

大阪ドーム

 ネーミングライツにより「京セラドーム大阪」と命名

京都サンガF.C.

 同じ京都ということでスポンサーとなる。

外部リンク

公式
wikipedia:同項目

pixivに投稿された作品 pixivで「京セラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1387

コメント