ピクシブ百科事典

宿儺(呪術廻戦)

すくな

宿儺(呪術廻戦)とは、漫画・呪術廻戦に登場する呪いの王である。
目次[非表示]

概要

漫画・呪術廻戦の登場人物。
千年以上前の呪術の全盛の時代に(作中の設定上)実在した人間。
その時代の呪術師が総力を挙げて挑んでも勝てなかったという最強の呪いの王。
死してなおその呪いが込められた20本の指の死蝋を千年以上誰も消し去る事ができなかった。

特級呪物「両面宿儺」

前述した通り全部で20本の指として現代まで残り続けた宿儺の死蝋には強力な呪いがかけられている。
しかし、余りにも強力な呪いを放つものがあると他の呪いが寄り付かなくなるという性質があるため、魔除けとして主人公虎杖悠仁の学校に死蝋の内の一本の指のみが置いてあった。
が、千年以上の年月が経ったことで、性質が変化し取り込むことで膨大な呪力を手に入れられるというものに変化したため、その強大な呪力を求めてこの呪物に呪霊が集まるようになった。
そして、この呪物を取り込んで膨大な呪力を得られるのは呪霊のみであり、人間にとっては猛毒であり、取り込んだらその時点で即死...のはずだったが...?








悪巧み


主人公の虎杖は特異体質であったため、宿儺の死蝋を取り込んだことで特級呪物が受肉してしまった。
一応宿儺との意識の入れ替えはできるものの、宿儺が受肉した場合、宿儺を取り込んだ虎杖を殺せば中にいる宿儺も死ぬので、呪術高専の上層部の人物たちは今すぐに処刑しようと提案するが、五条悟が「20本の指を全て取り込ませてから処刑した方がより多く、呪霊を呼びよせる危険物を排除できる。」と提案したため、虎杖がその20本の指を全て取り込むために戦うのがこの漫画の大まかな流れである。

人物

虎杖の体を借りて宿儺は行動する事ができる
その際の性格は、とにかく極悪非道であり、初めて受肉した際に町の女子供を全員まとめて殺そうとしたり、わざわざ特級呪霊を伏黒恵の元へ連れて行かせ虎杖が対処できなくさせた上で殺そうとするなどクレバーな面も持ち合わせている。
また、力以外の序列が気に入らないと言ったり、伏黒の本気に興味津々になるなど戦闘狂らしい言動も目立つ。

虎杖の関係は一見、NARUTOにおける、尾獣人柱力のそれを思わせるが、ぶっちゃけ和解前のうずまきナルト九喇嘛よりもひどい。
それが分かる話は、今のところ単行本未収録なのでここでは書かないが、九喇嘛のケースのように和解することはないと分かるだろう。


関連タグ

虎杖悠仁 両面宿儺 呪術廻戦

この記事のカテゴリ

キャラクター・人名 漫画

pixivに投稿された作品 pixivで「宿儺(呪術廻戦)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 27907

コメント