ピクシブ百科事典

領域展開

りょういきてんかい

領域展開とは、『呪術廻戦』に登場する用語である。
目次[非表示]

概要

呪術廻戦』に登場する戦闘技術。術式の最終段階であり、呪術戦の極致。
これを習得し自在に使いこなせる者はごく限られている。
術式を付与した生得領域を呪力で周囲に構築する(自分が心の中で思い描く世界を結界の中に現実に創り出す)技。
発動する際は指で印を組む。

結界術の一種で「閉じ込める」ことに特化している。
例えるならば空間支配能力的な代物で、発動と同時に術者の周囲の空間が術者の領域へと変化する。
大幅に呪力を消費するが、絶大なメリットが2つある。

1つは、「環境要因による術者のステータス上昇」。
領域の中はいわば「使用者の心の中」であるため、使用者は自身の能力をいかんなく発揮できる上、使用者が活動しやすい環境になっており、術式の発動が速く強力になる。

もう1つは、「領域内で発動した術者の術式の絶対命中」。
領域の中にいるということは「既に術式が当たっている」ことになるため、術式に基づく攻撃は必ず当たる。しかしあくまで当たるだけで、呪力や術式によって防ぐことは可能。

攻略するための最も有効な手段は相対する術者も領域を展開することで、2つの領域が展開した場合より洗練された術の領域に塗り替えられる。
他には領域の外に逃げるという対処法があるが、あまり現実的ではない。
ただし閉じ込めることに特化した分外から侵入することは比較的容易だが、敵にとってみれば「領域内に入る=死」と同義であり、入るメリットは皆無。

一覧

伏魔御厨子(ふくまみづし)

宿儺


術者は両面宿儺
牛のような頭骨に象られた巨大な厨子のある領域を展開する。
宿儺は敢えて「領域を閉じない」という縛りを課すことで半径200メートルまで領域を拡大する代わりに相手に逃げ道を与えているがそもそも宿儺の攻撃が速すぎるため瞬間移動でもしない限り脱出は不可能。塵になるまで不可視の斬撃を浴びせられる。
さらに宿儺が使用する術式の全容がまだ明かされていないため斬撃以外の技でも同じ効果が適用される可能性が高い。

蓋棺鉄囲山(がいかんてっちせん)

蓋棺鉄囲山


術者は漏瑚
焼けた岩や溶岩で四方八方を囲まれた火山の内部のような灼熱の領域で、並の呪術師なら入った時点で焼死する。
必中効果は溶岩の噴射や落石の命中。

無量空処(むりょうくうしょ)

五条悟


術者は五条悟
宇宙空間を思わせる領域を展開する。
無下限の内側を展開し、相手が知覚し肉体に伝達する情報量を無限にまで増大させることで対象の脳に甚大な負荷をかける。
特級呪霊ですら一瞬で行動不能に追い込まれ人間ならば最悪の場合脳が焼き切れて廃人になる。

自閉円頓裹(じへいえんどんか)

呪術廻戦 真人


術者は真人
縦横無尽に人間の腕が伸び格子のように相手を囲む漆黒の領域を展開する。
真人の術式は「手で触れた者の魂に干渉し肉体ごと形を変える」というものであり、領域の内側はそれそのものが真人の手である。よって、領域内にある魂に瞬時に干渉し、問答無用で変形、即死させられる。

嵌合暗翳庭(かんごうあんえいてい)

【呪術廻戦】嵌合暗翳庭


術者は伏黒恵
液状化した影で埋め尽くされた領域を展開し、影を無尽蔵に式神に変化させて攻撃したり、影で自分の分身や囮を作って撹乱したりできる。
また、まだ定かではないが、必中効果は敵の影に無条件で身を潜められるというものだと考えられる。

蕩蘊平線(たううんへいせん)

ダゴン


術者は陀艮
砂浜と海岸線、青空、森が広がるビーチのような領域を展開する。
”万物の生命の源”である海より、際限なき式神を湧出させることができ、式神は敵に触れた瞬間に実体化する。つまり、式神に攻撃されると同時に式神を破壊できないと式神に食い尽くされてしまう。

疱瘡神(ほうそうがみ)の領域展開(名称不明)

術者は疱瘡神。
墓石が立ち並ぶ暗闇の領域を展開する。
標的を棺桶に幽閉し埋葬した後、天然痘に罹患させ呪殺する。

関連タグ

呪術廻戦

固有結界魔空空間メタフィールド:他作品の似て非なるもの

百城千世子…Twitterでは彼女が領域展開をするコラが見られた。

関連記事

親記事

呪術廻戦 じゅじゅつかいせん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「領域展開」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 199852

コメント