ピクシブ百科事典

目次[非表示]

注意

この記事は龍が如くシリーズのラスボスを紹介する記事であってシリーズのラスボスを貶める場所ではありません。
なのでその様な記述は書かないで下さい。

また、龍が如くシリーズのネタバレを含んでいます。閲覧は自己責任でお願いします。















概要

龍が如くシリーズのラスボスとは、日本の闇社会を中心とするシナリオの中で、狡猾、極悪、卑劣、狂気…という性質を持つ好敵手、悪党、卑劣漢の中ボスを倒し行き、物語の最後を飾るキャラ達のことである。
ラスボス=黒幕というわけでもなく、「極道」や「男」としての戦いの一面もある。

一覧

無題


桐生の幼馴染であり錦山組組長。戦闘の演出は熱い。
リメイク版の極では0の過去回想なども入り、さらに演出が強化されている。

郷田龍司


ゲーム序盤から登場しており、ラスボス兼ライバル枠である。
同じく龍を背負う桐生との因縁も強く、ボスとしての風格は文句なし。
極2では性能面の強化も加わりシリーズ随一のラスボスとなった。

UPDATE with GUNFIRE


追加シナリオ「真島編」のラスボス。新参の飯渕組組長。
戦闘前のムービーはスタイリッシュで評価されている。

峯总


東城会若頭補佐であり、直系団体白峯会会長。
コンボとスウェイの黄色ヒート、ガード不能な打撃を使う赤ヒート、硬いガードと回復を行う青ヒートと3種のヒートを持ち、ラスボスとしての強さは文句無しであり人気は高い。

新井の兄貴


本作の秋山編ラスボス。
ホームレス時代の秋山の恩人であり、秋山が得意とする足技の師匠とも言える。

落書き(ガチャ祈願)


本作の冴島編ラスボス。
冴島から受け取った「極道のチャンスは一度きり」という言葉を胸に挑んでくる。

大吾さん


本作の桐生編ラスボス。
実はシリーズ通して唯一、桐生が万全な状態で戦うラスボスである。

いい声してるお父さん


※cv北大路欣也の画像。
谷村編、及び本作のラスボス。実質的に戦う相手は護衛兵の集団であるが。
本作の黒幕であり外道とも言えるくらいの悪役ぶりを発揮している。

真島吾朗


冴島大河の兄弟分であり本作の冴島編ラスボス。
若い頃ですらできた事のない分身攻撃をここで見せてくる。


本作の品田編ラスボス。遥を狙撃する命令を受けていた。
それまで品田と馬場、両者の面識は一切無かったものの、運命に翻弄された者同士ケジメを付ける為拳を交える。

ドット絵32「金井嘉門」龍が如く5


本作の秋山編ラスボス。ラスボス4人の中では唯一取り巻きの集団も同時に相手にする。
化け物じみたタフさを持ち、それまで秋山が何度戦っても倒しきる事ができなかったがここでついに決着をつける。

RPGツクールVX 相沢聖人 歩行グラ


本作の最後の章で桐生一馬と戦うラスボス。
黒幕の息子であり、実力一つでのし上がった桐生を超えるべく挑みかかる。

龍が如く0   老鬼


本作で最後に真島吾朗と戦うボス。
堂島宗兵と繋がりがあり、大陸で最も金がかかると言われる最強の殺し屋。
女一人殺せなかった殺し屋である真島とは対照的な存在である。

中野英雄


本作で最後に桐生一馬と戦うボス。
桐生との本編で本格的に関わるのは物語の終盤だが、同じ龍を背負うものとしてどちらが龍となるかを競い戦う展開は熱い。桐生と同じ3つのスタイルで戦う。

巌見恒雄


本作品及び主人公としての桐生一馬の最後の敵である。
日本の実権にも関わる「ある物」を賭けて戦う野望のスケールは間違いなく過去最大級。

青木遼


本作のラスボス。東京都知事で春日一番の幼馴染。
「強さ」面は部下に譲り、シリーズ原点回帰の熱い「演出」に特化している。

見参の黒幕兼ラスボス。

わん!U`・ω・U


本作の黒幕兼ラスボスであり外道とも言えるくらいの悪役ぶりを発揮している。

本作の最後に坂本龍馬と戦うボス。
坂本龍馬の兄弟分であり、因縁も十分あり、中々強めのラスボスとなっている。

本作の黒幕の部下で最後に戦うボス。

本作の最後に龍也と戦うボス。
ボスとしての強さは十分。右京龍也との因縁もストーリーで積み重ねられていた。

本作の最後にケンシロウと戦うボス。

黒岩さん


本作のラスボス。
神室署組織犯罪対策課の刑事。だがその裏は……。
八神と似た戦闘スタイルで、火力と体力量は郷田(極2)や峯に並ぶ強さ。

本作の最後に八神と戦うボス。

関連タグ

龍が如くラスボス

関連記事

親記事

龍が如く りゅうがごとく

兄弟記事

コメント