ピクシブ百科事典

目次[非表示]

CV:田中美央

概要

 八代目近江連合若頭補佐 直参龍童会会長。元は名の知れたボクサーだったが、不祥事を起こし極道となった男。(奇しくも久瀬大作と同じ経緯である)同じ近江連合若頭補佐の石尾田礼二曰く「メシくうとき一番うまいモンを最後までとっとくタイプ」。青龍の刺青を持つ。

 荒川真澄とは、彼が東城会を裏切って近江に来るまで付き合いは無かったが、豪快かつ茶目っ気のある人柄で信用を得ており、近江の人間の中では信頼できる人物と見られていた様子。

活躍(ネタバレ注意)

 横浜流氓の馬淵と慶錦飯店で盃を交わそうとしていたが、馬淵が春日に敗北したことにより、盃を交わさずにその場を去る。そのときは、春日たちを評価し見逃した。

 近江連合と東城会の同時解散宣言時には春日たちと協力し、反発する組員たちと戦う。しかし、近江連合解散に反発し独立した東京近江連合が荒川にヒットマンを送りこむと、味方として荒川を庇うふりをして銃を突きつけ、射殺。
 実は天童は渡瀬にも荒川にも何の忠誠心も抱いておらず、自らの成り上がりだけを虎視眈々と狙っていた。そして解散成功後に東京近江連合が出来上がること、その東京近江連合にとって荒川は邪魔な存在であり、荒川を殺した者がトップに担ぎ出されるであろうことまで見越して春日たちの味方のフリをしていたのだった。

 その後はまんまと東京近江連合の中心人物となり、以前から繋がりのあった青木遼の指揮下に入る。青木の命令でミレニアムタワーの中の荒川組事務所にあるという、「青木が沢城丈に荒川真澄殺害を命じた音声データ」を探すことになるが、そこにやってきた春日たちを見て、音声データは春日が青木に吹き込んだブラフだったということを知る。そして荒川真澄殺害のことで怒った春日との激闘の末、敗北。その容姿をミラーフェイスに利用され、結果的に青木の社会的地位を地に落とすこととなった。

性能面

ボクサーらしく徒手空拳で戦う(途中でメリケンサックを装備する)。弱点属性は電気、耐性はそれ以外全て。
一撃の威力は控えめだが、(反撃を駆使する石尾田などを除けば)ぶっちぎりで行動回数が多く、更に同じ相手を連続して狙うので最終的な火力はかなりのもの。強力な技を使う前にはチャージするが、それすら行動回数に物を言わせて相殺し、こちらに対応を許さぬまま沈めてしまう。
更に後半では即死技が追加される。龍が如く7は主人公の春日が倒れると他の仲間が健在でも問答無用でゲームオーバーになってしまうため、自身に自動復活を付与する春日専用スキル「勇者の執念」の習得が必須。仲間が狙われた場合のために蘇生アイテムももちろん必要。
なお即死技には長いチャージを要する。この間に一定ダメージを与えるとキャンセルさせられる旨のメッセージが流れるが、推奨レベルの範囲ではまず実現不可能。
天童はHPが高く長期戦が避けられないので、いつでもスキルを使えるようMP管理も重要となる。また長期戦であるためバフやデバフは度々かけ直しが必要になるが、毒は永続するため毒付与の技を用意しておくとかなり楽になる。
範囲技や状態異常付与などは無くパーティを半壊されるような事態はそうそう起きないので、蘇生アイテムを十分に準備し、個々の問題への対処を怠らなければ多少レベルが低くても勝てない相手ではないだろう。

最終章で天童を倒した後に控えているのは、雑魚の群れとの戦いと、とある大物との実質イベント戦のような一騎討ちだけなので、天童が本作の実質的なラスボスと言える。
背中の刺青が青龍なのも、恐らく初代ドラゴンクエストのラスボスりゅうおうのオマージュであり、そういう意味でもこのゲームの実質のラスボスと言えよう。

余談

近江連合本部で春日達に協力した際の動きは、結果論とはいえ「勝ちそうな方についた」ように見えてしまい、戦闘においては主にヒーラーである女性陣を真っ先に攻撃しがちであることから「女に手を上げるクズ男」のように見えてしまう。
ここから「天童は小物」などとネタにされることがあるが、当然公式見解ではないので濫用は禁物である。
(そもそも春日側は、状況的には「渡瀬を殺されたら負けの防衛戦」な上「(極道界レジェンドが味方で、さらに天童がこっちについても)手が足りない」とボヤく程度には数的不利な状況であるため常識的に考えて「勝ちそう」なのは近江連合である、実際名無しのボディーガードが助太刀しなければ渡瀬を殺されていた可能性が高い)

関連タグ

龍が如く7 春日一番 近江連合 荒川真澄 青木遼 石尾田礼二

関連記事

親記事

龍が如く7 りゅうがごとくせぶん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「天童陽介」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「天童陽介」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 33682

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました