ピクシブ百科事典

久瀬大作

くぜだいさく

久瀬大作とはゲーム「龍が如く0」の登場人物である。

「とうとう化けやがった…“本物の極道”に……」

CV小沢仁志

概要

東城会直系堂島組若頭補佐にて久瀬拳王会会長。
三人の若頭補佐の中ではリーダー格でもある。元プロボクサーで堂島組の「暴力」を引き受ける極道で、性格は一言でいえば“凶暴”そのものだが、一方で自分の面目や欲得にこだわらず、唯自分の「意地」と「信念」のみを貫こうとする、『武闘派』という言葉を地で行く性格。

「カラの一坪」で発生した事件をきっかけに風間派の切り崩しを画策して桐生一馬と敵対するが、桐生にタイマンで敗れた事で、堂島組長や達に対して面目を潰され、以降、若頭補佐における地位は一気に転落し、阿波野、渋澤達にいいようにこき使われ、堂島組の平組員からも半ば舐められた口を叩かれるまでになる。

それでも、自分を地に膝をつけさせた桐生への復讐心から、兄弟達に利用されている事を承知の上でその刺客役を引き受け、4回(最初の桐生との対決を含めると合計5回と、龍が如くシリーズの中でも最多数の戦闘回数である)に亘って対決する。

桐生の事は当初は「極道になりきれていない半端者」と見下していたが、幾度に渡る対決の中で桐生の心に潜む「真の極道」の魂を見出し、憎みつつも一目置くようになる。
やがて、己の胸中を明かした上で最後の決闘を挑んだ際には、桐生からもその生き様に敬意を向けられ、それまで呼び捨てとタメ語で呼んでいたものを「久瀬の兄貴」と呼び、言葉遣いも敬語に改められた。

その戦いに敗れると、どこか吹っ切れた様に桐生を真の極道として認め、同じく「真の極道」になろうと暴走する渋澤の居所を明かし、彼を止める事を桐生に託した。

騒動解決後、桐生に倒された渋澤と共に警察に逮捕された事が東城会幹部会の中で明らかにされた。
阿波野も騒動の渦中で死亡した事で、三大若頭補佐全員を喪失した堂島組は一気に弱体化する事となる。

関連記事

龍が如く 極道 武闘派 桐生一馬
真島吾朗郷田龍司南大作斉藤馬場茂樹金井嘉門岡田以蔵…龍が如くシリーズで久瀬と同様に何度も主人公と戦うボスキャラ達

pixivに投稿された作品 pixivで「久瀬大作」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10002

コメント