2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

CV:水木竜司『2』、江川央生『0』

概要

東城会直系堂島組組長で、桐生錦山の渡世の親であり、風間嶋野の兄貴分でもある。郷田龍司の実父の仇でもある(龍司は気にしていないが)。背の低い団子鼻の男性で、サングラスとパンチパーマ、髭で見るからにその筋の人間に見える。
堂島組を一時は東城会最大勢力に押し上げた策略家と言われるが、欲しいモノはどんな手を使ってでも手に入れる強欲な性格で女癖も悪い。全盛期の『0』ですら嶋野や風間、立華らには東城会のトップになる程の器も頭もないと評されており、特に嶋野からは「頭の足りん小物」と馬鹿にされ、渡世の子である桐生にも「クソみてえな親」と言われ、1で錦山にも「昔の自慢とメンツの話しかできやしねえ」と見下されていたあたり、1の時点で終わった男だった様である。由美を拉致して自分のものにしようとしたために激昂した錦山に銃殺されるが、結果的に自分の野望を潰した人間の一人である桐生の極道としての栄達を妨害する事に成功して彼から錦山と由美を奪った。その最期をファンから0の時の仕返しと揶揄されている。
(事実、由美を拐ったのは桐生の組長襲名を目前に控えた時期であり、桐生組発足を妨害する意図もあって由美を襲った可能性は充分にある)

こんな男ではあるが、妻の弥生は夫の死後も変わらず一途な愛情を持っていたし、敵討ちに動く元組員もそれなりにおり、また『2』の回想シーンでも冷徹な策略家として描かれていた。女傑である弥生を惹きつける魅力があったということで、『0』の発表までファンからは昔は本当に一流の極道だったと見られていた。

周囲からは散々な評価を下されている上、『0』ではその評価が妥当だと証明されてしまったが、組を運営する能力は持ち合わせており、「二次団体の組長辺りの地位が分相応」と評した立華の言葉も、裏を返せば東城会の幹部としての能力は持っているとも取れる。
そもそも彼の部下は風間、嶋野、久瀬、阿波野、渋澤と出来る男揃いであり、彼らの人材としての真価を見抜いて取り立てていた辺り、人の才能を見る力を持っていたことは間違いない。
そうしたこともあってか、『7』で登場した召喚技「極道たちの挽歌」では、堂島大吾と共に出現し一斉掃射を放つ東城会を背負って立っていた極道界のエリートたちの中にしっかり宗兵も混じっている。

なのだが15周年記念ファンブック「龍大全2」においては「部下に恵まれすぎた小物」「桐生、錦山、風間、嶋野、久瀬、阿波野、渋澤らが堂島組の出身なのは堂島宗兵に求心力があったわけではなくただの偶然」などと、作中に負けず劣らない身も蓋もない評価をされている。

来歴

『2』では回想で登場し、風間と嶋野に真拳派の始末を命じて壊滅に成功する。これにより真拳派のみならず神室町の海外マフィアコミュニティは大打撃を受け後退、東城会は一気に勢力を伸ばし、その立役者である堂島組や最前線で活躍した嶋野組は組織内での地位を高めた。
劇中で描かれた宗兵唯一にして最大の成功した事業であり、策略家の評価は機を逃さずに始末の決断を下した事に尽きると言える。
この回想シーンでは大物然とした雰囲気を放っており、嶋野も彼の命令には嬉々として従っており、また真拳派襲撃に消極的だった風間を「お前の言うことが分からんでもない」と擁護しつつ、「このままだと堂島組が壊滅しかねない」「叩くなら今しかない」「下手な情を挟めばそれが禍根を残す」と説得するなどの一面もあり、この頃が彼の「全盛期」だったことが覗える。また、風間が見逃した真拳派の2人が、後に東城会に与えた影響を考えると、彼の言い分が正しかったことが分かる。

『0』では東城会3代目会長の最有力候補とされていた組の全盛期が描かれており、この頃は神室町から離れた場所に大きな屋敷の様な拠点を構えていた。土曜8時のテレビ番組を見るのが趣味らしい。
神室町再開発計画」を成功させて東城会に莫大な利益をもたらすことで会長の座を確実にするため、100億円以上をつぎ込んで地上げを行っていた。しかし地上げした区画の中心にある空き地「カラの一坪」の所有者が分からず計画の行き詰まりに悩んでいた。
当時の組は司令塔の風間組、武力行使の久瀬拳王会、情報収集と渉外の泰平一家、裏方の渋澤組という優秀な4人体制で盤石な勢力を築いていたが、組の運営を実質取り仕切っていた風間を恐れ、裏で老鬼を操り「カラの一坪」で殺人事件を引き起こして濡れ衣を桐生に被せ、その責任を問う形で風間を失脚させようと目論む。
風間に累が及ばないよう桐生が破門を願い出た際は、勝手に桐生抹殺を目論んだ上に失敗した久瀬に指詰めをさせ、桐生の破門を(何故かペナルティ無しで)承諾。しかし風間潰しを止める気はさらさら無く、全て忘れて真っ当な暮らしでもするよう桐生に勧めて放り出した。
ところが、自分達と同じく「カラの一坪」を狙う商売敵・立華不動産に桐生が与し、泰平一家のシノギを潰したことにより、ただの元構成員から倒すべき敵へと認識が一変。久瀬に代わり台頭した泰平一家組長・阿波野を指揮官に据え、組を挙げて桐生抹殺を試みる事となる。
神室町では東城会に劣らぬ影響力を持つ立華をして「不可侵地帯である亜細亜街しか逃げ場がない」と言わしめる程の包囲網を敷いて桐生を追い詰め、更に亜細亜街にも掟を破って組員を送り込む、東城会本家が追跡中止を指示しても無視するなど手段を選ばなくなっていく。
これだけ書くと組織の掟すら守れないただの外道だが、風間が(宗兵自身が蒔いた種とはいえ)堂島組の失脚を目論んでいたのは事実であり、立華と桐生が風間の手先である以上、不可侵を盾に東城会内部抗争の当事者を匿ったという意味で亜細亜街にも問題があったと言えるし、本家に対しては「飽くまで宗兵と直属の部下との問題であって本家の介入は筋違い」という主張が成り立つため、それなりに筋は通っている。
渋澤の工作で捕らえた立華が死ぬとその妹にして「カラの一坪」の持ち主であるマキムラマコトが兄の仇討ちをすべく現れ、「カラの一坪」の対価として若頭補佐3人の処刑を要求するが、宗兵は老鬼に躊躇なくマコトを始末させる。マコトを探していた真意は「カラの一坪」の買い取りではなく、相続権のある人間を残らず始末して私有地である事実を闇に葬ることだった。マコト発見に最も貢献した渋澤を若頭に据えて野望は達成されたかに思われたが、阿波野の死や渋澤と久瀬の逮捕がきっかけとなって組員の大半と若頭補佐を三人も失い、更には世良勝が実は生きていたマコトから「カラの一坪」を譲り受けたのに加え堂島組の悪事の証拠として老鬼の身柄を確保したため「神室町再開発計画」の主導権を失ってしまう。事件後は世良の傀儡として東城会若頭就任の後見人を引き受けさせられ、風間に組の実権をほとんど奪われてしまった
トップは陣頭指揮をしないのが普通であるからほぼ部下任せなのは仕方なく、自ら土地について調べを付けたり外国人の老鬼を見つけ出して招聘したりといった点から無能とも言い難いのだが、それらを差し引いても今一つリーダーシップを感じさせる描写が無く、老鬼が真島に倒された時に至っては完全に臆してしまい、折角一方的に銃で撃てる状況で外すなど小心ぶりが露呈。『0』発売以前の「昔は大物」説はほぼ否定されることとなった。
(『0』以前の過去については未だ不明なため、そちらに焦点が当たれば話は別かもしれないが、主人公の座が桐生一馬から春日一番に移った今、それは絶望的だろう。前述のそれなりに出来る一面や、風間・嶋野に加えて若頭補佐の3人も人材発掘していたのが描写されたことから「大物ではないが無能でもない」「人材を見る目だけはあった。東城会の頂点に立つ器だと驕り過ぎたのが良くなかった」とフォローするプレイヤーも現れたのがせめてもの救いか)

そして『1』冒頭にて由美を攫い、錦山に銃殺されるに至る。
この頃宗兵自身はすっかり落ちぶれたものの、「堂島の龍」桐生一馬個人の働きが大きいとはいえ組としての名声はある程度保たれていた。ところが宗兵の死後、組を継ぐべき若頭の風間が何故か風間組として東城会直系に昇格し、大半の組員を取られてしまった。このような組への裏切り行為を風間自ら行ったとは考えにくく、誰による人事かは不明だが、当時の宗兵の人望の無さを窺い知ることは出来るだろう。
ちなみにこの時点で桐生は舎弟頭補佐、つまり宗兵と兄弟盃を交わしていたことになるが、いつ交わしたのかは不明。

関連タグ

龍が如く 堂島大吾 小悪党 外道 敗北者 金持ち 小物界の大物

関連記事

親記事

東城会 とうじょうかい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2256

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました