ピクシブ百科事典

柏木修

かしわぎおさむ

柏木修とはSEGAのアクションアドベンチャーゲーム『龍が如く』シリーズの登場人物。
目次[非表示]

概要

CV:咲野俊介

 東城会堂島組の傘下風間組の若頭。鋭い目元と鼻筋に走る横一文字の傷跡が特徴の中々の強面だが、風間組組長の風間新太郎同様に思慮深い穏健派であり、アクの強い面々の多い東城会のまとめ役でもある。主人公・桐生一馬にとっても、若衆の頃から面倒を見てもらった兄貴分であり、現在では地位こそ逆転してしまったが変わらず敬意を持って接している。

 初期のタイトル以来本編ストーリーに深く関わることは少ないが、組織管理・情報提供・援軍などのサポートに定評があり、縁の下の力持ち的な存在。しかしその一方で、桐生の話によると冷麺に異常なまでのこだわりを持っており、焼肉屋で食べられないと鬼の如く怒ることもあったとか。桐生も若衆時代は、柏木からたびたび冷麺の材料を買いにパシリに行かせていたらしい(ちなみにpixivでは「冷麺」で検索するとかなりの確率で「柏木修」か「龍が如く」がついたイラストがヒットする)。

登場作品

  • 龍が如く
  • 龍が如く2
  • 龍が如く3
  • 龍が如く0
  • 龍が如く極
  • 龍が如く維新!(井上源三郎役)


作中での活躍

龍が如く

 桐生が風間組の事務所を訪れた際に登場。桐生に風間の過去を語ろうとしたが、風間に止められた。終盤間近では、桐生と風間の危機に、援軍を率いて駆けつけた。

龍が如く2

 風間の遺志を継ぎ風間組二代目組長を務め、東城会若頭代行もやっている。桐生が大阪にいる間、ジングォン派が仕掛けた爆弾で風間組の事務所が爆発し、命に別状はないものの怪我を負ってしまう。真島の語るところでは、東城会五代目会長・寺田行雄による旧体制では冷や飯を食わされていた模様。内密に行われた1980年のジングォン派襲撃についても知っており、その頃から風間の側近として堂島組で働いていたと思われる。寺田の葬儀で、郷田に「葬儀屋のおっさん」と呼ばれた。

龍が如く3

 銃撃され現場を離れた大吾に代わり、若頭として東城会を仕切る。幹部たちの動向に頭を悩ませており、幹部会では桐生を会長代理として呼び戻す案を出した。しかし、神室町に戻ってきた桐生に風間似の男のことを聞かされた直後、ヘリに襲撃され掃射を受けてしまう。そして風間似の男と繋がっている人物を捜せと桐生に言い遺し、息を引き取った。また、「堅生会」という組織を作り、元極道達を堅気にして社会復帰させる活動を行っていた。前記の「冷麺好き」という設定は本作で生前の彼を振り返る会話のネタ選択肢だったのだが、後に公式設定化した。

龍が如く0

 東城会直系堂島組内風間組若頭として登場。堂島組長の側近として辣腕を振るうやり手の極道である風間を補佐する優秀な極道。仁義に厳しい性格をしておりその優秀さは神室町でも名の知られた存在。桐生と錦山は立場上では彼のほうが下(風間組は堂島組の傘下組織なので)なのだが、年の離れた兄のように恐れられている。組長不在の風間組を預かり、堂島組若頭の企みに立ち向かう。
今作では喧嘩を好む武闘派としての一面も見せ真島を相手に圧倒的な実力を見せる。使用スタイルは空手。またハイスコア時のカラオケデモにも何故か登場。90年台ヴィジュアル系に扮した桐生・錦山の隣でキーボードを弾いている。

龍が如く 維新!

 新撰組六番隊隊長井上源三郎として登場。組織における最年長者であり、局長の近藤勇、副長の土方歳三から重用されているが、他の隊士たちからは軽んじられ「組の小姑」「無用の六番隊」などと陰口を叩かれている。

 実は、主人公・坂本龍馬の恩師・吉田東洋を殺害した“覆面の男”の正体であると共に、結成当時2派閥に分かれていた壬生浪士組(後の新撰組)におけるもう一人の局長・芹沢鴨であることが判明。さらに古くは風魔の流れを汲むとされる剣術“水戸天狗流”の宗家であり卓越した剣術の腕前を持ち、弟子の平間重助、平山五郎の二人も彼の剣の影響を受けている。

 かつては水戸藩の影として仕え、日の目を見ない裏仕事を担っていたが、いつしか藩から見限りをつけられてしまう。なんとか脱藩するも行き場を失っていたところを近藤からの誘いを受けて壬生浪士組を結成。弟子たちと共に隊の最高幹部として重用される。

 しかし、そうした信頼の篤さが近藤の弟子である試衛館一派に焦りを与えてしまい、物語の一年前、沖田総司、永倉新八、本物の井上源三郎の3人が結託し、芹沢一派に夜襲を仕掛けるが、芹沢たちは彼らを返り討ちにしてしまう(このとき芹沢は、沖田の一太刀により顔に本編と同じ切り傷を負うことになる)。その後、一部始終を見ていた近藤からの願いもあり、表向きは芹沢たちが粛清された事とし、平山が沖田を、平間が永倉を、そして芹沢が井上の名を名乗るようになった。

 東洋の暗殺は、かつて水戸藩脱藩を見逃す条件として、とある人物から請負った仕事である。そのため、「斎藤一」の偽名で新撰組に入隊してきた龍馬に対しては、東洋の件の罪滅ぼしとして陰ながら手助けを行なっていたが、最期は暗殺の依頼主であった武市半平太に口封じのために殺害される。

余談

『龍が如く』スタジオが手がけ、本シリーズからの演者の続投が多い北斗が如くでは、柏木役を務めた咲野俊介氏がトキ役として出演決定している。「主役の兄貴分」と柏木に重なる所が多い配役であるが、トキが北斗の拳作中トップクラスの人気キャラであること、また北斗四兄弟として肩を並べるメンバーが真島(CV宇垣秀成)に龍司(CV岩崎征実)といずれも主役級のキャラクターであることを鑑みれば、ファンが予想だにしなかった大出世である事がよく分かる。
いいとこ、シュウあたりかと……。

関連タグ

龍が如く
極道 ヤクザ 東城会 冷麺
桐生一馬 風間新太郎

pixivに投稿された作品 pixivで「柏木修」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 354755

コメント