ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

―世界一、運が悪くて―

―世界一、ハッピーなヤツらの物語―


概要

龍が如く』シリーズのナンバリング第8作目にして最新作。2024年1月26日に世界同時発売された。

対応機種はPS5PS4Xbox Series X / SXbox OneWindowsSteam


今作は春日一番桐生一馬の、龍を背負った二人の男が主人公

桐生の主人公復帰と、そして0』以来のダブル主人公体制に多くのファンが驚いた。

ただし、あくまでも春日がメインとも明言されていた。


舞台は横浜伊勢佐木異人町東京神室町だけでなく、ついにシリーズどころか龍が如くスタジオ作品初の海外・ハワイホノルルシティ)へと飛び出す

ゲームのボリュームとしては過去最大級で、チーフプロデューサー・阪本寛之氏曰くメインストーリーだけでも通常プレイで100時間はかかるとのこと。


春日と桐生以外の見知った人物も登場し、足立宏一ナンバ向田紗栄子の初期メンバーから、趙天佑ハン・ジュンギといった、後からパーティに参加した者も続投。そして今作ではコミジュルの総帥・ソンヒがプレイアブルキャラとして使用できる

ただし鎌滝えりは『7』の助演女優オーディションで選ばれたゲスト出演の立ち位置(更に言えば任意加入のキャラ)のため、残念ながら登場しないと公式からアナウンスされている。

他にも真島吾朗冴島大河堂島大吾といったシリーズお馴染みの人気キャラや、なんと沢城丈荒川真澄も再登場する。


また、井口理成田凌長谷川博己といった人気俳優も出演。

更に総合格闘家朝倉未来、実況者兼VTuber・kson、ウェザーニュースキャスター・檜山沙耶&駒木結衣、ラッパー兼評論家・宇多丸も参加する模様。

さらにプレイスポットの1つ「ドンドコ島」ではガチャピンムックが登場することが判明している。過去にSEGAが関わった別のゲームとコラボしたことこそあるものの、本シリーズとは特に関係のなかったマスコットであるため多くのファンを驚かせた。


さらにデリバリーヘルプでは権田原組長とナンシーちゃんが続投する他、前作で僅かに出演していたポケサーファイター伊達真が追加としてこちらも続投。

更に過去作シリーズに登場した小雪&ユキ一輝&ユウヤ狭山薫秋山駿が再登場。

そしてエンディングノートトレーラーでは古牧宗太郎小野ミチオ(現状はアクリルキーホルダー)も登場しており、あらゆる人気キャラ、ヒロイン、主人公が集まる龍が如くオールスター作品に仕上がっている。


また、前作に当たる『LOST JUDGMNT』同様本作も録画禁止区間は存在しないが、サムネでのネタバレの明示は控える等のガイドラインが設定されている。

加えて一つ注意点として、本作は上から「アルティメット・エディション」「デラックス・エディション」「スタンダード・エディション」という3つのバージョンが存在するが、最安値のスタンダード・エディションは「PREMIUM NEW GAME(所謂強くてニューゲーム)」が搭載されていない(別途DLCを購入する必要がある)。


ストーリー

東城会近江連合、そして異人三を巡る戦いから数年。

「ハマの英雄」と呼ばれるようになっていた春日一番は今、横浜伊勢佐木異人町でハローワークの契約社員として働いていた。

順風満帆とは行かなくても、ナンバ足立紗栄子の仲間達と充実した日々を過ごしていた……そんなある日のこと。


春日は勤め先の会社から契約終了の知らせ、つまりクビを宣告される。どうやら多々良ひそかという暴露系配信者の動画が原因らしく、それは全くもってデタラメなものだった。

意味も分からず再び無職となってしまった春日だが、足立から「星龍会の動きが最近怪しい」と聞き、ひとまず恩がある横浜星龍会の本部へ足を運ぶ。


会長室にいたのは新会長の高部守……ではなく、若頭の海老名正孝。海老名は春日に「会ってほしい人物がいる」と話し、それに了承した春日は仲間と共に指定された場所に向かう。


そこで待っていた人物とは、かつて春日が所属していた荒川組の若頭で、今は刑務所にいるはずの沢城丈だった。


春日一番の人生を大きく変えた人間の一人と言っても過言ではない沢城から、ある頼み事をされる。

それは尊敬する親父・荒川真澄が唯一愛した女性にして春日の母親でもあるに会ってほしいというものだった。

彼女は現在ハワイにいるようで、荒川の遺骨をペンダントに携えた春日は早速旅立つ。


同じ飛行機の乗客だった車いすの青年・三田村英二を手助けし、ハワイの地に降り立った春日はエリック・トミザワが運転するタクシーに乗り込む。

しかしトミザワは人気のない場所まで連れて来ると、いきなり車を停めて拳銃片手に春日を脅した。



そして春日一番は───目が覚めたら、何故か全裸でハワイの砂浜に転がっていた。



当然通報されて捕まり、事情聴取を受ける事になった春日は正直にこれまでの経緯を話すが、警官には全く信じてもらえない。

留置所に連れてかれそうになりながらもなんとか隙を突いて逃げ出した彼の元に現れたのは、かつて「堂島の龍」と呼ばれた伝説の極道・桐生一馬であった。


桐生は大道寺一派の指令でハワイに来ており、その目的は春日と同じで茜を見つける事らしい。


そしてこの時を契機に次々と起こる、ヤクザやマフィアが絡む騒動。事は次第にハワイだけでなく日本にまで及び、絶対に誰にも知られてはならない「桐生一馬の死は偽装されたものだった」という事実が暴かれようとしていた。



再びどん底から這い上がる男、春日一番。


人生最期の戦いに挑む男、桐生一馬。


龍を背負う二人の男の戦いに待つ結末とは───



システム

『7』に引き続きRPGコマンド制。

今作では戦闘中にキャラの立ち位置を移動でき、近くの物を利用したアクションを行いやすくなりバトルの幅が広がった。

なお、桐生のみ戦闘中に覚醒状態となると、短時間ながらコマンド選択から従来のアクションに切り替わる。また、桐生がRPG式で戦う経緯についてはストーリーの方で説明されると、総合監督・横山昌義氏が発言した。


そしてサブコンテンツとして、春日が無人島の開拓を行っていく「ドンドコ島」や、桐生の人生を振り返る「エンディングノート」が用意されている。


登場人物

主人公とパーティメンバー

CV:中谷一博

今作のメイン(7割分の)主人公。前作での活躍により、「ハマ(横浜)の英雄」と呼ばれる様になった。

ハローワークの契約社員として働く傍、極道だった者たちを社会復帰させるという荒川真澄の遺志を受け継ぐべく奮闘していた……のだが、多々良ひそかの動画のせいでクビになり、またもや無職に。

沢城に頼まれ向かったハワイで、桐生一馬と再び邂逅することとなる。


CV:黒田崇矢

もう一人の(3割分の)主人公だが、前述の通り「春日がメイン」なため主人公パートは少なめで全14章の内5回ほどしか操作する機会は無い。言わずと知れた伝説の極道「堂島の龍」

現在は大道寺一派のエージェントとして生きている。茜を見つける為にハワイに来ており、そこで春日と再開し共に戦うことに。

実は、医者に「何故こんな状態で出歩けるのか」と言われる程の重度の癌に侵されている


CV:井口理

ハワイのタクシー運転手。

タクシーに乗った春日に銃を突きつけ、脅していた。

どうやら春日の仲間になるようだが…?


CV:伊波杏樹

ハワイにある茜の屋敷で家事手伝いをしている女性。


CV:安田顕

異人町で暮らしていた元ホームレス。愛称は「ナンバ」。

現在は医療器具メーカーに勤めるサラリーマン。


CV:大塚明夫

神奈川県警の元刑事。

現在は「足立調査代行」という防犯関係の会社を設立し、夢の続きを追っている。

また、元極道の社会復帰に尽力する春日の手助けもしている。


CV:上坂すみれ

横浜のキャバ嬢。

恩人・野々宮勲が遺したキャバクラ「Club Silky Queen」の共同経営者に就任している。

青木遼の野望を阻止するため共に戦った春日から思わぬアプローチを受けることになるが……?


CV:武田華

異人町を拠点とする巨大組織「コミジュル」と「横浜流氓」を束ねる女傑。

裏社会の住人である自分達と関わっていたら春日たちが真っ当に生きていけないと考え、彼らとは距離を置いている。


CV:中村悠一

コミジュルの参謀にしてソンヒの右腕的存在。

ソンヒの考えに従い、春日たちとは距離を置いている。


CV:岡本信彦

横浜流氓の元総帥。今はソンヒに総帥を任せ、街で自慢の料理の腕を振るっている。


主要人物

  • (あかね)

CV:榊原良子

春日の母とされる人物。

既に死亡したものと思われていたが、ハワイで生きていることが明かされた。


CV:子安武人

日系人を中心に構成されている暴力集団・山井一派の頭目。

常夏の島・ハワイにありながらスーツの上にコートを羽織っても尚「寒い」と話す、不気味な人物。


CV:松田修平

ホノルルシティ裏社会の一大勢力「バラクーダ」の総帥。

ならず者が集うバラクーダを暴力と恐怖で操る実力者。


CV:増元拓也

バラクーダと並ぶ勢力を誇る中華マフィア「ガンジョー」の総帥。

巨万の富を持つ実業家でもある。


CV:古谷徹

ハワイの宗教団体「パレカナ」の代表。

ホームレスへのフードバンク活動などを行っており、行政関係者からの信頼も厚い。


CV:東地宏樹

7外伝』にも登場した、桐生の管理を担当する大道寺一派の一員。

茜の捜索のために、桐生をハワイへ派遣する。


CV:???

暴露系配信者。春日一番に関するデマ動画を投稿した。


CV:成田凌

春日と同じ飛行機に乗っていた車いすの青年。

プログラミングに長けている。


CV:堤真一

元荒川組若頭。

前作で逮捕されて服役していたはずだが、何故か横浜星龍会の一員として行動している。

春日に茜が生きていることを明かし、ハワイに向かうよう伝えた。


CV:中井貴一

元荒川組組長。

前作で死亡した為、回想での登場になると思われる。


CV:長谷川博己

異人町の極道組織「横浜星龍会」若頭で、服役中の会長・高部守に代わり組を仕切る切れ者。

桐生一馬が表舞台から姿を消すに至った経緯を知っている模様。


各章

各章のサブタイトルは全て日本の楽曲名に由来している。(これは海外版も同様で、一部を除きエルヴィス・プレスリーの楽曲名が使用されている)

また、本作のエンディングでは最終章のサブタイトルの元ネタである椎名林檎による「ありあまる富」が流れる(本作におけるテーマ曲の位置づけである)。後述する英語版サブタイトルと重ね合わせると、中々意味深いものになっている。




評価

発売前からいろいろな宣伝やイベントを非常に盛んに行っており、ファンによる今作の期待は最高潮まで高まっていた中でシリーズ最速の売り上げを記録する事ともなった。

ボリュームやシステム、バトル面に関しては超傑作だと言って良いほど非常に評価が高く、日本は元より海外の大手メーカーの負けないクオリティの高さである。


その一方で、肝心のシナリオ面は賛否が分かれてしまっている。

畳み方が性急で余り爽快感の薄いクライマックス、“桐生から春日への世代交代”を描いたにしてはその印象が少し弱い等、特に終盤の展開や描写不足、全体的な完成度に対して否定的な評価をする者が一定数いる。

しかし「桐生一馬の最後の戦いの物語を丁寧にやってくれた」「今までのシリーズの総まとめでもあるラスボス」「この終わり方は春日だからこそ納得できた」という肯定的な評価もあるので、やはり自分の目で確認する事が一番だろう。


余談

横山昌義氏が初めて総指揮を務めた完全新作

これまで龍が如くスタジオでお馴染みだった総指揮の名越稔洋氏がロストジャッジメントの発売後にセガを退職したため、リメイク版の維新極を除くと今作が横山総指揮による初作品である。

(7外伝ではないのかと思うかもしれないが、そちらは開発が後発であったため龍が如く8が初ということになる)


モデリングキャラクターの再登場

如くシリーズでは基本的に、芸能人がモデルの人物は一作品で退場するか、次回作からはフェードアウトするのが暗黙の了解となっていた(※)。

しかし『ロストジャッジメント』での木村拓哉氏や中尾彬氏の続投が契機となったのか、本作でも既存のモデリングされた人物が登場する。

中井貴一氏や堤真一氏は勿論だが、特に安田顕氏の続投が決定した事に喜んだファンは多いだろう。


(※一応、見参に出演した寺島進氏が極2で復活していたり、5に出演した大東駿介氏が維新で続投していたりと、前例が全くなかったわけではないが。)


桐生の主人公復帰について

『7』からの新主人公・春日一番が、ファンの予想を良い意味で裏切る魅力溢れる人物だった事もあり、本作で桐生一馬が再び主人公として返り咲く事に否定的な声も存在した。これに代表及び制作総指揮の横山氏も、2022年9月18日に掲載されたファミ通のインタビュー記事で触れており、実は内心ビクビクしていたと口にしている。

同時に「『8』は春日一番がメイン」とも告げており、あくまで桐生は彼の事件に参加する形のため、過去に発言した「春日一番が主人公の続編」からは何も変わっていないとのこと。

ちなみに桐生の参戦自体は、本作を作る上で最初から決まっていた模様(新作発表会まで伏せていたのは無用な混乱を避けるためとのこと)。


サブタイトル

海外版タイトルは『Like A Dragon:INFINITE WEALTH』と副題がついており、これは「無限の富」を意味するが本作の日本版は副題がない。これは「自分だけの副題を付けてほしい」をコンセプトとして置いているためで、本作日本版は『3』以来の副題の付かないシリーズ作品となる。


テーマ曲

本作におけるテーマ曲「ありあまる富」は発売まで担当アーティストも含めて一切伏せられた状態であり、発売日当日に龍が如く公式X、及び椎名林檎公式Xにて「椎名林檎の既存楽曲を使用した」旨が発表された。(2023年2月5日時点では使用した楽曲名について公式では発表されていないが、スタッフロールにて確認できる)

ちなみに、この曲が流れるシーンにおいて日本語版では歌詞が(昔の映画の字幕のように)右端部分に表示されているが、これは近年の椎名林檎が歌番組やライブでの歌唱披露時によく見られる表記を踏襲している。(別作品の例として、東京事変として「永遠の不在証明」を提供した映画『名探偵コナン 緋色の弾丸』にも見られる)

また当該シーン中、「青空をバックに空き缶や瓶などが空を舞う(投げつけられている)」カットが挟まるが、この曲のPVは「青空のもと、マンションから様々なもの(価値のあるもの)が投げ落とされ、しまいには爆発してしまう様子がスローで流れる」というものであり、PVのリスペクトとして挟まれたカットという意見もある。


シナリオ

本作のシナリオは竹内一信氏が手掛けており横山氏はストーリー原案に留まり0ジャッジアイズシリーズ等のシナリオを手掛けた古田剛志氏は脚本協力に留まっている。


関連動画

1stティザートレーラー


2ndティザートレーラー


ストーリートレーラー


ゲームトレーラー


ドンドコ島トレーラー


エンディングノートトレーラー


作品の前後

作品製作上の前後

龍が如く維新!極

龍が如く7外伝 名を消した男

龍が如く8


物語時系列上の前後

龍が如く7 光と闇の行方 / 龍が如く7外伝 名を消した男

LOST JUDGMENT:裁かれざる記憶

龍が如く8


関連タグ

セガ 龍が如く 春日一番 桐生一馬 ハワイ ホノルルシティ


外部リンク

『龍が如く8』公式サイト

関連記事

親記事

龍が如く りゅうがごとく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 632042

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました