ピクシブ百科事典

ソンヒ

そんひ

ソンヒとは、龍が如く7に登場するキャラクター(イラスト左)
目次[非表示]

概要

cv:武田華
龍が如く7に登場する人物。
横浜の異人町にて、日本の極道である『横浜星龍会』、中国系マフィアである『横浜流氓』とともに「異人三」と呼ばれる三大組織の一角をなす韓国系マフィアである『コミジュル』の総帥を務める美女。

主人公である春日一番に関しては、最初に会った時から「かわいいところのある男」として一目置いており、物語中盤からは心強い仲間として春日たちを助ける。

人物

妖艶で余裕のある物腰で人と接する大人の女だが、実際にはそんな態度を崩すことなく眉一つ動かさずに銃を突きつけるような、マフィア然とした冷徹な美女。
その美貌と性格的な癖の強さから、向田紗栄子とはそりが合わず、最初に会った時から彼女からは嫌われている。

持ち前の美貌を活かして、男を相手に誘惑するように近づき隙を突く、いわゆるハニー・トラップのような処世術を利用して、「異人三」によって築かれた「肉の壁」という三つ巴の状況を守るためならば、殺人すら辞さない非情さを持つ。

一方で情に厚く義理堅い一面も持っており、かつて神室町の抗争で敗北して行き場を失ったハン・ジュンギを助けたり、『コミジュル』が生きる為の居場所を作ってくれた民自党の幹事長である荻久保豊には強い忠誠を尽くしていたりと、決して冷酷なだけではない。
その人間的な器の深さは、本来であれば敵対組織のボスである趙天佑にも認められており、『横浜流氓』の次期ボスとして彼女を推薦したほど。

私生活ではこだわりが強い性格をしており、コーヒーは豆から作ったものしか飲まない。
一度部下が誤ってインスタントコーヒーを出してしまった時、ハン・ジュンギは内心相当焦ったとのことで、プライベート・仲間相手でも怒ると怖い様子。
(ちなみにこのインスタントコーヒー事件は、手作りと間違うほど美味しいインスタントコーヒーだったためソンヒが全く気付かず、事無きを得たとのこと)

因みに先代主人公・桐生一馬の事も唯一知っているのは、彼女だけ(殺し屋を探すついでに、彼の事も調べたから)、桐生という名前と桐生のそれまでの歩みやフィクサーの残党も全て知っている素振りを見せたが、「死んだはずの生きているわけの無い人間。だから私達は何も見ていないし、誰に言う必要もない」と一切口外はしなかった。

関連タグ

龍が如く7
ジングォン派 ハン・ジュンギ

関連記事

親記事

龍が如く7 りゅうがごとくせぶん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ソンヒ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 232768

コメント