ピクシブ百科事典

レグルス・コルニアス

れぐれすこるにあす

『Re:ゼロから始める異世界生活』の登場人物である。
目次[非表示]

プロフィール

名前の由来しし座α星レグルス (Regulus)


人物

魔女教大罪司教『強欲』担当。魔女教の中でも被害の大きさによって特に有名。
細身の体つきに、長くも短くもなければ奇天烈に整えられたわけでもない白髪。黒を基調とした服装は特別華美でも貧相でもなく、面貌も目を引く特徴はない(書籍版では白の僧衣のような服装)。いたって平凡で、どこにでもいそうでどこにでも溶け込めそうで、街中で見かければほんの十数秒で記憶から消えてしまいそうな、そんな凡庸な見た目の男

性格は極めて自意識過剰で利己的。多弁かつ饒舌で、ことあるごとに自分の意見を正当化して他者に押し付ける身勝手な人物。「強欲」の呼び名に反して自らを無欲と称すが、相手の言動が自分の意に沿わぬものであった場合、無茶苦茶な難癖を付けた上で「権利を侵害された」と激昂する。その態度は横柄だが、他者からの評価を極端に気にする神経質さの裏返しでもある。

女性を選ぶ基準は顔と処女であるかどうかが全てであり、気に入った女性の家族を殺したり、強引に攫うといった手口を使って妻を作っている。それも人形や道具としての愛し方であり、気に食わないことがあれば、妻であろうと殺す。
またペテルギウスを毛嫌いしており、それは過去に彼女とも関係しているが、最後になるまで彼女本人と過去に会っていた事は気付かなかった。

権能は「獅子の心臓」と「小さな王」
「獅子の心臓」で自身や触れたものの時間を停止することで、無敵になると同時に、自身や触れたものを最強の武器とすることができる。ただし、権能行使中は、自身の心臓の時間も止まるため、単体では不完全。
『小さな王』は、他人の心臓に小さな自分の心臓を寄生させることで、『時間停止』の欠点を排除するもの(心臓を移せる条件については不明)だが、あくまで疑似心臓であるため、潰されても死なない上、気づかない。

関連項目

Re:ゼロから始める異世界生活
ペテルギウス・ロマネコンティ ライ・バテンカイトス

pixivに投稿された作品 pixivで「レグルス・コルニアス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 203026

コメント