ピクシブ百科事典

エミリア(リゼロ)

りぜろのえみりあ

長月達平原作の長編小説『Re:ゼロから始める異世界生活』のメインヒロイン。
目次[非表示]

※タグとしてはエミリアも使用されている。
「もう……スバルのオタンコナス!」

プロフィール

誕生日9月23日
年齢約107歳(書籍版では114歳)
身長164cm
体重羽のよう
血液型A型
特技料理(自称)・お絵描き(自称)・歌(抹消)・速読(ただし物語に感情移入して止まる)・字が綺麗・石積み(時間潰し)
趣味パックの毛繕い・勉強
苦手なこと歌と芸術(壊滅的)
CV高橋李依


人物像

銀髪紫紺の瞳を持つハーフエルフ美少女
の姿をした大精霊パックを従える精霊術師で、親竜王国ルグニカの次代の王候補の一人でもある。
優しく世話焼きで、他人の不幸を見過ごせないお人好しな性格だが、本人は何故かそれを素直に肯定せず、他者のための行動を自分の我が儘だと思い込み、人の情につけ込む強かで合理主義なリアリストを演じようとする面倒な性格をしている。
パックを唯一の家族として信頼しており、頬をふくらませたり甘えてみたりと子供っぽい一面を見せる。
主人公ナツキ・スバルからの呼び名は主に「エミリアたん」(真面目な時は「エミリア」)。
パックからは「リア」の愛称で呼ばれる。

世界中で恐れられる嫉妬の魔女と同じハーフエルフであり、人里離れた深い森でパックと二人きりで生活していたため、世情に疎く、人付き合いも苦手。恋愛感情も全くの未発達。
何故か言動の端々に昭和の香りを感じさせる中途半端に時代遅れなセンスのにじみ出る言い回しが多いが、何の影響なのかは不明である。
それらの発言が出るたびに「○○ってきょうび聞かねぇな…」とスバルからツッコまれるのがお約束となっている。

自分の容姿には無頓着で、髪型や服装などの身嗜みはパックに一任している。

戦闘描写が現段階では少ないためあまり目立たないが、見た目に反して意外と好戦的で、熱を操る魔法の力で氷柱や氷壁を作り出して果敢に戦う。身体能力が高く、格闘技も得意であり、本編では大罪司教を相手に有利に戦いを進め、外伝では徒手格闘で武装した集団と渡り合うなど、単純な戦闘力では作中でも上位に位置する。

小ネタ

中の人である高橋李依は、同じ小説家になろう発のアニメ某中二病魔導士役をやっている。それを受けてなのか、アニメ18話(ゼロから)の予告においてエミリアが爆裂魔法を唱えようとしてスバルに止められる、という一幕がある。
ちなみに、この次回予告のテキストを担当したのはその某アニメの原作者の暁なつめ氏。リゼロ原作者との仲はいいようだ。

また、後発の氷繋がり女性キャラで、氷の心臓を持つ乙女や、氷の姫も演っている。

学園リゼロにおけるエミリア

Web版のエイプリルフール企画の学園リゼロでは転校生という形で登場する。スバルとのいつものやり取りも健在で、その天然っぷりを発揮させた。詳しくはWeb版の学園リゼロをご覧頂きたい。

他作品での出演

#コンパス



コンパスコラボ


リアルタイムオンライン対戦ゲーム『#コンパス 戦闘摂理解析システム』でレムと共にヒーローユニットとして参戦する事となった。もちろん新規ボイスで登場。
また、初回コラボでは期間中にEランクに到達したプレイヤーにエミリアのみ無料配布されている。

エミリアのロール(役割)はガンナー。移動速度や射程距離はガンナーとしては平凡な値になっている。
が、彼女の攻撃倍率はガンナーの中でも低めの1.15。加えて通常攻撃には連続攻撃の下方補正が入っており、射速はかなり速いが実際の火力は案外低い。また、防御は高いが体力は全ヒーローと比較してもかなり低いため、実はそこまで打たれ強いということでもない。

ヒーローアクション「味方回復」は、その名の通り前方エリア内の味方を持続回復する。エリアは自身を頂点とする扇型で、最大射程は10マス、多少の段差があっても回復できる。
回復力は0.4秒毎に最大HPの1割を回復と非常に高く、前述の通りお世辞にも良いとは言えないステータスを持つ彼女の最大の差別化点。交戦時に後方から使用するのが非常に強力で、特にタンクとの相性は抜群である。
なお、同時実装されたレムは「体力が低いほど攻撃力がアップする」アビリティを持っているため相性が悪いのが少々残念。

ヒーロースキル「炎を司る大精霊パック」は、パックがエミリアを回復しながら範囲内の敵に自動攻撃するもの。分かりやすく言うと、『通常攻撃がすごーく強くなって、持続回復効果もついてくる』スキルである。
前述の下方補正のため1ヒットのダメージはそこまで高くはないが、ただでさえ通常攻撃の速さが相当なものなので異常なほどの超高速で攻撃するので最終ダメージは非常に高くなる。敵スプリンターガンナーにとっては絶望である。回復力も非常に高く、ガンナーとは思えないほどしぶとく生き残る事もできる。さらに、エミリア本人の通常攻撃も同時に撃つ事ができる。
ただ、効果時間中の11秒間はサイレント状態となり、カードの使用と属性変更が一切できなくなる。たまに見かけるのが、ダメージカットや防御アップカードを使用した敵の高火力アタッカー桜華忠臣など)に射程外から突如急接近され、怯んでる隙にカード攻撃で一撃で倒されてしまうというパターン。体力が低いので攻撃力の高いアタッカーに不意打ちワンパンされやすく、無敵時間が終わった発動直後も無防備なので敵のど真ん中だと非常に危険。幸い効果時間はそこそこ長いので、敵から離れた場所で発動させるのがいいだろう。

アビリティ「ぎったんぎったんにしちゃうんだから」は、自陣営のポータルエリア内にいるとき、通常攻撃速度が速くなるもの。元から速い通常攻撃が更に速くなる。

得意カードは『近』『遠』。
ステータスが攻撃寄りで、キル狙いにもサポートにも使える『迅雷の科学者 アバカン』、
敵の防御力を下げる事で通常攻撃が非常に通りやすくなる『おかあさん だーいすき』の
どちらかが必須とされている。ほかにはダメージカットを使って近付いてきたアタッカーに反撃できる『反導砲 カノーネ・ファイエル』も採用される事がある。
また、火力を出す為に属性変更が特に必要な性能であることから、火属性のカードも必須級とされている。こちらは同じくリゼロコラボの限定カード『【リゼロ】ゼロから始まる異世界生活』、
通称『赤ガブ』を採用するといいだろう。エミリア以外にもほとんどのアタッカー、ガンナーに採用できる非常に優秀なカードなので、ぜひ確保しておきたいところ。


総合すると、攻撃力や耐久面ではやや不安もあるが、全体としてはかなり強力なキャラと言える。

異世界かるてっと

クロスオーバーテレビアニメ作品。スバル、パック、レム、ラム、ベアトリスと共に突如違う世界の学校と思しき場所に飛ばされ、ハチャメチャで愉快(?)な学校生活を送ることになる。中の人が同じであるめぐみんと共演が実現した…。第1期では殆ど絡むことはなかったが、第2期ではアクアカズマが起こした赤いやつ窃盗騒動でエミリアがめぐみんを説得して協力を依頼、めぐみんが得意の爆裂魔法を使ってカズマたちを救助する作戦が実行された。クラスメイトとは仲良くしたいと思っており、そのために学級委員長に立候補、くじ引きによって就任した。「銀髪のハーフエルフ」呼びをされないことに安心感を覚えている。

かんぱに☆ガールズ

コラボイベントに登場。初期ランク/クラスは☆5/スペルマスター。
白鯨を追ってラム、レム、クルシュ、フェリス、ベアトリスと共にミステリオに転移し、社長とモニク達傭兵会社と共闘。

プリンセスコネクト!Re:Dive

コラボイベント「ゼロから集まる異世界食卓」にて登場。イベント終了から数日後にプレイアブルキャラクターとしても実装された。初期レアリティは星3。スバル、レム、ラムと共にランドソルへと飛ばされてきた。途方に暮れていた時に同じく飛ばされたと思われるペテルギウスに襲われていた美食殿メンバーを救出。意気投合したが行く当てもなかったため、美食殿の紹介ではぐれたスバルの行方を探しつつサレンディア救護院にてレムやラム共々身を寄せる。パックの言う「もう一人の僕の娘、生き別れの妹」というジョークを真に受けて同じく銀髪でエルフであるコッコロを気に入る。ウソだと分かった後も実妹同然に可愛がっておりストーリー中で何かと抱きついたりなどのスキンシップを行っている。
そしてランドソルでも大暴れする魔女教を止めるためにペコリーヌ達と共闘する。
担当声優の高橋氏は後に本作のTVアニメ版にて、コッコロを主人公の元へ派遣したアメスを演じることになる。

性能面では「お願い、パック!」と「氷の飛礫」の2種類の攻撃スキルを高頻度で繰り出しながら、UBの「約束の花園」で単体回復と全体の物理・魔法防御アップを行うキャラだが、アタッカーとしてもヒーラーとしても中途半端でなかなか活躍は難しい状況だった。

2020年11月10日にイベント復刻に併せて他の2人同様専用装備「約束の花束」が実装された。「お願い、パック!」の威力と魔法攻撃力の上昇値が大幅にアップ。
数値そのものは劇的なアップだったが、元々が半端な数値かつUBが回復でそれ以上火力を増強しにくい事もあり、やはり活躍は難しい……かと思いきや、初手で超火力のスキルを放つ為、アリーナでの先頭アタッカー編成に対して一撃でアタッカーを沈められるようになった。クリティカル必須とは言え相応の確率で機能停止させられるため、特に実装時のアリーナで猛威を振るっている★6ニノン対策としてたまに見かけるようになった。
ちなみに強力な魔攻バフと専用装備についた回復量上昇が重なりUBの回復量も途轍もない事になっており、★6ペコリーヌさえ全快できる程の回復量となった。

関連イラスト

エミリア
エミリア


センシティブな作品センシティブな作品


センシティブな作品
エミリア



関連項目

Re:ゼロから始める異世界生活
ナツキ・スバル パック レム ラム
ヒロイン / メインヒロイン / ホワイトヒロイン
ハーフエルフ 銀髪 / 銀髪ロング 紫目 サイハイブーツ

北条悟史:中の人ネタ

カップリング

スバエミ

















以下、web版ネタバレ








実は100年以上前は魔女教の穏健派だったジュースことペテルギウス・ロマネコンティの庇護下にあり、エリオール大森林の村で叔母のフォルトナと平和に暮らしていた。しかし突如襲来した虚飾の魔女パンドラによって、最愛の家族であったフォルトナを目の前で殺されてしまう。激昂のままに強大な魔力で魔女教を撃退することには成功したものの、幼い彼女では力を制御出来ず魔術は暴走、森ごと村人や自分自身も氷の中に閉じ込めてしまうことになった。
エミリアが王位を目指す最大の理由とは、王のみが使用を許される霊薬「龍の血」によって凍り付いた故郷の人々を救いたいという目的のためである。
これらの記憶はパックの力で封じられていたが、第四章で聖域の試練(過去の記憶と向き合うというもの)を突破するためにパックが半ば強制的に契約を解除したことで蘇る。また幼少期に使用していたことも思い出したため、以降は精霊術だけでなく魔法も使えるようになった(作中では両者は別の技術)。

ちなみに約百年間凍結されていた経緯と、種族的に長命で老化が遅いことから、実年齢は約107歳(書籍版では114歳)、外見年齢は18歳、精神年齢は14歳とそれぞれにギャップがある。本来は子供っぽく純真な性格で、第四章以降は大人っぽく振舞うことをやめて年相応さが全面に出るようになっており、作者からも残念美人と言われている。

関連記事

親記事

Re:ゼロから始める異世界生活の登場人物一覧 りぜろのとうじょうじんぶついちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「エミリア(リゼロ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 61294185

コメント