ピクシブ百科事典

カズマ(このすば)

かずま

ライトノベル、及びテレビアニメ『この素晴らしい世界に祝福を!』の主人公。
目次[非表示]

「しょうがねぇなぁあああ!」

プロフィール

本名佐藤和真
誕生日6月7日
身長165cm
年齢16歳→17歳(WEB版では20歳)
CV福島潤(アニメ版)/逢坂良太(ドラマCD版)


概要

ひきこもり。人気ネットゲームの初回限定版を購入するため珍しく外出した帰り道、女子高生を庇ってトラクターに轢かれかけたのが原因(トラックに轢かれたと勘違い)で、ショック死してしまう(Web版では、薬物の誤った投与が死因)。

その後、若くして死んだ日本人の死後の案内を務める女神・アクアから、自身の行為が無駄だったことや、死んだ後の恥ずかしい失態をバカにされたことに激怒。仕返しのため、アクアから異世界へ転生を勧められた際、「特典」として一つだけ貰える「もの」にアクアを指名して異世界へ道連れにした。

以降、クセの強い変わり者な仲間や友人達と、異世界で冒険者生活を送ることになる。

容姿

茶色の短髪と緑色の瞳を持つ中肉中背の少年。
他のパーティメンバーと比べると若干地味な見た目。
当初は緑色のジャージ姿だったが、後に冒険者らしい装いとなる。
ちなみに今でもジャージは部屋着に用いていて、日本の唯一の思い出の品として大切にしている。

人物

仲間達やアクセルの街の住民達からは「クズマ」、「カスマ」などと呼ばれ、大悪魔や魔王軍の手先にすら「鬼畜」、「外道」と評されるなどお世辞にも人格者とは言えないが、基本的にはお人好し善人であり、文句を言いながらも最後には「しょおがねえなああああああああ!」の一言でみんなを助けてしまう。
自分や仲間達が起こしたトラブルも、さっさと逃げ出そうとするアクアとは対照的に、可能な限り自分達でケジメをつけようとする。そのため普段は仲間達の尻拭いが多い。

ゲスな言動を向けるのは基本的に身内と敵対者のみであり、周りの人間にはできる限り迷惑をかけないようにするなど最低限の良識はある。
そのため酷く言われつつも、アクセルの街の冒険者や一般人からは広く信頼され、評判は良い。

金銭欲はそれなりで、貰える分なら貰っておくという姿勢だが、金銭への執着心はさほど強くない。
大金が手に入れば気前良く人に奢ったり、仲間を守るために大金を惜しみ無く使うこともある。
借金があれば精一杯働くが、お金に余裕があれば働かなくなるニート体質でもある。

性欲に関しては普通にスケベであり、アクセルの街でサキュバス達が経営しているいかがわしいお店の常連である。
女性に対して容赦ないセクハラ行為を働くことも多い。
言動からするに髪フェチである可能性が高い。
年下の女の子に優しいのが目立つため、仲間達や周囲からロリコンと疑われていて、アクアからはロリニートと呼ばれたこともある。

能力

職業は最弱職の冒険者
(冒険者には無用の長物である)幸運値の高さ悪知恵が働くこと以外は、これといった才能がない。そのためどんなにレベルをあげてもステータスは平均以下。
原作11巻の時点でステータスの伸びが悪くなっていて、カンストが近い。

スペックはまさに器用貧乏そのものであり、ステータスの低さも手伝って、搦め手無しの真っ向勝負には滅法弱い。
逆に搦め手では、持ち前の悪知恵や幸運値の高さが生かされる場面が多く、思いもよらない方法で敵を追い込むこともあり、「(クリス曰く)強いのか弱いのかわかんないけど、絶対敵に回したくない」と言われる程。
一度他のパーティにメンバー交換で加入した際は、スキルを器用に使いこなして危機を何度も回避。実力に関して一定以上の評価を受けることとなった。
また幸運に関しては割に明らかに異常なレベルであり、「生まれてから一度もじゃんけんで負けたことがない」と語る他、カジノに行った際は運任せの真っ向勝負でカジノが音を上げるレベルでバカ勝ちしており、明らかに分の悪い作戦や勝負で上手く行ってしまうのはこれが要因かもしれない。運のないアクアからは「生まれついての特殊能力」呼ばわりされている。
……のだが、作中では無謀な敵に挑んだり不幸な事故のせいで何度か死んでいる。その度にアクアが女神権限による強引な手段で蘇生しており、皮肉な事に彼女を連れてきたことで無限コンティニューのチート能力を手にしたような状態になっている。
とはいえ、彼女の我儘や無茶ぶりが直接の死因につながる事も少なくないので、デメリットの方が大きいような気がするが。そういう意味では同期の彼に似た能力かもしれない。

パーティーリーダーとしての素質があり、クセが強すぎて普通のパーティでは持て余してしまう仲間達を上手くまとめている。

途中から日本刀に似せて作った片手剣を使うようになるが、彼の性格・戦法に合っていないためあまり役に立っていない。
おまけにめぐみんに「名刀・ちゅんちゅん丸」と銘を刻まれてしまった。

スキル・技(冒険用)

相手の所有物をランダムに盗む盗賊スキル。
盗賊クリスに教わり最初に覚えたスキルで、成功率は幸運値に左右されるため幸運値の高いカズマにピッタリのスキル。
女性に使うとなぜか高確率で下着を奪ってしまう
彼の代名詞とも言えるスキル。

  • 潜伏
気配を消して身をひそめる盗賊スキル。姿が消えるわけではないため身を隠す必要がある。触れれば自分以外にも効果が及ぶ。
アンデッドや、高レベルの敵感知スキルには通用しない。
  • 敵感知
近くにいる敵の気配や数を感知することができる盗賊スキル。敵意に反応するため、敵意が無ければ感知できない。
  • 罠発見・罠解除
ダンジョンをクリアするのに必要な盗賊スキル。成功率は幸運値の高さと器用さに比例する。
  • 逃走
敵から素早く逃走する盗賊スキル。自分以外には効果が及ばない。
  • バインド
ワイヤーで敵を拘束する盗賊スキル。消費魔力が大きいのが難点だが、カズマはドレインタッチとの併用で補っている。
  • 千里眼
遠方の視認・暗視を可能とするアーチャースキル。
  • 狙撃
弓矢による攻撃を可能にするアーチャースキル。
「幸運が高いほどに命中率が増す」特性を持ち、幸運値の高い彼の狙撃は驚異の命中率を誇る。ただし威力は「筋力や素早さに比例する」のでかなり低く、強敵には全く使えない。
主にゴブリン程度のザコ掃除や、敵への威嚇、牽制などに使用している。
  • 初級魔法
といった一通りの魔法が使える。
殺傷能力は皆無だが、小手先の技術と機転の良さで敵の撹乱や動きを封じることに使っている。
  • ドレインタッチ
手で触れた相手の魔力体力ごと吸収するリッチースキル。心臓に近い位置ほど吸収率が増す。他人へ魔力を分け与えることもできる。
火力の低い彼にとって最大の攻撃手段。
  • エクスプロージョン
日々爆裂散歩に付き合わされ、詠唱まで覚えてしまった結果いつでも習得できる状態になっていた。普通カズマの魔力では到底使えないが、これが後に大きな意味を持つ。

スキル・技(冒険用以外)

  • 鍛冶スキル

商品開発のために覚えたスキル。防具・道具の修理、作成が可能になる。

  • 料理スキル
日々の生活水準を上げるために覚えたスキル。普通は料理人しか習得しない。
  • 読唇術スキル
暇を持て余して冒険者ギルドの連中の会話を盗み聞きするために、大した意味もなく覚えた。

人間関係

転生してから一番長い付き合い。何かと足を引っ張り厄介事を招くので『駄女神』と呼んで手を焼いている。
自堕落な性格など共通点も多く、カズマにとっては相棒のような存在→カズアク
色物枠またはペット枠と位置付けていて、女として意識したことは一度もないと断言している。

始めは何度もめぐみんに爆裂魔法以外の魔法を覚えさせようとするが、日課の一日一爆裂に付き添う内に爆裂道の一番の理解者となる。
最初は出来の悪い妹ぐらいにしか思っていなかったが、紅魔の里で好意を伝えられてから(原作5巻)意識し始め、原作12巻でめぐみんへの好意を自覚して仲間以上の関係になる(映画での作者インタビューにて、めぐみんが相応しい相手として明言された)→カズめぐ
どうしても手玉に取られるのと、なかなか一線を越えられないことが悩み。好意を抱き始めたのだが貴重なロリ枠と位置付けている扱いは変わらないようだ。

余談だが、めぐみんと行く爆裂散歩では爆裂魔法を使い魔力切れで動けなくなるめぐみんをおんぶして街まで帰って来るのだが、そのおんぶを実は楽しみにしている事をバニルに見通された。
第一印象は良かったが、すぐにダクネスの異常な性癖に気付き、ドン引きしている。
スタイルの良さは認めていて、屋敷の中では薄着をしているダクネスの身体をエロい目で眺めている。
ダクネスの事は普段からぞんざいに扱う事が多く、何度一線を越えかけても結局何もなかった→カズダク。位置付けはエロ枠。
友達の中では貴重な常識人として扱っている。
上級魔法やテレポートを使えるアークウィザードと信頼しているが、「友達」という言葉に弱くチョロい面を心配している。
ゆんゆんのぼっちエピソードには毎回耳を塞いだりして、心から同情している。
晩餐会で出会ったカズマ待望の妹枠。
「お兄様」、「お兄ちゃん」と呼ばれ強く慕われていて、カズマも義妹として溺愛している(これが原因でめぐみんからは嫉妬されている)。
「ゆんゆんとは違うタイプのぼっち」と心配するなど、過保護なところがある。
最初はダクネスの親友ということと、盗賊スキルを教えて貰ったこと以外は特に接点はなかったが、とある事情でクリスの仕事を手伝ってから、何度も行動を共にするようになる。
他には言えない秘密を二つ共有している。
カズマが死ぬたびに死後の世界で会っている女神。たまにノリノリになる彼女にツッコミを入れるなど、良い友達のような関係。
最初は彼女に好意を口にしていたが、それは勤勉で使命感のある彼女への「尊敬」に近いものだった。
二人きりで重要な事を話し合うことも多く、お互いのことを強く信頼している。
  • 両親
この手の作品ではよくある事だが、作中であまり言及する事はない…、どころか車に轢かれたと勘違いしてショック死&おもらしした事を笑われている。この親にしてこの子ありといった所か。
その一方で異世界に渡ったカズマが両親に宛てた手紙を書いていたり、両親もカズマの遺体をきちんと供養してくれてたりと、心の底では憎からず想っていた事が伺える。

銀髪盗賊団(ネタバレ注意)





















原作6巻~

王都の王城に招かれた際、王都で義賊として活躍していたクリスと、死後の世界で再会したエリスに、かつて日本人転生者たちが所有していた神器の回収の手伝いを頼まれる。
神器のせいで義妹の第一王女アイリスの命に危機が迫っている事を知ったカズマは、クリスと共に王城へ侵入。城の騎士達と冒険者達を蹴散らして神器の強奪に成功する。

王城での大立回りが原因で「銀髪盗賊団」の名前で、カズマとクリスの首には2億エリスの賞金が懸けられることになる。

王都での事件後も、クリスからの依頼で神器を所有していると思われる貴族の屋敷に侵入したり、神器の存在が疑われる事件の調査に出向いたりなどを、盗賊団の助手として手伝っている。

盗賊活動を行う時は全身黒ずくめにして、どこぞのカラススレイヤーがつけている仮面のレプリカをつけて変装している。満月の時は絶好調になるらしい。

銀髪盗賊団



余談

引きこもった理由は、小学生の頃に結婚の約束をした幼馴染を、不良の先輩に寝取られたかららしい(Web版では、そもそも引きこもりでは無いため、あまり本人に影響を与えていないと思われる)。

関連タグ

この素晴らしい世界に祝福を!
主人公 鬼畜 ヘタレ クズマ
アクア めぐみん ダクネス
《窃盗(スティール)》

関連記事

親記事

このすば!の登場人物一覧 このすばのとうじょうじんぶついちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「カズマ(このすば)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7428822

コメント