ピクシブ百科事典

カズマ(このすば)

かずま

ライトノベル、及びテレビアニメ『この素晴らしい世界に祝福を!』の主人公。
目次[非表示]

「しょうがねぇなぁあああ!」

プロフィール

本名佐藤和真
誕生日6月7日
身長165cm
年齢16歳→17歳(WEB版では20歳)
CV福島潤(アニメ版)/逢坂良太(ドラマCD版)


概要

ヒッキー。ある用事のために、仕方なく外出したのは良かったが、その帰り道、女性を庇ってトラクターに轢かれかけたのが元で、(トラックに轢かれたと勘違いして)ショック死してしまう(Web版では、薬物の誤った投与が死因)。

その後、若くして死んだ日本人の死後の案内を務める女神・アクアから、自身の行為が無駄だったことや、死んだ後の恥ずかしい顛末を暴露され、延々と冒涜・罵倒され続けたことに激怒。
アクアから異世界への転生を奨められた際、「異世界に転生するときは、何でも1つ、好きなものを持っていける」と言われたことを逆手にとり、それまでの侮辱に対する報復に、持っていける「もの」として、アクアを異世界への転生の道連れにした。

以後、アクアの駄女神振り、めぐみんへっぽこ振り、ダクネス逝きすぎた打たれ強さに悩まされながらも、転生した異世界、特に「アクセルの街」での日々を精一杯(?)過ごしていくことになる。

容姿

茶色の短髪と緑色の瞳を持つ中肉中背の男性。他のパーティメンバーと比べると若干地味な気がしないでもない。
当初は現実世界の緑色のジャージ姿だったが、後に冒険者らしい装いとなった。因みに今でもジャージは大切に保管している。現実世界からの唯一の持ち物且つ思い出である。

能力

職業は冒険者なのだが、(冒険者には無用の長物である)幸運の高さと、悪知恵が働くこと以外は、これと言って取り柄がない。寧ろ、身体能力は平均以下。おまけに十一巻時点でステータスの伸びが悪くなっており、ステータスの限界が近い可能性が見えてきている。

基本戦術は、盗賊系スキルを用いての不意打ちアーチャー系スキルを用いての狙撃状態異常系スキル「ドレインタッチ」による弱体化など、およそ主人公らしくないものばかり。また、地味に初級魔法も覚えているが、どれも初級に留まっているため、ライターレベルの点火や水鉄砲レベルの放水程度の威力しかない。
スペック的にはまさに器用貧乏そのものであり、身体能力の低さも手伝って、搦め手無しの真っ向勝負には滅法弱い。

だが、その悪知恵が生かされる場面は多く、いざとなれば思いもよらない方法で相手を撹乱させる。
彼に盗賊としての知識を授けたら、そのときの恩を仇で返されてしまったクリスから、「強いのか弱いのかわかんないけど、絶対敵に回したくない」と言われる程。
一度他のパーティにメンバー交換で加入した際には、スキルを多用した妙な器用さで悉く危機を回避。実力に関しては一定以上の評価を受けることとなった。
仲間の長所を引き出すことにも長けており、能力はともかく人格的問題から普通のパーティではまず持て余して役に立たないアクア達を上手く活用・サポートして、様々なトラブルを乗り越えていく。

後に日本刀に似せて作ったを所有するようになるが、めぐみんの手によって「ちゅんちゅん丸」という名前を付けられてしまった上に、上記の通り、彼の性格・戦法に合っていないため、あまり役に立っていない。

主なスキル・技

相手の所有物を盗む盗賊のスキル。序盤でクリスに教わった。成功率は幸運値に左右されるが、彼は幸運の高さにより驚異の成功率を誇る。女子に使うとなぜか高確率で下着を奪ってしまう鬼畜使用。もはや彼の代名詞となりつつある。

  • 潜伏
気配を消して身をひそめる盗賊のスキル。姿が消えるわけではないため身を隠す必要がある。自分以外にも使用可能で、強敵をスルーすることもできる。
  • 敵感知
近くにいる敵の気配及び数を感知することができる盗賊のスキル。
  • 逃走
敵から素早く逃走する盗賊のスキル。自分以外には適用されない。
  • バインド
縄などで対象を拘束する盗賊のスキル。魔力消費が多いが、ドレインタッチで連続使用が可能。
  • 千里眼
遠方の視認・暗視を可能とするアーチャーのスキル。
  • 狙撃
弓矢による狙撃の為のアーチャーのスキル。「幸運が高いほどに命中率が増す」特性を持ち、まさに彼にはうってつけ。本人も気に入っているようで、アニメでは異常にイケボで連呼した。
  • ドレインタッチ
手で触れた相手の魔力を吸収するリッチーのスキル。心臓に近い位置ほど吸収率が増す。自分以外の相手に受け渡すこともできる。
  • 鍛冶スキル
商品開発のために覚えたスキル。防具・道具の修理・作成が可能になる。金槌でダクネスの鎧を修理した。
  • 初級魔法
威力は低いものの、といった一通りの魔法が使える。とっさの判断で色々組み合わせたり、小手先の技術と悪知恵で嫌がらせに使ったりする。

人物

よくも悪くもゲスい言動が多い。
ゆえに、アクアやアクセルの街の住人達からは「カスマ(さん)」・「クズマ(さん)」・「ゲスマ」と罵倒され、冒険者仲間からは「鬼畜のカズマ」と揶揄され、魔王軍(異世界におけるヤッチャン)の一部からは「アクセルの鬼畜男」と恐れられる。

前述の通り悪知恵が働きゲスい部分も多く、更にお調子者でヘタレだが、基本的にはお人好し善人である。

特に人の良さは(勘違いとは言え)轢かれそうになった赤の他人を咄嗟に庇って(ショックで)死んでしまう辺り筋金入りであり、なんだかんだいいながらも困った人を見過ごせず「しょおがねえなああああああああ!」と言いながら助けてしまう。
自分や仲間達が原因になって起きてしまったトラブルについても、さっさと逃げ出そうとするアクアとは対照的に、(後々に面倒なことに巻き込まれたくないという面もあるが)可能な限り自分達で解決してケジメをつけようとするなど、通すべき筋はしっかり通す。

そのゲスっぷりを発揮する相手は基本的に身内(主にアクア、ダクネス)と敵対者であり、周りの人間にはできうる限り迷惑をかけないようにしている。
そのため、クズだ鬼畜だとは言われつつも、アクセルの街の住民からの評判は良い。

金銭欲はそれなりで、貰える分なら貰っておくという姿勢だが、金銭への執着自体はさほど強くない。依頼の解決後、元をたどれば自分たちが原因と判明した際は、落ち込みながらも報酬は受け取らない姿勢をとる。
それどころか悪徳貴族に借金を理由に結婚を強いられるダクネスを救うために、明らかに不当な取引と理解しながらも多数の特許バニルに売り渡してしまう程。

性欲は健全な一般男子並というか、普通にスケベであり、アクセルの街でサキュバス達が経営しているいかがわしいお店の常連である。
女性に対して容赦ないセクハラ行為を働くことも多いが、パーティーの女性陣については彼女らの性格的問題もあって、あまり女性として意識することができない模様。
ただし、ダクネスのスタイルの良さには一目置いており、サキュバスのお店に関連した勘違いと彼女の性癖が相まって、危うく二人で一線を超えかけたこともあった。

因みに引きこもった理由は、小学生の頃に結婚の約束をした幼馴染を、不良の先輩に寝取られたかららしい。(Web版では、そもそも引きこもりでは無いため、あまり本人に影響を与えていないと思われる)

アクアのライバルの女神エリスに若干恋心を抱いている様子が見られた。
しかし、仲間であるめぐみんからの告白によって自分の想いに気づき、めぐみんと仲間以上恋人未満の関係となって以降は、エリスに対しては恋愛感情ではなく、尊敬に近い感情を抱いていると思われる。

余談

Web版では20歳という設定だったが、書籍化に当たってなぜか16歳へと「若返った」

関連タグ

この素晴らしい世界に祝福を!
主人公 鬼畜 ヘタレ クズマ
アクア めぐみん ダクネス
《窃盗(スティール)》













ネタバレ注意












後に、王国に2億エリスもの大金をかけられている仮面盗賊団の1人となる。もともとは、女神エリスが1人でチート野郎どもが遺していった神器を集めていたが、ある王女様が神器により危険にさらされていることを知り、助けるために同行した。この時に目をつけられ、仮面盗賊団2億エリスもの賞金を掛けられることになり、それ以来盗賊団の下っ端(じゃんけんで負けたため)として活動することになる。盗賊をするときにはどこぞのカラススレイヤーな悪魔がつけている仮面を模造したものをつけている。満月の時は絶好調になるらしい。

銀髪盗賊団

関連記事

親記事

この素晴らしい世界に祝福を! このすばらしいせかいにしゅくふくを

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「カズマ(このすば)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4092486

コメント