2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

胸当て

むねあて

複数の意味があるが、pixivでは鎧の一種(あるいは鎧の部品)の意味で用いられることが多い。
目次[非表示]

曖昧さ回避


概要

胴体(胸部)を覆う防具(装甲)。青銅などで作られるものが多い。

英語でブレストプレート(Breastplate)、もしくはキュイラス(Cuirass)。
ブレストプレートは多くの場合バックプレートという背当てと対になっており、これを合わせてバックアンドブレストとも呼ぶ。

「鎧」の英訳としてはアーマー(Armor)がよく知られているが、この語は厳密には「全身を覆う甲冑」を意味する(『プレートアーマー』の記事を参照)。
胸当ては甲冑を構成する部品の一つ、もしくは甲冑よりも簡素で軽量な別種の防具である。

いわゆるファンタジー作品の登場人物がこれを装備していることが多く、基本デザインが胸当て込みになっている例も見られる。

「ブレストプレート」や「キュイラス」のタグとしての使用例は少ないが、描かれる機会は多い。

戦士が一番!
エレ♀ 槍術士



東洋の胴鎧腹部の防御に集中したものが多く、胸部に大型の部品を用いるものは少ない。
ただし代の「明光鎧」は胸部と背部に「護心鏡」という楕円形の板金装甲を用いている。

むねあて(wizardry)

名作RPG『Wizardry』で入手可能な防具の一つ、あるいは防具の分類。

シナリオ#1『狂王の試練場』シナリオ#2『ダイヤモンドの騎士』ではブレストプレート+1(胴鎧)、-1(ひび割れた胸当て)、-2(悪魔の胸当て)、+2(希望の胸当て)、+3(英雄の鎧)というバリエーションがある。

前衛職(戦士サムライ君主ニンジャ)と僧侶に装備可能で、魔術師盗賊司教は装備できない。
これは鎖かたびら(CHAIN MAIL)と同一で、防御性能では胸当ての方が一段階優れている。

LV1の冒険者が迷宮に挑む段階では、無理に胸当てを買い揃えるよりも鎖かたびらでしのぎ、浮いたお金で毒消しポーションを買っておいた方が生存率は高いといえる。
迷宮内で新たな装備を調達できるようになると、鎖かたびらシリーズは同時期に入手できる胸当てシリーズの下位交換に成り下がってしまう。
さらに言うとプレートアーマー+2は僧侶にも装備できるので、これを確保してしまえば胸当てシリーズもお役御免となる(逆に冷気属性への耐性がある氷の鎖かたびらの方が後衛の装備としては有用になってくる)。

百年後の世界が舞台となるシナリオ#3『リルガミンの遺産』では、鎖かたびら(Hauberk)と胸当てがともに司教にも装備可能となり、-2と+3は存在しなくなる。

シナリオ#4『ワードナの逆襲』ではノーマルな胸当てのみが登場するが、他のほとんどの防具と同じく何の役にも立たない。

シナリオ#5『災禍の中心』では、プレートメイルが戦士と君主の専用装備に変更され、新たに登場したスケールメイルが前衛4職に、鎖かたびら(CHAIN MAIL)が前衛4職と僧侶・司教に装備可能となり、胸当ては登場しない。

あくまのむねあて

初出はシナリオ#1『狂王の試練場』で、-2の呪いがかかった「BREAST PLATE -2」として登場。
Macintosh版への移植に伴い「Devil's B-Plate」と命名され、FC版ではこれを「あくまのむねあて」と訳している。

防具としての性能が低く、一度装備するとボルタック商店で解呪してもらわなければ外せないが、他に目立ったデメリット等はない、ありふれた呪いの装備の一つだった。

KODでも同様の扱いで登場。

このアイテムに注目が集まったのはGB版『外伝Ⅰ』から。
鎖かたびらと同じく司教にも装備可能となっており、不死族に対する防御効果と冷気属性に対する耐性が付与されているが、HPが徐々に減っていく呪いがかかっているので普通は装備しない。

が、「HPが最大値まで回復する」というスペシャルパワー(SP)を持っており、おまけにSP解放時の破損率は0%
SPだけに戦闘中は使用できない、解放時にうっかり装備してしまわないよう気を付けなければならないという問題点はあるが、B4に到達した段階でこれを入手できれば、その後の冒険の重要な命綱ともなりうるチート級のアイテムである。

一般的なJRPGでは宿屋に一泊すればHPは最大値まで回復することが多いが、『Wizardry』では一週間単位でHPの回復量と宿泊費が部屋のランクごとに設定されており、場合によっては年単位で逗留しても全快に至らないことさえある。
この辺りのバランスをとるために「HP全快のSPを気軽に使えるアイテム」という救済措置が必要とされたのはともかく、それがなぜ「あくまのむねあて」だったのかは不明。

外伝Ⅱ』でも同様の性能で登場、『外伝Ⅲ』では防御効果と属性耐性およびHP減少の呪いがなくなり、『外伝Ⅳ』ではSP解放時の破損率が25%に、『DIMGUIL』では破損率が50%となっており、気軽には使えなくなっている。

なお『外伝Ⅳ』と『DIMGUIL』における英語表記は "Cursed Breast" 。

関連タグ



ブレストプレート(Breastplate)
キュイラス(Cuirass)
胸部装甲 ブラジャー

関連記事

親記事

よろい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「胸当て」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2836299

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました