ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

時間と共に徐々にHP減少していく(ダメージを受け続ける)状態
ゲームによって、HPが一定値になるまで減るものから、治らなければスリップダメージが原因で力尽きるというものまで様々だが、バッドステータスを引き起こす関係上決して無視できる状態ではない。

この効果をもたらす代表的な状態異常であるが、当然毒以外の状態がもたらす場合もある
例えば、徐々に溶かされていく徐々に蝕まれる病気火傷大怪我による流血熱や炎などで焼かれていく炎上といったものがスリップダメージとなり、治す方法も毒とは異なる治療法が求められることが多い。

スリップ」には、景気や性質などが「下降する」「悪化する」という意味も持つため、この名前が採用されたと思われる。
初出は効果自体はFF4だが、名前はFF5にて「スリップ」という特殊技が出たのが由来。
海外のゲームでは「Damage on(over) times」、略して「DOT」と呼ばれている。

FFのスリップダメージは、毒によるターン毎のダメージとは別枠で小刻みに発生する。
更に、状態異常に掛かったという扱いは明示されず、注意をしていなければダメージを受けている事にも気付かない。
その上、通常の状態異常回復では治らない。

ただ、後のシリーズでは通常の毒とダメージと同様な扱いになったためか、一般的なRPGにおけるターン毎のダメージも、スリップダメージと呼ばれるようになった。
ダメージとは逆に、ターン経過で回復して行くグッドステータスも定番となっており、「自動回復」「自動再生」などと呼ばれる。

主なスリップダメージ

オメガ(FF)の波動砲
テオ・テスカトルナナ・テスカトリも同様)の龍炎
アーマード・コアにおける熱暴走(AC4以前の作品、AC4以降は高濃度コジマ粒子領域下で同じ状況になる)
ポケモンすなあらしあられ
 猛毒 出血 火傷 疫病

関連タグ

状態異常 スリップ ダメージ

関連記事

親記事

ダメージ だめーじ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「スリップダメージ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 86690

コメント