ピクシブ百科事典

N-WGⅨ/V

かつてせかいをほろぼしたちから

N-WGⅨ/vとは、「アーマード・コア ヴァーディクト・デイ」に登場する未確認兵器。
目次[非表示]

ネタバレになります!見る際には十分に注意してください。



























概要

Remember of Mechanized Memories


もういい、言葉など既に意味をなさない

ACVDにおいて登場する未確認兵器の一つであり、本作におけるラスボス
財団によってタワーから持ちだされた兵器の一つであり、死神部隊のリーダー、「J」が搭乗し、「黒い鳥」となりえる存在として彼らに見出された主人公(=プレイヤー)を抹殺する為に用いられた。
曰く、世界を滅ぼした兵器のうちの一つとされる存在。
UNACの戦闘データを統合したオペレーションと、Jの戦闘経験を融合させ、高い戦闘能力を発揮する。
肩にはJのエンブレムが描かれているが、機体の各所には00のエンブレムも描かれており、部隊内においては「R.I.P.0/J」、もしくは「R.I.P.4/J」という扱いになっていると思われる

登場時には機体を包み込むような巨大なブースター(プレイヤーからはVOBとも呼ばれている)と接続されており、戦闘時にこれをパージし、戦闘態勢へと移行する。

ACと比較して倍以上の巨大兵器であるが、ハイブーストと類似した高速機動を可能とし、更には特殊な粒子による防御機構と、それを転用した全周囲攻撃能力を有しており、攻防速共に高いステータスを発揮する。
更に全周囲攻撃の際、自機が近くにいる場合は発動直前にブーストチャージを仕掛けてくることがある。これをもらってしまうと全周囲攻撃もゼロ距離(=最大威力)で直撃するため、最悪の場合AP満タンから一気に即死する場合もある。
ただし全周囲攻撃後は数秒間だけ機体が硬直、更に粒子チャージのために一定時間の間、防御機構が停止する。
しかし、防御力が低下しているとはいえ、CE及びTE属性の防御力は高く、高威力のブレードやヒートパイルであろうとも仕留める事は難しい。

一方でKE属性には極端に脆いため、瞬間火力の高いKEロケットやオートキャノンを持ち込めば硬直中に一気にAPを削ることが可能。また、いくらCE属性に強いと言っても両手に最大威力のヒートパイルを持てば一撃でAPを8割方持っていく。速やかな攻撃ができれば初回の硬直中に全てのAPを奪いさることも不可能ではない。
更に武装がライフルにハイスピードミサイル(共にKE属性)というオーソドックスな物にとどまっている為、攻撃面でも決定打に欠けている。

そのため全周囲攻撃の射程を読んでおき、相手が粒子のチャージに入ったのを見計らって攻撃に移るのが最善にしてほぼ唯一の攻略法となる。おもむろに近づいてライフルを連射してきた場合は全周囲攻撃の予備動作である可能性が高い(必ず全周囲攻撃に入るわけではない)。

戦いは良い…私には、それが必要なんだ


『とでも言うと思ったかい? この程度、想定の範囲内だよ!』

しかし、一度APを削り切ってもなんと再起動を果たし、防御力の低下を承知で粒子を戦闘領域全体に拡散、一定範囲内の相手にダメージを与えて来るようになる。
全周囲攻撃をしなくなるため大ダメージは避けられるが、近づく程に大きくなるスリップダメージにより徐々にAPを減らされていく事になる。また、行動パターンも一定距離を保ちながら散発的に攻撃をしかけてくる厭らしい物へと変化する。

そのため、前半で余計なダメージを貰わずに、いかにこの形態を削り切るかが勝負のカギとなる。
この形態では先述のハイスピードミサイルが予想以上に猛威を振るうため、フィールド上にあるわずかな障害物などを利用して極力避けるか必要がある。
このミサイルは迎撃可能なため、KEロケットを諦めて肩にCIWSを積んでおくのも有効である。
また前半では地上戦がメインだったが、ここからは空中に居座り続けるため、積極的に攻めるならばミサイルの回避と同様に、障害物を利用して空中に飛び出す必要性にも迫られる。
プレイの基本と応用をいかに積んできたか、そこが勝負の分かれ目となるのだ。



こうしてみると隙の無さが目立つのだが、実は一対多数には隙をさらすという、通常のシングルプレイでは判明しづらい弱点を隠している。
UNACや傭兵を連れているとターゲットしていない方の接近を易々と許す上、どちらをロックオンするか迷って硬直することがある。そこで上記のKE属性に対する弱点を突き、片方がタンク脚でオートキャノンを持ち、もう片方がタゲをとり誘導することで第2形態も一瞬で沈めることが可能だったりする。UNACを使う場合は、いかに前半戦の全周囲攻撃に巻き込ませないかが鍵となる。

各部にEXUSIASCAVENGERと共通の意匠や技術を持つが、そのシルエットはそれら兵器類とは根本的に異なる物である。

余談だが、ストーリーミッションでは撃破のたびに基本報酬に加えてオーバードウェポン6種を何度でも入手できる為、弾薬費や修理費、傭兵代で報酬が多少赤字となってもOWを売却(合計1,500,000Au)する事で十分黒字とすることが出来る。
KE属性に対する脆さもあって相性の良いアセンブルと十分な腕さえあれば後半の資金稼ぎに利用することもできる。


また、DLCの兵士モデルとして、SD風にデフォルメされたN-WGⅨ/vが販売されている。

なお、2017年12月4日ニコニコ生放送「アーマード・コア」シリーズ20周年記念番組にて戦闘BGMの「Mechanized Memories」が公式より「ブラックグリントそのまんまのイメージでつくりました。」という裏設定が明かされたためN-WGⅨ/vはホワイトグリントを元にしたものだということが確定した。

特別出撃

特別出撃 N-WGIX/v


ワールドモードではNEW FRONTIERのオンラインボスとして登場する。
巨大なブースターを接続したままの状態で戦闘が開始され、画面に捉えきれないほどの高速戦闘でプレイヤーを翻弄する(その為作戦ファイルの内容はゲームが間違っているとしか思えない内容となる)。
ブースター破壊後は粒子を戦闘領域全体に拡散させた状態で、並みのACを一撃で粉砕する強烈な威力とグライドブーストに追いつくほどのホーミング性能を備えた両手ブレード攻撃(光波有り)を仕掛けてくる。
遠距離攻撃を全くしてこない分、標的と定められた瞬間真っ二つにされる恐怖が常に纏わりつく事となる。
ブースター接続時にはKE属性のリニアカノンとVTF(近接信管)カノン、TE属性のアサルトカノンを使用する。
ブースター破壊後のブレードはTE属性であり、本編に登場するものとは武器の属性が異なる。
APは大幅に増加しているが、KE属性に対する弱さは変わっていない。

関連イラスト

全てを焼き尽くす黒い鳥
この程度、想定の範囲内だよ


「好きなように生き、理不尽に死ぬ。」
N-WGIX/v



関連タグ

ACVD 死神部隊
ACfA ネクストAC ホワイト・グリント ジョシュア・オブライエン
WR 法界坊

ナインボール=セラフ

pixivに投稿された作品 pixivで「N-WGⅨ/V」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 215150

コメント