ピクシブ百科事典

ネクストAC

あーまーどこあねくすと

フロムソフトウェアのアクションゲーム『ARMOREDCORE4』シリーズに登場する人型機動兵器の総称。アーマードコア・ネクスト、ネクストとも。
目次[非表示]

概要

AC4シリーズにおける次世代の新型アーマード・コアの総称。
『アーマード・コア・ネクスト』が正式名称だが、単純に省略して『ネクスト』と呼ばれることが最も多い。
これに対し、作中における従来のACは『ノーマル』と呼ばれる。
国家解体戦争にてパックス(企業グループ)側により初めて実戦投入された。
なお、ネクストのパイロットは“繋がる者”という意味で『リンクス(Links)』と呼ばれている。

従来シリーズのACに比べて高速スピード戦に特化しており、ダブルトリガーやクイックブースト、それまでは強化人間でなければできなかった二脚型ACでのキャノン兵器の構え無し自由射撃が標準になっているなど、大きく仕様が異なっている。

解説

基本シャーシ部であるコア(胴体パーツ)を中心にユニット化された各パーツや武装を任務や戦況、戦術に応じて換装して機体を構成するという点では既存のACたるノーマルと同様だが、コジマ粒子を応用したコジマ技術、生体制御機構アレゴリーマニュピレイトシステム(AMS)、そして圧倒的な火力を誇る武装を装備しており、従来の機動兵器を大幅に凌駕する戦闘能力を持つ。
特にクイックブーストオーバードブーストによる圧倒的な高速機動性と、プライマルアーマーによる防御力はネクストに従来の兵器とは次元を異にする戦闘力を付与しており、国家解体戦争ではパックスはたった26機のネクストを以って国家の解体を成し遂げることに成功した。

しかしながら、操縦システムであるAMSは操縦者に適性が無いと操れず、仮に操縦が可能であっても適性が低いリンクスは強い精神負荷による凄まじい苦痛を伴う。
さらにネクストは生体に悪影響を及ぼすコジマ粒子を常に放出し、瞬間的に音速を突破する殺人的加速やキャノン兵器の自由射撃等によって齎される肉体への負担など、ネクストに乗り続けることによってリンクスの受ける心身へのダメージは計り知れず、リンクス達は短命な者が多いと謂われている。

国家解体戦争からリンクス戦争にかけてのAC4の時代においては、ネクストは戦場の覇者にして各企業の保有する最大の戦力となっており、まさに優秀なリンクスとネクストをどれだけ保有するかがその企業の力の大きさを表してたとも言える。
だがリンクス戦争においてリンクスの希少性、そしてその希少性を機械的手段で完全に代替することが現状不可能であるという事実が露呈すると、リンクス戦争後の時代を描いたACfAではアームズフォート(AF)による物量戦が各企業の基本戦略となり、新装備の開発こそ行われるものの、リンクスとネクストは専ら企業が地上で繰り広げる小競り合いの尖兵として使い潰されるだけの存在と化していく。
とはいえ、アームズフォートでは対応困難な作戦が存在することも事実であり、ネクストはAFと比較して遥かに小型で機動力と隠密性に優れていることから、ある意味ですみ分けができている状況になったとも言える。

AZ(アズライト)シリーズ

ネクストの前段階として、コジマ技術の実証実験を行う為に開発された特殊ノーマルAC。
特殊部隊用ハイエンドモデルをベースに、AMSやプライマルアーマーといったネクストに用いられる機能が搭載されている。
ただし、既存のノーマルを改修した機体故にプライマルアーマー整波装置がシールドという形で外装されている。その結果PAに死角が存在するなど多くの欠点を持ち、完成度はネクストに一歩譲る形となっている。
中量二脚型のAZ01、重量型のAZ02、軽量型のAZ03の三機が存在し、ローゼンタールの特殊部隊「サフィラスフォース」で運用され、実戦における運用データを得る為に紛争地帯を転戦。
その後、サフィラスフォース用ネクストの完成が遅れた為に国家解体戦争にも参戦するが、その際に起きた事件がきっかけで1号機であるAZ01が企業の管理外へと解き放たれている。

シリーズに登場するネクストAC


関連タグ

アーマード・コア AC4

コメント