ピクシブ百科事典

リンクス

りんくす

アーマード・コア4系の機動兵器、アーマードコア・ネクスト(以下ネクスト) の搭乗者を指す。
目次[非表示]

曖昧さ回避

リンクスとは



解説

ネクストは操縦にアレゴリーマニピュレイトシステム(AMS)と呼ばれる搭乗者の脳と脊椎に直接接続し、脳波を読み取る装置を使用する。このAMSを使用するためには先天性の特殊な知覚能力が必要であり、これをAMS適性という。
この才能を持ち、ネクストと『繋がる(LINKする)』者という意味で、搭乗者達はリンクス(LINKs、またはLinx)と呼ばれる。
発音が同じであるため「山猫(Lynx)」と揶揄されることもある。
AMS適性の数値自体にも保持者によって個人差があり、操縦が可能であっても適性が低いリンクスは強い精神負荷による凄まじい苦痛を味わい、中には耐え切れずに心身に変調を来たしてしまう者もいる。
またネクスト自体が生体へ悪影響を与えるコジマ技術の塊であり、AMSによる精神的負担と殺人的な機動による肉体的負担もあって、リンクスは短命であると言われている。(王小龍のような例もあるため本当かどうかは不明)

基本的にリンクス達は企業管理機構に登録されており、それぞれ管理ナンバーが振られている。
特にネクストが最初に実戦に投入された国家解体戦争に参加した26人のリンクスは『オリジナル』と呼ばれ、その時の功績の大きさ順にNo.1~26までの管理ナンバーが当てられており、実戦経験の豊富さと高いAMS適性から総じて優れた戦闘能力を誇る。
No.27以降は国家解体戦争後に登録されたリンクスたちであり、単純に登録した順番になっているためリンクスとしての実戦経験はオリジナルに劣るものの、中には被験体などとしてネクストの搭乗歴自体は長い者や、上位オリジナルを凌駕する実力を持つ者もいる。
また、企業に与せず、登録ナンバーを持たない『イレギュラー』と呼ばれるリンクスも少数ながら存在している。
ACfAの時代では各企業がリンクスの占有権を表面上放棄、企業連管轄下のリンクス管理機構カラードに管理を委ねており、リンクス達にはその実力の順にカラードランクと呼ばれるナンバーが振られている。

希少なAMS適性保持者かつ一騎当千の戦闘力を誇るネクストを駆る存在であることから、リンクスにはプライドが高く一種の選民的意識を持つ者も多い(特にオリジナルや歳若いリンクス)が、AMS適性はあくまでも『ネクストの操縦に必要不可欠な能力』に過ぎず、それだけでは戦闘力に直結しない。戦術的な判断力や火器の運用技量などは別個の能力であり、高いAMS適性を持ちつつ兵士としても優秀な実力も兼ねるリンクスは自ずと限られることになる。
そのため、アマジーグアナトリアの傭兵等のようにAMS適性が低いにもかかわらず、戦闘経験と技術そのものを生かしたり、敢えて心身への負荷を受け入れて自身を追い詰めるなどして高い戦闘能力を発揮するリンクスもごく僅かではあるが存在する。

ちなみにAMS適性が低い上に戦闘技術も低いリンクスは粗製と呼ばれ、リンクス達の間では侮蔑の対象とされている。

AC4

※記事が存在するリンクスのみ記載



ACfA

※記事が存在するリンクスのみ記載

カラード所属


ORCA旅団所属


関連タグ

アーマード・コア AC4 ACfA ネクスト リンクス描いてみた
レイヴン イレギュラー ドミナント

pixivに投稿された作品 pixivで「リンクス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 324676

コメント