ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ドラゴンクエストⅤ

どらごんくえすとふぁいぶ

エニックス(現スクウェア・エニックス)より発売された『ドラゴンクエスト』シリーズの第5作目のこと。 正式名は『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』(ドラゴンクエストファイブ てんくうのはなよめ)。
目次 [非表示]

概要

ドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁』は、1992年9月27日スーパーファミコン(以下SFC)用ソフトとして発売され、その後リメイク版としてプレイステーション2(以下PS2)版とニンテンドーDS(以下DS)版、DS版をベースにしたスマートフォン版が発売されている。

本作は、シリーズ初のSFCソフトとして発売された。

本作はそれまでの常識であった「主人公勇者」という設定を採用していない。

また、モンスターを仲間にするシステムが導入され、これ以降の作品にも影響を与えている。


パパスと一緒おとうさん

ストーリーは、親子三代に渡る因縁を描いた大がかりなものになっており、具体的には主人公(プレイヤー)の幼少期、青年期(前期)、青年期(後期)に分かれている。

また、中盤に自らの花嫁を選択するという重要イベントが用意されていることも特徴的である。


余談ながら、発売日が延期に延期を繰り返し、最終的に半年以上遅れた(2度の延期により4ヶ月延期という説もある)ことは今となっては昔のお話である。この発売延期に関してインターネット黎明期には様々な噂が流れ、中には「プログラマーが逃げ出した」という素っ頓狂なものまであった。数年単位で発売延期が繰り返されるのが普通となった今では可愛いレベルであるが、この頃から「ドラクエ=発売延期」というイメージが確立され始めた。PS2版とスマートフォン版は延期なしで発売されている。


随所にダイの大冒険からオマージュしたと思われる設定・展開が見られるのも特徴。


2019年には本作を下敷きにしたCGアニメーション映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』が同年の8月2日から上映されたが、内容は……自分の目で確かめる事をお勧め致します。


主な登場人物

パーティーメンバー


主なNPC


主なモンスター


主な悪役キャラ


あれこれ

スーパーファミコンプレイステーション2ニンテンドーDS
ジャンル RPG同左同左
発売日 1992年9月27日(日)2004年3月25日(木)2008年7月17日(木)
価格 9,600円+税8,190円→廉価版2,940円5,490円→廉価版2,940円
発売元 エニックススクウェア・エニックス同左
開発 チュンソフトアルテピアッツァ同左
CERO A(全年齢対象)同左

関連イラスト

天空の花嫁親子

奴隷王族コンビ天空の花嫁

幸せ家族みな家族

父の背中お父さん どうして泣くの?


関連タグ

ドラゴンクエスト ドラクエ DQ


表記揺れ

DQ5 ドラゴンクエスト5 ドラゴンクエストV

ドラクエⅤ ドラクエ5 ドラクエV

天空物語(スピンオフ作品)

関連記事

親記事

天空シリーズ てんくうしりーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3854150

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました