ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ドラゴンクエストユアストーリー

どらごんくえすとゆあすとーりー

『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』とは、日本の人気RPGシリーズ『ドラゴンクエスト』の映画化作品。 監督・脚本は山崎貴。
目次 [非表示]

概要編集

ドラゴンクエストシリーズの中でも特に人気の高い『ドラゴンクエストⅤ』を主軸に置いた、シリーズ初の長編劇場版アニメ化作品。


ドラゴンクエストシリーズのアニメ化自体は、『ドラゴンクエスト 勇者アベル伝説』や『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』をはじめとして、前例がないわけではないが、ナンバリング本編における3DCGのアニメ化は初めての試みであり、良くも悪くも画期的な企画として注目を集めていた。


最終的な興行収入は14.2億円であり、人気タイトルの劇場版としては無難なところに落ち着いている。


タグとしては略称のユアストーリーが多い。

しかし、これを捩った「エアストーリー」と皮肉られることも。


3DCGアニメとして編集

漫画やアニメの2D画像を三次元化するトゥーンレンダリングの手法ではなく、映像そのものを3DCGで一から作り上げるタイプのアニメである為、原作で使用されている鳥山明氏のキャラクターデザインをそのまま流用しているのではなく、特に人間のモデリングに変更を行っている。

この点をどうとらえるかは、人によって違うと思われるので良いとも悪いとも言えないが、3DCGアニメとしての技術と言う点に関しては、正に日本の最高峰の技術を使用しており、映像技術と言う点に関してだけ言えば、冗談抜きに世界で通用するレベル。

その為、公開前は、鳥山明氏のキャラデザ派映画のキャラデザでもOK派で映画を評価する向きがあった。


主なキャスト編集


ノベライズ版編集

映画公開同日、ダッシュエックス文庫と集英社みらい文庫からノベライズ版が発売された。著者は宮本深礼。

基本的な内容は映画に準じているが、初盤と終盤は主人公視点で語られている。


裁判編集

『小説 ドラゴンクエストV』を執筆した小説家の久美沙織が、小説版の主人公の名称とそれに関するセリフが無断使用されたとして、映画の製作委員会を被告として本人訴訟を提起した。

2023年7月25日に証人尋問が行われ、陳述書の内容が公開された。


関連タグ編集

スクウェア・エニックス ドラゴンクエスト

ルパン三世THEFIRST:同監督の次回作。本作のラストと次回作のラストが似ているシーンがある。

二ノ国:同時期に公開されたアニメ映画。公開時期だけでなく、人気ゲームのアニメ化と言う企画上の共通点がある。


表記揺れ編集

ドラゴンクエストユア・ストーリー…公式では中黒(・)が入るものが使用されている。

ユアストーリー ユア・ストーリー

































































































「流石最新テクノロジーです。」


「ですが、所詮プログラム。」


「見せてあげましょう、世界の真実を。」

関連記事

親記事

山崎貴 やまざきたかし

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 35830

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました