ピクシブ百科事典

ルパン三世THEFIRST

るぱんさんせいざふぁーすと

ルパン三世THEFIRSTとは、2019年のルパン三世の劇場版作品で初のフル3D作品である。
目次[非表示]

『さぁ、はじめようぜ。』

概要

2019年12月6日公開の『ルパン三世』の映画作品。
令和時代初の劇場版長編作にして、シリーズ初のフル3DCGとなる。

映画作品としては通算10作目であるが、スピンオフ『LUPIN THE IIIRD』シリーズやコラボ作品『ルパン三世VS名探偵コナンTHEMOVIE』を除く、正統派の映画作品としては『DEAD OR ALIVE』以来実に23年ぶりの7作目と位置付けられる。

ルパン三世の3DCG化は原作者モンキー・パンチの長年の悲願であり、事実3DCGパイロットフィルムが既に制作されている(2012年のOVA「Master File」に収録)。プレスコで制作されており、収録は公開から2年半前、企画が動き出してからは約4年をかけて作られている。

監督・脚本は『リターナー』、『ALWAYS三丁目の夕日』シリーズ、『STANDBYMEドラえもん』というCGアニメなどで知られる山崎貴が務める。制作はマーザ・アニメーションプラネット(上記のパイロットフィルムの製作も担当)。

作風としては『カリオストロの城』やTVスペシャルのようなファミリー路線志向となっており、監督はルパンダイブ等のようなお色気要素は前記のコンセプトからあまり入れられなかったと話している。

本作では珍しく時系列が存在しており、実在しているカップヌードルが登場している。

あらすじ

ルパン三世の偉大な祖父である、かのアルセーヌ・ルパンが唯一盗むことに失敗した秘宝ブレッソン・ダイアリー
その謎を解き明かしたものは莫大な財宝を手にするといわれている。

そんな伝説のターゲットを狙うルパンは考古学を愛する少女レティシア(広瀬すず)と出会い、2人で協力して謎を解くことに。
しかし、ブレッソン・ダイアリーを狙う秘密組織の研究者ランベール(吉田鋼太郎)と、組織を操る謎の男ゲラルト(藤原竜也)が2人の前に立ちはだかる・・・・・・。
ブレッソン・ダイアリーに隠された驚愕の真実とは一体!?

パリメキシコブラジルーかつてないスケールのお宝争奪戦(ワールドミッション)が幕を開ける!!

評価

本作は「風魔一族の陰謀」とは別の意味で賛否両論となっており、特に「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」も観ていた観客からは「次元の無精髭だけは気に食わない」「ドラえもんはまだマシだったが、この二作は完全に駄作」「山崎作品だからこんな事になるだろうと思ってはいたが、思った以上にひどかった」「原作レイプ」「金をドブに捨ててしまった」などと辛辣な評価を下されている。

また、ルパンファンからも良くも悪くも「カリオストロの焼き直し」という評価をされ、山崎の「ルパンには『ハイテク』が似合わない」という発言にも、以後に放送されたTVスペシャルを見て「ガラケー全盛期にスマホを作れる様な腕前」を持つルパンを知っているために「コイツ絶対TVスペシャルを見ていないだろ」「カリオストロ『しか』見ていないのがバレバレ」とツッコまれている。

関連動画






関連タグ

ルパン三世
プリズン・オブ・ザ・パスト グッバイ・パートナー 峰不二子の嘘・・・2019年公開作

外部リンク

公式サイト
公式Twitter






































ネタバレ

今作のラスボスであるゲラルトはルパン三世に『そんなの生きてるわけないだろ。学校で習わなかったか?1945年に死んでまーす』といわれ激昂して『総統を侮辱するな!』と返すが(作中ではヒトラーは生存していると噂されていたがデマであった)、これは奇しくも山崎貴が前回担当した『ドラゴンクエスト・ユアストーリー』における流れの対比といえる。
ユアストーリーではラスボスが主人公に現実を突きつけていたが、この作品では主人公がラスボスに現実を突きつける。
現実を突きつけられた側が激昂してその言葉を否定するところまでの流れも同じである。
しかし(主人公とラスボスであることもあってか)その後の流れは大きく異なる。
ユアストーリーにおいて現実を突きつけられた側が精神面では有利であったため逆転するが、
この作品でにおいて現実を突きつけられた側が精神面では不利であったため押し切られている。

関連記事

親記事

ルパン三世長編シリーズ るぱんさんせいちょうへんしりーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ルパン三世THEFIRST」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ルパン三世THEFIRST」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 242378

コメント