ピクシブ百科事典

チョコラータ

ちょこらーた

漫画『ジョジョの奇妙な冒険 第五部 黄金の風』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

「3個か?甘いの3個ほしいのか?3個・・・イヤしんぼめ!!」
そして幸せだと感じる『2つ目』の状況は…‼︎

絶望したヤツを見おろす時だあああーーーッ!!

概要

チョコラータ先生


ゲスな性格がそのまま表れたような顔とカビのような形の緑色の髪が特徴。
紫色に縁どられた上下真っ白な服を着ており、この服にはこの男には似つかわしくない十字架がデザインされている。あと、へそ出し(+見せパン)である。

ギャング組織「パッショーネ」のボス直属の親衛隊ボスの切り札の一人。34歳で元医者。
2年ほど前、些細な医療ミスで患者を死なせ、病院を解雇されていた所を組織に拾われた。
しかし、実際はこのミスは意図的に行ったもので、健康な人をワザと病気と診断して手術をしたり、麻酔を弱くして手術途中で患者を目覚めさせたりしていた。
(ボス曰く「ヤツにミスがあるとすれば、バレてしまったこと」)
少年時代(アニメ版ではドレッドヘアのような髪型)にも、老人の介護と称して実験を行っており、老人を自殺に追い込んではこの様をビデオに録画していた。
9人自殺させたところでより効率よく観察出来る職業である医者を目指し始めたらしい。

これらの行為は全て人の死や痛みを観察し、知的好奇心を至上の幸福で満たすためである
その本質は真性のサイコパスであり正真正銘の狂人
チョコラータにとって人は全て実験動物でしかなく、自らの知的好奇心を満たすためには町の住民を皆殺しにしても何とも思わない。罪悪感が完全に欠如しているのだ。
吉良吉影が、女を殺す衝動が抑えられない殺人鬼ならば、チョコラータはその衝動を抑える気が全くないばかりか、どうやって殺すかということばかり考えている、より悪質な殺人マニアである。
しかも「絶望した奴を見下ろす時が幸福を感じる瞬間」とジョルノとの戦いで言い放っている。
ブチャラティに「吐き気を催す邪悪」とまで言われたボスも殺人に躊躇こそ見せなかったが、自身の正体を探れる可能性を持つ、という条件が無ければ殺人には至らなかった。
チョコラータを起用することに関しても親衛隊ではありながら、このような発動すると目立つ能力な上に、歯止めの効かないチョコラータの邪悪な性質のおかげでやむを得ずという程である。
現に滅多に他者に嫌悪を感じないと語るボス自身チョコラータについて「最低のゲス」「モンスター」と呼び嫌悪感をあらわにしている。
自分の悦楽の為にのみ人を苦しめ、無意味に殺人を行うチョコラータは、まさしく「最低のゲス」と言えるだろう。

この極悪な性格はスタンドにも無差別に攻撃する能力として現れている。
その暴走しがちな能力と本人の性格とが危険視され、セッコ共々ボスによって封じられていた。

常にセッコと行動を共にしており、セッコは基本的にチョコラータの命令しか聞かない。
二人のスタンド能力の相性は抜群である。
お互いのスタンド能力が絶妙にカバーし合うこのコンビはブチャラティとミスタに「この2人組、相性が良すぎる! 今まで出会ったどのチームよりも!(ブチャラティ)」「小指が赤い糸で結ばれてるコンビか、チクショオ!(ミスタ)」と言わせるほど。

セッコが大好きな角砂糖を投げ与える様子は対等なパートナー関係というよりもまるでペットと飼い主のようであり、角砂糖の芸や命令を忠実にこなすセッコをチョコラータは寵愛している。
「良お~~~し、よしよしよしよしよし……」と執拗なほどに撫でまわしながら褒めまくるチョコラータと、「ガリガリガリガリ」と無表情に角砂糖を食べるセッコの姿は、おぞましいながらもどこかユーモラスですらある。


しかし実は…


ソルベを輪切りにしたのは…

輪切りのソルベ制作


原作ではセッコと共に中ボスポジションのキャラであるため終盤の登場になるが、アニメ版では第10話のオリジナルエピソードでチョコラータと思しき男(また隣にもうセッコと思しきシルエットも確認できる)が登場している。

アニメではボスの正体を探ろうとした暗殺チームソルベジェラートを粛清したのは彼らという事になっている。
その殺害方法がえげつなく、ソルベの身体を生きたまま輪切りにし、その処刑を猿轡に縛り付けたジェラートの眼の前で行う事で自殺(窒息死)に追い込み、後日ソルベの輪切りにした遺体をホルマリン漬けにしたものを36枚の額縁に分けて暗殺チームの住所に送りつけた。
これには殺人に慣れている暗殺チームの面々ですら酷く動揺し、チョコラータの底知れぬ残虐性を視聴者に知らしめることとなった。

スタンド 「グリーン・デイ

センシティブな作品


【破壊力 - A / スピード - C / 射程距離 - A / 持続力 - A / 精密動作性 - E / 成長性 - A】

全身をカビで覆われたような姿の人型のスタンド。頭部や頚部に無数のパイプのようなものがあり、そこから生体を喰らう食人カビを散布する。食人カビは“現在の位置より少しでも低い所”に降りると繁殖を開始し、そのまま身体を痛みもないまま骨までグズグズに朽ち果てさせる。
カビの繁殖スピードは非常に早く、水路のボートへ飛び降りたナランチャはあっという間に全身を蝕まれ、バイクのドライバーが坂道を下っていくにつれ首だけを残して全身が崩壊し死亡するほど――つまり、『最低でも身体欠損』レベルのダメージを『確定』として押し付ける。カビの発生はスタンドが決めた“ルール”であるため、低位置に移動した時点で不可避。
有り体に言って、(目的を『対象を殺す』だけに絞るならば)この時点で既に「チート」である。

しかしながら、グリーン・デイの最大の特徴は射程距離にこそある。直接攻撃能力を持ったスタンドとしては恐らく最長の、条件付き無限

食人カビは散布された起点から半径10m程度の範囲を無差別に攻撃するうえに、カビの犠牲になった者の死体を追加起点として、無制限に攻撃範囲が広がって行く。よって、死体が増える度に有効射程がねずみ算に拡大していくため、人口密度が高い都市部ほど驚異度が天井知らずに上がることになる。スタンドの評価は【射程距離-A】だが、これは単にA以上の評価値が無いからというだけに過ぎない。
スタンドは能力者の精神が結んだ像であるため、グリーン・デイの射程は、そのままチョコラータの一点の良心も持たない残忍非道な性格を示している――チョコラータは無意識レベルでさえ『無用な殺戮』を愉しんでいる。ジョルノ曰く、どんな悪人でも心の底では殺人に対する抵抗があり、その罪悪感がスタンドの射程限界や「無意識のブレーキ」となって現れるのだが、チョコラータに限っては、この“枷”が無いのである。
例えばフーゴパープル・ヘイズプロシュートザ・グレイトフル・デッドもグリーン・ディに似て広範囲にわたって影響が及ぶ強力なスタンドであるが、パープル・ヘイズのウイルスは光に弱く、ザ・グレイトフル・デッドには氷を使用する事や寝ることで老化を遅らせる事ができるなど明確な限界や対処法が設定されているのに対し、グリーン・デイに限ってはこういった弱点はない

更に食人カビは生物であれば何でも朽ちさせることができることから、ジョルノの能力で生命を与えられた樹木なども勿論対象となるため、応用力も決して低くは無い(【成長性-A】)。
更にはチョコラータの医師としての知識と技量(人体実験の成果)を組み合わせることで、身体をメスで上手くバラバラにし、各部位にカビを取りつかせて止血することで自由自在に動くという奇抜な用法も見せており、形だけだがくっつけることも可能である(アニメでは、合体する際に傷口を縫合している)。チョコラータはこの能力を用いて物陰に隠れ、ジョルノに奇襲攻撃を行っている。

デザイン面においては、原作ではスタンドの下半身は描写されなかったが、PS2ゲーム版ではキノコの傘をひっくり返したようなものとして描写され、アニメではアイキャッチのスタンド紹介で、普通の2本足が描かれた。

なお、海外版ではグリーン・デイの名称が使えないため、Green Teaという名前になっている。たしかに語感は似ているが…。

軌跡

ボスの正体の手がかりを掴んだブチャラティ達を抹殺するべく、セッコと共に解き放たれた。
グリーン・デイの能力で漁村を壊滅させ、ローマ市内でも無差別攻撃を行い多くの市民を殺害した。なおこの時ボスはこの一件が終わった後で二人を自らの手で処刑するつもりであり、チョコラータのほうもボスの座を奪おうと考えていた。

ナランチャを負傷させ、ミスタをも戦闘不能にし、更にはジョルノも能力を利用して身体をバラバラに分離して攻撃する方法で追い詰め、ヘリコプターから落下させる。
カビに蝕まれるジョルノを見下ろして『幸福論』をブチ撒けたが、この漫画に置いてトドメを刺さずに勝ち誇るという、敗北パターンを行ったのが運の尽き。
次の瞬間にジョルノの策が炸裂。自らが朽ち果てさせた為に弾丸に戻った樹木がヘリのプロペラに当たって跳ね返り、頭部をぶち抜かれた。能力が解除され無事だったジョルノからは「お前には始めから勝っていた。だから幸福なんて全く感じない。」と告げられ、完全否定されている。
しかしまだ完全に倒れてはおらず、死んだ振りをしていたに過ぎなかった。ジョルノが「大人しくしていれば命だけは助ける」と言葉を続ける間に隙を突いて移動させた腕を用いてミスタを人質に取った……のだが、これもジョルノには読まれていた。
先ほど頭部に撃ち込まれた銃弾がクワガタに変化。頭部の傷口へ幼虫として戻り、成長して傷口を抉りながら外へ抜け出したため大ダメージを負う。ジョルノの「説得」がクワガタが生まれ戻るまでの時間稼ぎに過ぎず、「お前のような人間にそんな美味しい話があるわけが無い。」と最初から見逃すつもりなどなかったことを告げられたチョコラータは、自分のことを棚に上げて「なんてひどい野郎」と激昂し襲い掛かるが…………

ジョルノのゴールド・エクスペリエンスによる7ページ半(TVアニメ版では約30秒間)に渡る122連発無駄無駄ラッシュを打ち込まれ、その衝撃でゴミ収集車に文字通り「燃えるゴミ」としてバラバラのまま放り込まれ死亡した。

断末魔ヤッダーバァアァァァァアアアアア

余談

ジャンプで掲載された際、発音の関係で名前が後半からチョコラーと誤植されていたが、単行本並びに文庫版ではチョコラーに統一されている。ちなみにチョコラータはイタリア語でココアの事であり、チョコラートだと固形のチョコレートの事を指す。

スタンド名の元ネタはアメリカのパンクバンド「GREEN DAY」から。
行動を共にしているセッコのスタンド名もイギリスのロックバンド「Oasis」から来ているが、この二組は滅茶苦茶仲が悪い事が世界中で有名である。
わざわざ犬猿の仲であるこの二組をセットにしている事から、「荒木氏はGREEN DAYとOasisが嫌いなのでは?」という憶測がファンの間で立っている。

パンナコッタ・フーゴの代替キャラだったのでは?という憶測がファンの間では有名(情報のソースは不明)
実際のところ文庫版の裏話で語られるにはフーゴは初期設定ではボス側のスパイでジョルノ達を裏切り敵として再登場する予定だったが、荒木氏自身が漫画を描く上で生理的に嫌な気分になると同時に連載先の少年層を購買者の狙い目とした雑誌の読者をヤバイ気分にさせると判断し、フーゴは離脱するに至った。
しかし、パープル・ヘイズとグリーン・デイの能力が似ている事や、チョコラータ戦の前にウイルス学説の話が差し込まれる事、(恐らく)夜間での戦闘はフーゴのスタンドが全力を出し切れる時間帯である事など、フーゴがジョルノ達と戦う展開に至りそうな前振りが綺麗に揃っているところから上記のような噂が有力視されている。

チョコラータ戦の名場面ともいえる、チョコラータが7ページ半にもわたってジョルノに無駄無駄ラッシュを撃ち込まれる場面だが、テレビアニメ版ではこのシーンの再現のために6名ものアニメーターが特別に用意された。EDでも原画の担当とは別に無駄無駄原画担当としてクレジットされ、Twitterでトレンドいりもするなど大きな話題を呼んだ

上記のような極悪な性格や猟奇的な性癖などから、「ジョジョ史上で最も邪悪なキャラクターは?」という話題において歴代ボスと並んでチョコラータの名前が挙がることも多い。
そのため「ジョジョを読んだことはないけどチョコラータのことは知っている」という人も多いのではないだろうか。

CV


関連タグ

ジョジョの奇妙な冒険 5部 黄金の風 ジョジョ JOJO
スタンド スタンド使い ジョジョの奇妙な冒険・スタンド一覧
ボス親衛隊
ヤッダーバァアァァァァアアアアア 燃えるごみは月・水・金
無駄無駄原画

医者 狂気 シリアルキラー サイコキラー サイコパス 変態  悪人 マッドサイエンティスト ゲス

いともたやすく行われるえげつない行為 殺人鬼 吐き気を催す邪悪

カビビンガアオカビジン…殺人カビをまき散らす悪役繋がり。特に後者は頭部がチョコラータの髪型に似ていたりもするため、元ネタでは?と思う人も。

管制塔バルバトス(Fate)…チョコラータを越える長い長い断末魔を上げたレイドボス。そして管制塔バルバトスを担当したのはジョセフ・ジョースターを演じた杉田智和である。

関連記事

親記事

ボス親衛隊 ぼすしんえいたい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「チョコラータ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2338390

コメント