ピクシブ百科事典

ディアボロ(ジョジョの奇妙な冒険)

でぃあぼろ

漫画『ジョジョの奇妙な冒険 第五部 黄金の風』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

これは「試練」だ 過去に打ち勝てという「試練」とオレは受けとった

人の成長は…未熟な過去に打ち勝つことだとな…

概要

漫画「ジョジョの奇妙な冒険」の第5部、「黄金の風」のラスボスである。

ネアポリスを牛耳る巨大ギャング組織「パッショーネ」のボス。
1967年生まれの33歳(アニメ版では1965年生まれの35歳)。
ギャングにとって禁じ手とされてきた麻薬売買によって莫大な利益を得ている。ヨーロッパの麻薬犯罪の件数は1986年を境に急激に増加し、少年少女の麻薬犯罪とその死者が20倍以上となった。

人物

冷酷非情かつ慎重な性格をしており、組織にも一切顔を出さない用心深さから、その正体を知る者はほとんどいない状態であった。組織の運営においてはペリーコロカルネのような部下に命を差し出させるほどのカリスマを誇り、自身の情報は過去も含め一切外部に漏らさず、詮索しようとした者は誰であろうと容赦なく始末する。自分のためになることならばどんな悪事でもやるタイプの悪人で、何の罪もない人間を平然と不幸にする様から吐き気を催す邪悪ブローノ・ブチャラティに呼ばしめた。
とはいえの始末を邪魔したブチャラティに対し、功績を鑑みて何も見なかったことにして引き下がるように忠告したり、ホテルの部屋を掃除しに来た清掃員からスタンド能力で身を隠したりと、無意味に他者を傷つけるようなことはしていない。言い換えれば理由があればいくらでも冷酷になれるということである。事実、自分の秘密に気付いた占い師は躊躇なく殺害している。
なお新入りであるジョルノ・ジョバァーナが離反したブチャラティに迷いなくついて行ったことから、最初からボスである自分を倒すつもりで入団したと考え警戒を深めた。さらに彼のせいでブチャラティにとどめを刺せなかったため、追手として差し向けたスクアーロとティッツァーノにも一番用心しなくてはならないのはジョルノであると警告している。

実は二重人格者であり、気弱な少年ヴィネガー・ドッピオとひとつの肉体を共有している。単なる二重人格と異なる点は、もう一人分の魂を伴っていることである。シルバー・チャリオッツ・レクイエムが発動し個々人の魂が入れ替わった際はドッピオのみがブチャラティと入れ替わり、ディアボロは自在に人格を入れ替えられるという特技によって、自分を感知できるトリッシュの精神が入ったミスタの身体に自らの意志で移動することができた。
ドッピオと入れ替わる際は人格だけでなく体格や外見年齢なども変化する。ディアボロの人格がドッピオの姿で行動することも可能。この特異体質が、彼の正体の探索をさらに困難なものとしていた。彼を占った占い師は、「『光と影』『表と裏』『二つの人生』、その秘密を利用し決して諦める事ない性格で常に勝利をおさめてきている」「この秘密があるかぎり人の死がどんどんあなたを幸福にし、その栄華はすたれることがない」と評しており、彼の望み通り今までもこれからも輝ける未来があるとしていた。

ディアボロはドッピオに自身のスタンド能力である「エピタフ」を貸し与えており、ドッピオ単体が危ない目にあったとしても日常生活で死を迎える危険はまずない。さらにドッピオの身なりが整っていることと、ディアボロからクレジットカードを預けられていることから推察するに、普段のドッピオは組織の金で何不自由ない暮らしを送っているものと考えるのが妥当である。ディアボロはドッピオの重要性を理解しており、ドッピオの方もディアボロに忠義を尽くす十分すぎる理由があるといえるだろう。

ディアボロ」はイタリア語で「悪魔」の意。

容姿

キング・クリムゾンに酷似したギラついたような目をしており、ドッピオの状態でもディアボロの人格が表に出る時はこの目つきに変わる。ピンクの長髪に緑色の斑点がついているが、原作者によると染めているらしい。作者曰く豹柄にするとパンクっぽく見えるとのこと。
娘を引き渡す直前の独白シーンでは、ローブのようなものを着用していた。地下納骨堂における登場時は、正体が隠されていることもあり全身黒ずくめの表現がなされていたが、スーツとネクタイは確認できる。また他の人間による想像ではスーツの場合が多い。
正体を明かした際はドッピオのセーターを脱ぎ捨て、上半身は網のような肌着で戦っている。
スーツとネクタイ姿→全身を隠すローブ→顔以外が描写される→若い頃のデスマスクにより昔の素顔が判明→ラストバトルの前哨戦で全身が判明と、少しずつ段階を得て容姿が明らかになっていった。

スタンド「キング・クリムゾン

ディアボロ&キング・クリムゾン


時をすっ飛ばし、その飛ばした時間の中を自由に動ける能力を持つ。十数秒先の未来を予知する事も出来る。詳しくは該当記事を参照。

ディアボロの軌跡

母親は刑務所に服役していた女囚。刑務所で赤ん坊は育てられないため、ディアボロは母親の故郷であるサルディニア島の神父の養子となった。母親は銀行強盗と傷害の罪で10年の実刑を受け、女子刑務所に既に2年服役していた。ディアボロの父親にあたる男は2年以上前に死んでいるという。アニメでは少し補足されており、生まれた直後のディアボロは泣き声をまったくあげなかったばかりか、もう目を開いていた。アニメオリジナルだが、ありえない妊娠にありえない生まれを聞いた看守たちは驚きを隠せなかった。

19歳になった頃、部屋の床下に母親を生き埋めにしていたことが神父に知られ、村に放火して自らも死亡したように偽装し行方をくらました(なお、アニメでは秘密を知った神父をディアボロがツルハシで惨殺したことが示唆されている。表向きはどんくさいが優しい青年で通っており、ドナテラともこの頃に出会った)。 その後エジプトに渡り、スタンド能力を発現させるスタンドの矢を全部で6本発見。そのうち5本はエンヤ婆に高値で売り(アニメでは使い方を教わる代わりに売却)、残りの1本を組織拡大に利用していた。

組織を作る前はソリッド・ナーゾという偽名を使ってドナテラ・ウナとわずかだが交際しており、偶然子供を儲けていたが、そのことに気づかないまま彼女と別れてしまった(アニメオリジナルでは二人の出会いが描かれており、ディアボロに興味を持ったドナテラに対し、彼の方から一目惚れしたことで付き合いが始まった)。
後に己の死期を悟ったドナテラは死の数日前、娘のためにソリッド・ナーゾの捜索を周囲に依頼。その話を聞きつけた者たちは「ナーゾは若き日のボスの偽名。もしかするとトリッシュはボスの娘か?」と囁き始めたことでボスは娘の存在を知ることとなった。
組織のボスとなった後に自身につながる情報である娘のトリッシュ・ウナがいることを知ると、ポルポ(の後を継いだブチャラティ)に護衛を命令し連れてこさせ、自らの手で確実に始末しようとしたが引き渡しの際ブチャラティに阻止され計画は失敗する。親衛隊を差し向けるがいずれも返り討ちとなった。トリッシュを通じて自分への手がかりとなるであろうサルディニアにブチャラティ達が向かった際は「どんな部下であろうと任せられない」として直々に本人が始末しに向かっている。

故郷であるサルディニア島に手掛かりを探しに来たブチャラティをドッピオの人格で追う途中、暗殺チームのリーダーであるリゾット・ネエロに遭遇する。更にはリゾットとの戦闘が原因でブチャラティ達に存在を察知され窮地に陥ってしまうが、これを逆に利用してリゾットを始末し、危機を脱すると隙を突いてレオーネ・アバッキオの腹部を貫いて殺害した。

その後、ローマ・コロッセオで矢の秘密を教えようとしていたジャン=ピエール・ポルナレフと、チームのレーダー役を担うナランチャ・ギルガを殺害した。
そして矢の秘密を知り、娘を手に掛けて矢を奪おうとするも、ブチャラティの自分の命を犠牲にした行為によって失敗し、ジョルノに矢を使われてしまった。

追い詰められたボスは一時撤退することを考えたものの、常に絶頂であり続けること、そしていつだって危機を乗り越えてきたという帝王の誇りにかけてジョルノの抹殺を決意。キング・クリムゾンの能力によってミスタの銃弾を難なくかわし、ジョルノに血の目潰しを仕掛け、視界を封じてから心臓をブチ抜いて勝利する――

本来ならこれがディアボロが辿るべき勝利者としての未来の結果のはずだった。
矢を使ったジョルノが発現したゴールド・エクスペリエンス・レクイエムに無敵だと思っていた自身のスタンド能力は無効化され、ディアボロが辿り着くはずだった勝利者としての未来はなかったことにされた。無駄無駄ラッシュを食らわされたことで死んだという結果にすら到達出来ず、皮肉にも自身が蔓延させた薬物の中毒者に刺されたり、犬に吠えられた拍子にバランスを崩して道路に倒れ車に轢かれたりと、いつどこから襲ってくるかもわからない死の恐怖に少女が声をかけて来ただけでも叫び出すほど怯えながら、彼は世界のどこかで死に続けることとなった。

名言

「これは『試練』だ。過去に打ち勝てという『試練』とオレは受け取った」
「何かわからんがくらえッ!」
「『帝王』はこのディアボロだッ! 依然変わりなくッ!」
オレのそばに近寄るなああーッ

ASBにおけるディアボロ

ジョジョの奇妙な冒険オールスターバトル』で登場したディアボロは森川智之の迫力ある演技もあり、圧倒的な威圧感を発揮した。

発売前のオールスターバトルリーグではキング・クリムゾンの能力の再現(ミスタの弾丸、花京院のエメラルド・スプラッシュなどを、時間を消し飛ばしてことごとく回避。また、エピタフで未来予知をしての自動回避)を見せたことや、カーズとの対決で輝彩滑刀をキング・クリムゾンによる時間消去で次々とかわすという、ファン大歓喜の大接戦を見せ、ディアボロの強キャラぶりを見せつけた。

実際の性能は、原作の慎重さを意識してかゲージ技は自動回避・当身しかないが、コンボ火力が高く、リーチの短さも当身技「『時間を消し去って』飛び越えさせた…!!」で軽々と接近可能。
特に、喰らい中にゲージを消費して攻撃を回避できる「無意味な行為だったな」の性能がぶっ飛んでおり、相手のコンボを一方的に拒否してコンボを入れることが可能。発売当初はゲージ0.5消費だったこともあり、ゲージ技を捨てて「無意味~」にゲージを使い、コンボや差し合いで回収したゲージを「無意味~」に使う、という「ずっと俺のターン」が可能だった(現在では1.5消費になっている)。社長自ら「原作再現に重きを置いたので対戦バランスは考えてない」というだけあって、吐き気を催す邪悪っぷりがよく現れているといえよう。

キャラランクでも発売当初からDIOと並んで最上位に位置し、アップデートがなされた現在でも最強の位置から揺るがない。圧倒的な存在感と、ディアボロの秘めた恐ろしさを再確認させた。

EoHにおけるディアボロ

ストーリーの終盤に登場。天国DIOが起こした異変の影響によりG・E・レクイエムの能力から解放され、再びコロッセオにてジョルノたちと相見える。その気になればジョースター一行の何人かは殺せたが、あえてそうはせずジョルノたちの前に姿を現した。先の戦いに敗れ地位も金も全てを失ったディアボロだが、彼が最も取り戻したかったのは帝王の誇りであった。そのためにやることはただ一つ。ジョルノを倒して先に進む…今のディアボロの目的は、ただそれだけだった。
だが激戦の末に膝をついたのは、またもやディアボロだった。ジョルノから「同じことを何度もするのは無駄」と言われ、ディアボロは次こそは勝つと言い残して去って行った。

以降はストーリーに登場しないが、この続きは一応ミッション(番外編的なバトル)にて描かれた。フーゴとタッグを組んで再戦を仕掛けてきた後、今度は味方になったフーゴがジョルノとタッグを組んでディアボロに挑む。四度に渡ってジョルノと戦いを繰り広げたが、ディアボロが勝利という真実に到達することはなかった。他にもトリッシュと組んで、DIO(3部)&ジョルノと戦うミッションも存在する。当然、娘からはまったく信用されていない。勝利した場合は「娘の能力からキング・クリムゾンの秘密が明かされることは決してない」と言うが、娘には「保身のためだけに動く邪悪」と言い切られた。

担当声優

宮本充(黄金の旋風)
森川智之オールスターバトルアイズオブヘブン
小西克幸(TVアニメ版)

関連イラスト

パッショーネが俺にもっと輝けと囁いている。
帝王



関連タグ

ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 ジョジョ 吐き気を催す邪悪 ドッピオ

関連記事

親記事

パッショーネ ぱっしょーね

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ディアボロ(ジョジョの奇妙な冒険)」のイラストを見る

ディアボロ(ジョジョの奇妙な冒険)のBOOTHアイテム

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1103079

コメント