2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

サーレー

さーれー

「ジョジョの奇妙な冒険」第5部「黄金の風」に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

希望とやる気がムンムンわいてくるじゃあねーかッ!

概要

ギャング組織「パッショーネ」の一員。名前の由来はイタリア語で塩を意味するSale(サーレー)から。
「パッショーネ」幹部であったポルポの死を知り、その遺産を手に入れるべく相棒のズッケェロと共にブチャラティチームを追跡した。

なお、彼とズッケェロの目的は終始単純にポルポの遺産と地位であり、この後に繰り広げられる護衛チーム暗殺チーム、更にはボス及びその親衛隊を巻き込んだ一連の抗争とは特に関係ない
言わば情報を掴むのが早く野心的な組織の熱意ある若手に過ぎず、そのためか明確に敵対したキャラにも関わらず命は取らず見逃されている。

日頃から用心深い性格だったのか、帽子をかぶってなるべく姿を人前に見せないように行動している模様。当初は容姿が不明であり、全身に影が掛かっているため言葉遣いから男性とくらいしかわからなかった。
口調はいかにも若いチンピラといった感じで、性格は気分屋の上、かなり前向き。ミスタに撃たれた時も『ポルポの遺産がマジにある』という証明として受け取り、やる気がムンムン湧いてくるとハイになっていた。余裕がある時は「避けるのがめんどくさい」という理由で自分から口を開けて銃弾を叩き込まれるなど常軌を逸した行為をとった。もちろん口腔を撃たれても死なないという自信があったからなのだろうが、それでも痛いものは痛いはず。だが苦痛を凌駕する歓喜を得ていた彼にとって然したる問題ではなかったようだ。

作中での動き

ポルポの死後、新たなる敵の一人として登場。ポルポの遺産を巡ってブチャラティチームと激突することになる。予定ではズッケェロがブチャラティ達の船に忍び込み、全員を捕えた上で合流する手筈だったが、アバッキオスタンドムーディー・ブルースによって存在がばれてしまったズッケェロは敗北して逆に捕虜になってしまう。ズッケェロには相棒がいることを知ったジョルノミスタは、先手を打ってカプリ島に上陸するが、サーレーはズッケェロにアクシデントが起こったことを機敏に察知して逃走。追ってきたミスタと交戦する。

トラックを舞台とした戦いでは自身のスタンドを駆使してダメージを受けつつもミスタに深手を負わせる。だがセックス・ピストルズによって脳天に銃弾をさらに押し込まれ、死には至らなかったものの気絶して戦闘不能になる。その後は相棒のズッケェロともどもブチャラティ達が乗ってきた船に放置された。原作では以降の顛末は不明。

PS2ゲーム版

こちらにも登場するがズッケェロ同様コミック形式のみの登場となった。そのためキャラクターとして戦うことはできず、メインストーリーにも登場しなかった。

声優


小説「恥知らずのパープルヘイズ

組織のボスに成り代わったジョルノに命じられ、かつて敵対した罪を清算するためにズッケェロと共に、組織の負の遺産、麻薬チームに接近する。
しかし、「他者を重度の麻薬中毒患者と同じ症状にする」能力を持つアンジェリカと「受けたダメージの70%を反射する」能力を持つビットリオの前に敗北。
この際、心臓を直接固定し、強制的に心臓をえぐり出すという非常にえげつない攻撃方法を使っていた。しかし、その能力は結局70%自分に帰って来てしまったのだが。

ちなみに前述の名前故かビットリオに「しょっぱい名前」とからかわれている。

スタンド『クラフト・ワーク

クラフトワーク


【破壊力 - A / スピード - A / 射程距離 - E / 持続力 - C / 精密動作性 - E / 成長性 - E】

本体やスタンドが触れた物体をその場に固定する人型のスタンド。
詳細は該当記事を参照。

関連イラスト

おれの勝ちだッ!
塩詰め



関連タグ

ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 ジョジョの奇妙な冒険・スタンド一覧 クラフト・ワーク
パッショーネ マリオ・ズッケェロ

関連記事

親記事

パッショーネ ぱっしょーね

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「サーレー」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「サーレー」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 914259

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました