ピクシブ百科事典

グイード・ミスタ

ぐいーどみすた

グイード・ミスタとは『ジョジョの奇妙な冒険』に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

キスでもしてんだな…
スピードがついてる分だけ、『道路さん』に熱烈なヤツをよォーッ

プロフィール

名前(年齢)グイード・ミスタ(18歳)
スタンドセックス・ピストルズ
生年月日1982年12月3日
血液型B
身長179cm
好きな映画プリティ・ウーマン」「マディソン郡の橋
好きな音楽カーペンターズ
好きな食べ物トスカーナ地方の白マメ、トリッパ、ピッツァ
嫌いなもの「4」という数、寝てる時ギターの練習をする隣人の学生
ヒーローロベルト・バッジョモニカ・ベルッチ
性格彼は基本的に「神」というものを信じている。はた目からどんなつらい状況に落ち入ってるように見えても、彼は「自分は助かる」「危機は絶対自分をさけて通りすぎる」と楽天的に考えており、実際今まではそのとおりになっている。ただし「4」という数字がかかわるとだめである。その数字に関する事を彼が気にし出したら、とたんに消極的な性格になり、とるにたらない事にもおびえる。(ジャンプコミックス62巻より)


概要

第5部「黄金の風」に登場する護衛チームの一人。18歳。明るく享楽的なチンピラ風ギャングで、チームのラッキーボーイ的存在。

経歴

17歳の頃まではそれなりに楽しく自由気ままな人生を送っていたが、ある時乱暴されていた女性を助けようとして、3人組のゴロツキに絡まれた挙げ句拳銃で撃たれそうになる羽目に陥った。
しかし、絶体絶命のピンチにあってミスタはある種の才能に目覚める。パニクっていたゴロツキどもの銃弾はかすりもせず、逆に極限の集中力と冷静さを保っていたミスタは、相手から拳銃と弾丸を奪って弾を込め直し、逆に3人を返り討ちにするという作業を全て無傷で行った。
もちろん当事者にしてみれば「正当防衛」ではある。しかし、「無傷で拳銃を持ったチンピラ3人を殺害」という現実離れした所行を誰にも信じて貰えず、犯罪者と見なされ禁固30年の判決を受けてしまった(助けた女性も恐れをなして逃げてしまったので立証出来ず)。しかし真実を見抜いたブローノ・ブチャラティに拾われ、入団テストをクリアし、ギャング組織パッショーネの一員となった。

最終的に元々のブチャラティチームの中で(途中で決別したフーゴを除き)唯一生き残った人物となった。
本編後を描いたスピンオフ小説「恥知らずのパープルヘイズ」では、幹部の自覚からか本編中よりもギャングらしい冷徹さが増し、「凄腕の拳銃使い」として畏れられる裏社会の有名人になっている模様。

人物

性格

単純かつ直情的で、正しいと思った事は正しいとはっきり言うタイプ。
その性格もあり、チーム員の中では、特にアバッキオにはかなり警戒されていた新入りのジョルノと共に行動した最初の人物である。

チームの中ではジョルノと仲がいい方であり、スタンド能力の相性も良い。
その絆たるや、ギアッチョ戦ラストでふたりの友情を目撃したナランチャ
「見ていない!オレは見てないぞ。なあーんも見てないッ!」 と言わせるほど。

また、「4」という数字が絡むとダメだというジンクスを信じている。
この考え方は日本の慣習から来ているものではなく、彼の実体験に基づくものである。
実際、チンピラ3人を返り討ちにした際も「4」発の弾丸を発射しており、故に4という数字を非常に忌み嫌っている。

ディスクを入手出来るであろうタイミングだったにもかかわらずギアッチョを確実に仕留める事を優先する、裏切ったブチャラティに「組織の幹部に昇格できるかもしれない」という理由で同行するなど一見無謀とも取れる行動を何度も取っているが、これは本編でジョルノに出会う前に死期が近い人間を察知するとその姿の彫刻になるスタンド使いの彫刻家と接触した事が大きく関係している。

そのスタンドにブチャラティの姿は刻まれていたが、自らの姿が刻まれていなかった事から「自分は近い将来死亡する運命ではない」事を兼ねてから知っていた(アバッキオ、ナランチャは刻まれていた)。ギャングの世界においては任務失敗≒死を意味する。ミスタはその事を知っていたからこそこれらの行為を取ったのは想像に難くない。

出会ったばかりのジョルノに好意的に接していたのも「自分の命を奪うような害のある存在ではない」事や「自分が死なない運命にある決め手(実際スタンドが成長し治癒能力を得ている)」である事を見抜いていたためと思われる。

一見無謀とも取れる行為の数々も「自分が死なない=結果的に無謀ではない」事を知っていたからこその合理的判断であり、ジョジョシリーズの例に漏れずかなり冷静な判断が出来る人物だとわかる。良くも悪くもあの彫刻家に出会った事が彼の運命と判断を大きく変えたといえよう。

容姿

トラ柄の長ズボンにブーツ、上はナナメに線が入ったセーターのような服(ヘソ出し)を着ており、ガンマンらしくブーツの中などいたるところに銃弾を隠し持っている。
特徴的なのが帽子で、回想シーンではニット帽だったが、現在は耳まで隠れるヘルメットのような特徴的な形状の帽子を常時着用。その帽子からも、頭を振るだけで銃弾が出せるようになっている。

帽子を脱ぐ事が一度も無かった上に髪の毛を覆うような形であるため、髪型が確認できない。
pixivでは普通の黒髪ショート説が有力。

これがミスタの髪型だ!


これはまあ…うん…

ワキガ

物語終盤、シルバー・チャリオッツ・レクイエムの『近くにいる生物と精神を入れ替える』という能力でトリッシュと精神が入れ替わったのだが、その際
「なによこの顔この体ーーッ!! くっ、くさいッ!あたしすごくワキガ臭いわあーッ!!」と言われてしまった。
このセリフがジョジョファンの心に残ったのか、彼は度々「ワキガ」と呼ばれている。
挙げ句の果てにpixiv百科事典のミスタの記事が長年「ワキガ」の一言だけで済まされていた始末。あんまりだ。
ただしトリッシュは潔癖症な一面があったため、ミスタの肉体に入ったことで過剰に反応したとも考えられる=本当に彼がワキガだったのかは賛否が別れる…かもしれない。

スタンド「セックス・ピストルズ

¤


弾丸に憑りつき弾道を自由に操作する群体型スタンド。
詳しくは該当記事を参照。

ミスタの愛銃は短銃身の六連発リボルバー拳銃。
実在する銃の中では、ハンマーシュラウド(撃鉄部分を覆い隠してしまうカバー)が特徴的なデザインの「S&W M49ボディガード」がミスタのものに近い外見を持つが、現実のM49ボディガードは装弾数が「五発」。
たびたびファンの間では議論になるが、実在の拳銃ではないだろう。

担当声優

伊藤健太郎(黄金の旋風)
赤羽根健治(オールスターバトルアイズオブヘブン、ウルジャンCM)
鳥海浩輔(アニメ)…EOHではスポーツ・マックスを演じた。

関連イラスト

おめでとうございミスタ
4444


JOJOLOG2
ピッツァ!



関連タグ

ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 護衛チーム
ジョルノ・ジョバァーナ ブローノ・ブチャラティ ナランチャ・ギルガ レオーネ・アバッキオ
トリッシュ・ウナ パンナコッタ・フーゴ ジャン=ピエール・ポルナレフ
プロシュート ギアッチョ ディアボロ

pixivに投稿された作品 pixivで「グイード・ミスタ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1146612

コメント