ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

アッー!

あっー

「アッー!」とは、某プロ野球選手のTDNが発した言葉で、ネット用語のひとつ。男性の同性愛を連想させる用語。
目次 [非表示]

由来

由来は2002年にプロ野球および大学野球で起きたスキャンダル。


伝統ある東京六大学リーグで活躍する立教大学のエース投手・多田野数人は、プロ野球チームの横浜ベイスターズからのドラフト1位指名も予想される将来を嘱望されていた大学生だったが、2002年の夏ごろからネット掲示板や週刊誌で「ゲイビデオに多田野そっくりの男が野球部の後輩たちと出演している」との噂が流れ、立教大学野球部の監督が事実を認めた(その後、多田野選手は「金銭目的の出演」であり、「彼自身はゲイではない」と弁明した※) 。


  • ※とはいえ雑誌のインタビューに答えた監督から「『合宿先で後輩を襲った』前例が何度もあった」と供述した事や、2年後の2004年、プロ野球界を揺るがした裏金提供問題の発覚により、有望な大学・社会人選手アマチュア時代からの「栄養費」なる名目で有望なドラフト候補生たちは誰もプロ球団からの裏金を受け取ってリッチな学生生活が送れていたことが濃厚なので、ドラフト1位候補の多田野が「カネに困って」という言い訳は…う、羽毛

そのゲイビデオは、作品内容の過激さや独特なセリフやパッケージ紹介文、さらに多田野数人選手が出演していた事実が発覚したことも相まって、ネット上の一部で流行し始めた。


「ッ」の後に「ー」が続くという発声の不可能性からネットミームとしてウケ、やがて同性愛関係で「ア」のつく発声を表記する際に多用されるようになった。


発祥の謎

「アッー」の発祥は、2chのTDNスレとみられるが、経緯については考古学上大きな謎となっている。


長らく定説であったのが「アーッ!」もしくは「アッ!」を「アッー!」と間違えたという説である。しかし誰が間違えたのかは不明で、週刊誌が間違えた、週刊誌を写したネット民が間違えた、感嘆符「!」を縦の伸ばし棒「|」と誤認した、ネット民が淫夢1章を文字起こしして間違えた、TDNではなく監督のたまげたときの「アッ」が由来、などと揺れがあった。


最有力説とみられていた週刊誌誤記説は10年近く信じられていたが、2012年末になって再確認された該当記事(『週刊現代』2002年11月9日号 pp.210-213)には「アッ」「アーッ!」としか書かれていなかったことが発覚。


もうひとつのネット民誤記説も証拠が発掘されていない。2003年の2ch各板の多田野スレでは、それどころか逆にTDNのあえぎ声「アーッ」や「アー」などが「アッー」に先行して流行していることが見て取れる。ついでにこの時期といえば「ウホッ」が多用されている。


ネット民による週刊誌の書き写しも正確であり、その後流通したコピペにある監督のたまげたときの「アッー!」に関しては、「アッー!」が流行した後代に改変されたものである。


2004年前半の野球総合板の多田野スレで「アッー」の流行が徐々に始まり「アーッ」を置き換えていく様子が確認できるが(少なくとも2004年1月28日には存在)、ここが発祥地なのかも含めてその他一切のことは分かりません!(チャ


発音

文法上発音することは不可能だが、声に出して朗読する際は「アーッ!」で代用することが多く、この単語を面白がる人達は「TDNのみ発音ができる」などとすることがある。


日本語ローマ字表記のシステムを超越しているので音写は不明だが、その使われ方から"aargh!"[ɑːr]という表記あたりになると思われる。


関連事項

長らく淫夢ネタがマイナーだったので淫夢ネタとして認知されることはそれほど多くなかった。

その後野獣先輩ブームが起き、「ンアッー」の叫び声とともに再び有名になった(ただ多田野の発音とはかなり異なる)。


レスリングシリーズ

センシティブな作品

アメリカのゲイビデオ「レスリングシリーズ」においても兄貴ことビリー・ヘリントン木吉カズヤ戦にてナウい息子に攻撃を受けた際にこのセリフを発している。この動画の6:35あたりで確認可能。


フタエノキワミ、アッー!

キワミ

アニメ版「るろうに剣心」において、相楽左之助が「二重の極み!てやぁああ!!!」と叫ぶシーンがある。それが英語吹き替えでは「フタエノキワミ、アッー!」と聞こえる事から、作品はゲイなどと関連無しだが、叫ぶ所が「アッー!」そのもので、空耳ジャンルに含まれる。


ンアッー!(≧Д≦)

いきすぎた野獣先輩の叫び声。


ああ^~

変態糞親父の書き込みより。ただのタイプミスなのだが興奮が伝わってくる文面がウケて、悦楽を表す表現として使われている。


デストロイアッー!

破滅の悪魔

ゴジラVSデストロイア』に登場する敵怪獣。英語表記では大人の事情なのか「Destroyer」ではなく「Destroyah」と綴るため、カタカナでは「デストロイアッー!!!」と表記されるようになってしまった。


赤坂泰彦のミリオンナイツ

(以下一部文章 『ジャニーズ百科事典』 赤木さとし エピソード欄より引用)

1997年2月4日、TOKYO FMの深夜ラジオ番組『赤坂泰彦のミリオンナイツ』内の人気コーナー「うさんくさいPOPS」にて、赤木の曲『マサオ』が紹介された。 すると、そのインパクトの強い曲の内容が大変な反響を呼び、以後何度も同曲が番組で取り上げられるようになった。

そして同年8月19日には、SEや他の曲をミックスしたスペシャルリミックスバージョン『マサオ Remix ~ Altanative underground human nature mix, up & down, why did you ever go?』が番組内で作られ放送された。


 これがその曲である 『マサオ Remix ~ Altanative underground human nature mix, up & down, why did you ever go?』

(注・読み方)まさお りみっくす おるたないてぃぶ あんだーぐらうんど ひゅーまん ねいちゃー みっくす、あっぷ あんど だうん、ほわぃ でぃじゅ えばー ごー?


 (ニコニコ動画より 1997.08.19 放送回 3:20位からのSE音に注意)


曲中ではマサオとの関係の箇所に、2回の発音の異なる「アッー!」と「ああ^~」の間のような音がSEとして使われている。

「うさんくさいPOPS」は毒舌放送コードにギリギリ掛かるツッコミを、音響担当がピー音の替わりに多様なSEを被せる、当時流行の音響担当ネタコーナーだった。


当時、番組内でこのSEはDJ赤坂からスタッフに対する弄りやイタズラに困った時のスタッフ側の悲鳴や合いの手として使われていたが、『マサオ Remix』によりラジオSEとして男性の同性愛を連想させる効果音として使用された。


時系列上5W1H

When(日時は)・・・1997年2月4日 火曜日 午後11時帯(当時、深夜放送の鉄板)

Where(場所は)・・・TOKYO FM 赤坂泰彦のミリオンナイツ 放送スタジオ

Who(どの人が)・・・DJ赤坂泰彦と番組制作スタッフ

What(内容は)・・・火曜日深夜帯のうさんくさいポップスコーナーにて

Why(理由は)・・・うさんくさい音源ネタを集め放送して、全国のリスナーから笑いをとる

How(方法は)・・・赤木さとし『マサオ』を紹介しつつ、ツッコミを入れていたら


 (ニコニコ動画より 1997.02.04 放送回)

イントロだけでも強烈 (メリー・ジェーンのパクリ+マサオシャウト

火曜日の夜、勉強するふりして深夜ラジオを聴きバカ笑いを抑えるのに苦労したあの頃

 以後、番組内で超ロングセラー曲となり ハッテンしてゆく……


 ランキングチャート発表時の赤木さとし『マサオ』に対する呼び出し例

 ・禁断のティーンネイジャー 赤木さとしで『マサオ』

 ・今週は〇位に喰い込んで来ました (注・わざとらしく)

 ・これぞチャートのアップ&ダウン チャートからは落ちません


 後日談 うさんくさいポップス ただの最終回 1997.09.23 放送回にて

第九位 マサオ Remix ~ Altanative underground human nature mix, up & down, why did you ever go?


 更に時は流れ Voicy 赤坂泰彦のラジオグラフィティー 2021.11.10 放送回にて

ナインティーズベストテン 90年代を象徴する曲 第十位 マサオ (注・組織票除く)

  

pixiv上での使用法

センシティブな作品鉄骨テクニック

元ネタ準拠の絵にももちろん付けられるが、ゲイ繋がりでくそみそテクニックを題材にしている絵に付けられる事の方が多い。

また、ゲイに限らずただ単に後ろに何かを入れている、もしくは入れられそうなシチュエーションであれば、たとえそれが女性同士であろうと使われる場合がある。


絶望と虚無の果てに

そのほか、ただ「大変な失敗をやらかした」シーンに対するリアクションとしても用いられたりする。


関連タグ

TDN TNOK 真夏の夜の淫夢 アッーニメ ウホッ

キマシタワー - 性的な意味での対義語。

表記揺れ:アッー! アッー アッー アッー! アッー!!

超獣戦隊ライブマン主題歌のイントロ部分のシャウトがファンの中には『アッー!』と認識されることもある。

放送法上の公式:確認範疇内では、ラジオ放送にてFM全国ネットで1997年8月19日となる。

TOKYOFM 赤坂泰彦のミリオンナイツ『マサオ Remix』、ラジオSE

外部リンク

アニヲタwiki内の同名記事

関連記事

親記事

ニコニコ動画 にこにこどうが

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14912427

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました