ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

元々「突っ込む」という動詞から生じた言葉で、「勢いよく何かにぶつかること」や「深く突入すること」などを意味していた。

関西を中心としたお笑い文化の浸透によって、現在では漫才などの「ボケ役」に相対する役としてのイメージが強くなっている。

お笑い・フィクションにおけるツッコミ

登場人物たちによる漫才・コントが多用されるギャグ色が強い漫画・アニメ・小説等の物語作品では、ボケは飽和状態なのにツッコミは数えるほどしかいないということが往々にしてある。

そういった作品の場合、ツッコミ役が何かの都合で不在・休業状態になると、どこまでもボケは加速し、シュールさは過熱し、話が一向に進まなくなる。

それを正して軌道修正するのがツッコミ役なのである。それと同時に見ている人たちにボケの面白さ・おかしさをわかりやすく伝える役割も果たしている。
一見簡単な役割にも見えるが、実際は語彙の豊富さ・緻密なタイミング・適度な力加減が求められるものである。

なお、漫才におけるトボケ役とツッコミ役という概念は1950~60年代に発祥し、70~80年代にはボケとツッコミとして確立したとされる。

日本独自の文化のため、海外だとボケとツッコミの概念がイマイチ伝わりにくいらしく、ビュティ志村新八といったツッコミ担当は「ギャーギャーギャーギャーやかましいんだよ発情期ですかコノヤロー」とか「激おこぷんぷん丸」だと思われているらしい。実際に銀魂でも弄られており、「どこの国だコるぁ!!てめーらツッコミの重要性わかってねーんだよ!!」と本人もキレている(無論、暴言ではなく、ツッコミを実演しているだけである)。

主なツッコミ担当キャラ

アニメ


漫画


ライトノベル


ゲーム


特撮


実在のツッコミ担当者


キャラクターのモチーフとしての扱い

基本真面目で常識的なキャラクターが多い。ギャグマンガ・アニメではボケキャラがほとんどなので一人ですべてのボケにツッコミを入れるキャラが多い。
但し、漫才のツッコミとは違いボケにまわることも暫しあり、ツッコミを放棄したり、おっちょこちょいなことをやらかしたり、風邪などの理由でできなかったり、ボケキャラのノリ乗っかてしたりして一緒にボケる者もいる。また、暴走するとボケキャラ以上のことをしでかすキャラクターもいる。
ボケキャラでもそれ以上に非常識な存在やツッコミ役がボケた時など、場合によってはツッコミをいれる場合もあり、ボケとツッコミをこなす複合型もいる。

関連タグ

ギャグ(関連タグのまとめあり)
ハリセン なんでやねん ノリツッコミ
関西弁 真面目 まとも 不憫 ギャグキャラ ネタキャラ
ギャグ漫画 ギャグアニメ カオスアニメ 日常系
ボケ お笑い 漫才 お笑い芸人 コント
突っ込みどころ満載 お前が言うな / おまいう どうしてこうなった 何があった これはひどい おいやめろ お前じゃねえ座ってろ それはひょっとしてギャグで言ってるのか!? 駄目だこいつ…早く何とかしないと… そうはならんやろ
愛すべき馬鹿

関連記事

親記事

お笑い おわらい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ツッコミ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ツッコミ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 707357

コメント