ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

怒りを表す言葉の一種。
怒っている状態を示す「おこ」というギャル語から派生したもので、「とても怒っている」様子を意味する。
2013年3月の初旬にTwitterで「ギャルによる怒りの6段活用」として紹介され、各所で話題になった。さらに4月にはメディアでも取り上げられている。

怒りの6段活用表

弱めおこ
普通まじおこ
強め激おこぷんぷん丸
最上級ムカ着火ファイヤー
爆発カム着火インフェルノォォォォオオウ
激おこスティックファイナリアリティぷんぷんドリーム


その後、Lv.7~Lv.15までが新たに作られた。

Lv7憤怒バーニングファッキンストリーム
Lv8大噴火レジェントサイクロンフレアァァッ
Lv9魔神・大噴火レジェンドサイクロンフレアァァァ
Lv10神魔王・大噴火レジェンドサイクロンフレアぁぁぁぁぁ!!!!!!
Lv11超新星・エンシェントジェノサイドブレイバァァァ
Lv12超新星・ムカおこエンドオブエンシェントジェノサイドブレイバァァァ
Lv13スーパーノヴァギャラクシーエンジェルフレイムシンセサイザァァァァァ
Lv14ビッグバンテラおこサンシャインヴィーナスバベルキレキレマスター
Lv15ユニバァーーーーーーース激激

なお、相手が正気を逸脱して怒り狂っている場合はこのような冗談めかした表現にはならないので、逃げるなり本気で詫びを入れるなりし、間違ってもこの6段活用を使って茶化すような真似は止めよう。最悪、生命の危機に至りかねない

関連イラスト

激おこぷんぷん幸村
クリーパーカーさんの激おこ6段活用



イメージレスポンス素材

ギャル語怒りの6段活用表



ゲームソフト『激おこぷんぷん丸』

実は、1985年に同名のタイトルでゲームソフトがファミリーコンピュータ向けに発売されていた。
最近になってタイトル画面・パッケージイラスト・BGMなどが判明し、ニコニコ動画などにアップされている。更には、これを基にしたアニメも放送されていたという。

激おこぷんぷん丸
激怒ぷんぷん丸ラベル





……というのは全くのウソである

『激おこぷんぷん丸』の呼称が「往年のファミコンゲームのタイトルみたいだ」と言われ、それ風のタイトル画面やファミコン音源によるテーマソングを作る人が現れたのである。Twitterにおいては、これが本物の元ネタと勘違いされ、約1万3000人がリツイートし話題になった。
ニコニコ動画で当該動画にコメントする際は「あたかも激おこぷんぷん丸が1980年代のゲームであるかのように」ありもしない過去を捏造して懐かしむ(フリをする)のが作法なのだとか。

しかし最近では、それらの素材を使用したゲームが本当に登場。
現在でも有志によってiPhonewindows向けに制作され、配信されている。


同義語・表記揺れ

おこなの? / おこなの? … 怒っている相手に対する問いかけ、もしくは煽りの言葉。場合によっては後者の意図に受け取られることもあるため、注意が必要。

関連タグ

感情 怒る / 怒り
仏頂面 ふくれっ面 ぷんぷん / プンプン / ぷんすか / プンスカ
ギャル ネットスラング ミーム Twitter / ツイッター

おにおこ鬼怒(艦隊これくしょん)

おこっ!!



外部リンク

Wikipedia

関連記事

親記事

Twitter発のネタの一覧 ついったーはつのねたのいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「激おこぷんぷん丸」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5219215

コメント