ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

何となく字面で意味が判るものから、知らないと到底想像の付かないものまで様々。そのルーツがパソコン通信まで遡るものもある。
普及してネット外で使われるようになることもある。

種類には、SNS等で特定のユーザー、例えば若者女子中高生サブカルチャーに嵌るオタクのみが使う語、アニメ漫画ゲームなどに登場した名言用語テレビラジオメディア上の芸能人芸人、あるいは注目された一般人などの発言言動が広がったもの、マスコミ用語、政治用語、隠語内輪用語など、定義や範囲は人に寄るかもしれない。
「みんなが知っているが説明が長くなる」現象や、「常用単語だけでは細かいニュアンスが伝わらない」項目に新たな名称を付けて、情報伝達・意志疎通を楽にする手段という事例、meme化、古いネタの再利用などの事例も存在する。

かつてはネットスラングといってもテレビなどのメディアに由来したネタが非常に多かったが、2010年代ぐらいになるとテレビ離れの影響かメディアから直接ネットスラングが発生する割合は減少している。

創作においては、キャラクターのオタクっぷり、変人ぶり、狂気などを表現するために口癖として設定されることがある。
CHAOS;HEAD西條拓巳ガッチャマンクラウズベルクカッツェなど)

流行語ゆえに移り変わりが非常に早く、時代の流れによって死語と化したネットスラングも多々あり、ジェネレーションギャップがあったりして若い世代には通用しないスラングや、原意から意味や用法が全く変わってしまったネットスラングもあったりする(誤用の項目も参照)。ただし全滅するわけではなく、ごくわずかな用語は長年に渡り生き残り普遍化する。
当時流行のスラングを詰め込んだ結果、後の時代になって見返すと痛々しいこともしばしば。

関連タグ

インターネット
SNS twitter youtube ニコニコ動画 pixiv
電子掲示板 2ちゃんねる ふたば☆ちゃんねる VIPPER ガ板  なんJ 例のアレ
略語 台詞 タグ 流行語 情報 ネタ

ネットスラングの一覧

他の記事言語

Internet Slang

関連記事

親記事

インターネット いんたーねっと

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ネットスラング」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ネットスラング」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 148149

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました