ピクシブ百科事典

オタク

おたく

自分の好きな事柄や興味のある分野に傾倒する人の俗称。
目次[非表示]

概要

オタク(おたく)とは、自分の好きな事柄や興味のある分野に、極端に傾倒する人を指す呼称。
アニメ漫画玩具映画コスプレゲームアイドル……。さまざまな大衆文化があるが、そのような特定の趣味の対象および分野の愛好者、ファンを指す語として使われる。
英語ではこのよう趣味を指して「otaku」でも通じる。
自他に関わらず、自虐や揶揄を伴い「ヲタク」と表記される場合もある。
略称はオタ(およびヲタ)。

多くの場合、オタクという語の前に、嗜好分野を表す単語が付くが、語呂の関係から概ね省略される(例: アニメオタク→アニオタ、サッカーオタク→サカオタ)。
女オタク」「キモオタ」などの独立した単語の場合、付加語は属性ではなく、個人の特徴を示す。

おたく」という言葉の起源

おたくという言葉の起源には諸説あるが、一般的によく言われているのは、作家の中森明夫が1983年に『漫画ブリッコ』に記したコラム『おたくの研究』であるとされる。
この時期は第二次SFブーム真っ盛りであり、青年向けを目指した漫画やアニメが爆発的に増えた時期である。当然、それらに夢中になる思春期以上の年齢層のファンも増えることになった。
中森はそんな社会状況下で、このコラム内で「最近よく見かける、アニメとか漫画に熱中してる世紀末的ウジャウジャネクラマニア少年達がもうキモくてキモくてたまらない」とさんざんディスった上で、以下を提唱した。

「それでこういった人達を、まあ普通、マニアだとか熱狂的ファンだとか、せーぜーネクラ族だとかなんとか呼んでるわけだけど、どうもしっくりこない。なにかこういった人々を、あるいはこういった現象総体を統合する適確な呼び名がいまだ確立してないのではないかなんて思うのだけれど、それでまぁチョイわけあって我々は彼らを『おたく』と命名し、以後そう呼び伝えることにしたのだ。」

このコラムでは、なんで「こういった人たち」をおたくと名付けたのかというと、中森によれば「コミケで友達同士で「おたくら さぁ」なんて呼びかけあってるのをよく見るから」ということ。
ただ、東浩紀大塚英志によると、「コミケなどに出入りする人たちは”お宅”という二人称をよく使う」というのは、中森のコラム以前から「コミケなどに出入りする人たち」同士の間で自嘲的に言われていたことだということ。なので、中森がたまたま目撃したレアケースを無理やり一般化した訳でも無いようだ。
なお、二人称で「お宅」と呼ぶのは元々は丁寧な山の手言葉であり、それ自体はおかしなものでは無い。
彼らがこの呼び方を好んだ背景については諸説あるが、「愛好家同士の間くらいでは職業や年齢なんてヒエラルキーは意識したくはない。そんな中で、目上にも目下にも万能に使える平等な二人称として自然に「お宅」が選択されていったのではないか」とも言われている。元々はSFファンダム界隈で自然発生したらしく、それがコミケやアニメ大会にも根付いたらしい。

ただこの中森のコラムは「おたく」と定義した青少年たちを「男性的能力が欠如したオカマ」「二次元しか受けつけないロリコン」などと散々罵倒しており、批判がかなり多かったため、言葉としてはほとんど広がらなかった。
しかし1989年に発生した東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件(いわゆる「宮崎事件」)で、犯人がアニメや漫画やホラー映画の愛好家であったとして、各種メディアが「そのような嗜好の成人男性は”おたく”と呼ばれており・・・」などと連日報道。「おたく」という言葉は日本中に瞬く間に広まる。
なお、当時のメディアは一般用語としての「お宅」と区別するために、「おたく族」・「オタッキー」・「オタッカー」などとの呼称を使うことが多かった。

バブル期に入るとテレビゲームパソコンが若者の間で流行するようになるが、これらの愛好者が漫画やアニメの愛好者と被っていたので、一緒くたに「おたく」と呼ばれるようになった。
そしてそれ以降もどんどん「おたく」が意味するカテゴリは広がっていき、2000年代くらいに入るとジャンル関係なく「愛好家」を意味するスラングとして「おたく」が使われるようになっていく。

ちなみにこの言葉が一般化した影響で、今となってはコミケやSFファンダムで相手のことを「おたく」なんて呼びかけるオタクは滅多にいません。

オタクの定義

明確な定義があるわけではなく、現在は非常に広い領域のファンや愛好家を包括する単語となっており、その実態や行動様式は一様ではない。
一括りに「オタク」と言っても、以下のように多様なパターンがある。
最近の辞書では【お宅】の意味の中に、追加されている。小学生用の辞書も同様。

  1. アニメゲーム漫画映画などの、世間一般の大衆文化のうち''特定の作品''のファンを指す俗称。
  2. インドア系の人、引きこもりの俗称(お宅=室内という発想から)。
  3. 二次元2.5次元と呼ばれる妄想の世界に執着する人を指す俗称(インドア系の人に多いことから)。
  4. 上述のうち、自身で創作同人といった活動を行う人物(例:コスプレオタク、同人オタク)
  5. 異常なまでに自身に係わる行動や情報に拘わる人物 (例:健康オタク、コスメオタク、筋トレオタク)
  6. 単なるファンの領域を超えて興味の対象に熱狂する人物(例:野球オタク、サッカーオタク)
  7. 専門家ではないにもかかわらず、特定の学術方面に対する知識が異常に豊富である人物 (例:歴史オタク、数学オタク、鉄道オタク)
  8. 中身に関わらず外見や行動がきもちわるい人物を指す俗称 (例:キモオタ

サブカルチャーの世界においては、世代ごとにオタクは分類されており、70年代にオタク文化に傾倒した世代を第一世代とし、そこから80年代は第ニ世代、90年代が第三世代、00(ゼロ)年代が第四世代とされている。

オタクに対するイメージ

中森が命名した「おたく」という言葉自体が蔑称なため、かつては否定的な意味しかなかった。一般には「マニア」「ビョーキ」とも呼ばれ、当時のいわゆるナウなヤングからは見下され表立って排斥もされない、日陰の存在であった。
サブカルチャー界隈でこの言葉が広まったのは、当事者が蔑称である「オタク」を自虐的に自称するようになったことによる。

先述した東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件がマスコミによって偏向的かつセンセーショナルに報道されると(注1)、オタクに対する世間の目は一気に冷酷なものになり、ジャンルを問わずオタクというだけで「犯罪者予備軍」「社会不適合者」のレッテルが貼られてしまい果ては魔女狩りの様相にまでなっていたモラル・パニックなケースもあったという。この時代を経験した世代のオタクは世間からの冷たい視線を受け、場合によっては趣味を捨てざるをえなくなった者までいた。マスコミの歪んだ報道に対して現在でも憎悪を抱く者は少なくはなく、マスコミ嫌悪における理由の一つにもあるとされる。(注2)
なお、このオタク差別の様相の影響かNHKでは「おたく」の単語が差別的なものとして放送禁止用語になっていた時期もあったとの事。

なお、当時から中川勝彦のようにオタク趣味を持っているアイドルも存在していたのであるが、彼らはそれを表立ってアピールすることはなかったため、一般に知られることはなかった。

しかし、現在は多くの芸能人や文化人も、オタクであると自称したり、マニアック嗜好の持ち主であることを公言するようになり、好感をもって受け止められることすらある。

とは言え、周囲を省みない自己中心的かつ非常識な振る舞いを行い、世間の顰蹙を買うオタクが大勢いることは事実である(注3)。そうした痛い言動や態度により、より偏見や誤解が深まってしまうという側面があることを良く踏まえた上で、オタクライフを満喫することを心がけよう。

評論家の大塚英志は、ある時期を境に数多くのメディアが「おたく」を「オタク」とカタカナで書くように変化したことに注目しており、「おたく」を社会が受け入れられていったことで、かつてのネガィブなイメージを言葉から消すために無意識に書き換えが行われたと主張している。
なお、現在ではヲタクという書き方もあり、こちらの方はかつての「おたく」に近い自嘲的かつネガティブなニュアンスが込められていることが多い。


注1:なお、この当時の過剰な報道によりこの事件の被告(犯人)の家族や親類にまでバッシングが及び父親が自殺・一家離散と不幸が連鎖してしまった。

注2:後年、事件当時に「ここに10万人の宮崎勤がいます!!」とコミケ会場の前でワイドショーのレポーター(東海林のり子)が報道したとの噂がネット掲示板で飛び出し、都市伝説と化していた。ネットユーザー達の調査の過程でその報道の映像の存在を確認できなかった事や、件の発言は雑誌等の活字媒体が類似する記事を出していた事がいくつか判明していた。なお、東海林のり子氏自身もそんなレポートをした事はないと否定している。事件の闇の深さに食いついたマスコミのセンセーショナルなやり方が社会に残したものはあまりにも大多数の人々を不幸にした爪痕ゆえの都市伝説だったと言える。

注3:そういった肩身の狭い思いをしながらオタク趣味を続けた世代ほど世間に迷惑をかける行為をむしろ積極的に避けたとされ、この暗黒時代を知らない世代ほど痛い行動や言動に走ってるとも言われている。

オタクの名言


研究者・探求者でなくてはいけないというのは、オタク資質を持ってしまった者の宿命

模型職人・宮脇修一

オタクは自分自身が納得して喜びを得て追求していく
1人だけで自己満足していると『もったいない』
自己満足している段階ではまだアマチュアの域を超えない
この感動を共有しないともったいない

さかなクン



*名言募集中

関連イラスト

初恋
オタク系サークル



関連タグ

文化 個性 趣味 ファン
オタ ヲタク ヲタ
アニヲタ(アニオタ) キモヲタ キモオタ
マニア
女オタク 腐女子 オタサーの姫

pixivに投稿された作品 pixivで「オタク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1766436

コメント