ピクシブ百科事典

志村新八

しむらしんぱち

志村新八とは、『銀魂』の登場人物で本作品のもう一人の主人公。
目次[非表示]

もしかして⇒眼鏡

概要

年齢16歳
身長166cm
体重55kg
誕生日8月12日
愛称ぱっつぁん、メガネ、ダメガネ
声優阪口大助高森奈津美(幼少期)
実写版キャスト菅田将暉


一人称は基本的に「」で丁寧語を使うが、たまに「」になることがある。

強烈なボケの多い本作品では数少ない常識的なツッコミ役。本作品のもう一人の主人公であり、登場回数は主人公の坂田銀時の次に多いほど…にも関わらず影が薄い地味な少年。
基本的に純粋で優しく誠実な性格。礼儀を弁えている他、家事も一通りこなすこともできるなど年齢よりも大人びているしっかり者。しかしツッコミに関しては目上相手でも容赦がなく、また万事屋の他の2人とともに悪ノリすることもある。童貞で、女性に対する免疫はあまりない。少々ヘタレな面もあるが、侍としての強い信念も持ち合わせており、長編などではそれを発揮した活躍を見せることも多い。

万事屋に住み込みで働く神楽とは異なり、父親が生前建てた道場・恒道館(流派は"天堂無心流")に姉・お妙と共に住んでいる。
※門下生は廃刀令の影響によりすべていなくなっている。

アイドルの寺門通の親衛隊(ファンクラブ)隊長であり、会員NO.1号。
彼女が絡むと普段と性格が一変する。
かなりの音痴であるが自覚しておらず、ゆえにあらゆる著名人達が集まる九兵衛の生誕祭では、その音痴で自ら墓穴を掘ったことがある。
女手一つで育ててくれた姉には普段は恐れることも多いが、彼女のことを慕い大切に思っている。シスコン(一応自覚はしてる様子)。

人気投票では第一回、第二回、第三回、すべて8位をキープし、土方に「ハットトリック」と揶揄された。
第二回人気投票の結果を受けて描かれた人気投票篇では、「新八の八は八位の八です」と宣言した事もある。
(10周年企画で開催された「第1回表紙登場権争奪『銀魂』オールキャラ総選挙」では
 原作者と3票差で惜しくも9位であったが、人気ではなくあくまで表紙登場権争奪のため
 ノーカンでもよさそうだ。)
第四回の人気投票ではちゃんと(?)8位の座を維持した。

名前のモデルは永倉新八志村けん
流派の名前は天然理心流神道無念流がモデルと思われる。

外見

新八


一言で言い表すと眼鏡。
周りの仲間達からも皮肉を込めて「眼鏡が本体」「眼鏡かけ器」「人間かけてる眼鏡」などとも言われている。銀時曰く、新八の98%は眼鏡で出来ているらしい。
後は特に特徴も無く、地味で眼鏡な少年と言った感じである。
2012年4月上旬からアニメイトなどの店舗にて「新八の眼鏡」が3150円にて販売された。
SKETDANCEでのコラボ回(26話)では眼鏡を無くした為に存在が薄くなった事もあったり、性別逆転篇では一部を除いて他のキャラクター達が次々性別逆転している中、新八は眼鏡の柄がピンク色に変わっただけだった事もある。
しかし、原作から5年後の世界が描かれた劇場版銀魂完結篇では、ツッコミを捨て某青学の柱のような目つきの鋭いクールなイケメンへと変貌を遂げている→5年後新八

過去

新八とお妙の幼い頃に父親・志村剣を病気で亡くしている。母親はさらに前に亡くなっている。
父親は道場を建てたことによる借金を残したまま他界し、姉弟2人で必死に借金を返しながら生活していた。
ファミレスで働いていたがある日、銀時と出会い、彼がオーナーである万事屋で働く事になった。

現在

万事屋のメンバーとして、銀時、神楽と共に依頼をこなしている。
万事屋に入ったからと言って、給料が上がったワケでもなく、むしろ下がってしまったので道場と姉の妙の為に日々頑張っている。
時には銀時と神楽のあまりのやる気の無さにツッコミ役としてしっかりツッコミを入れ、もはや万事屋には必要不可欠なメンバーと言える。

・・・と、思いきや最近はよくボケに回ったりしている。

戦闘能力

巨大怪獣を木刀一本で仕留める銀時、ブルドーザーと相撲を取って勝つ神楽に比べると、戦闘能力は比較的低い(DS『ジャンプスーパースターズ』では万事屋で唯一PCに選ばれなかった)。しかしそれはあくまでこの2人と比べたらの話であり、小さな頃から鍛錬を重ねてきた剣術の腕前はかなりのもの。その一撃はトイレの壁を木刀でぶち破れるほどである。エリザベスから奪った真剣で岡田似蔵の腕を切り落としたこともあり、椿平子にも一撃のもとに勝利している。46巻では銀河剣聖(ギャラクシーソードマスター)の尾美一と銀時の木刀を片手に戦う場面が見開きで書かれている。現在では武市を不意打ちながら一撃で倒す、天導衆を相手取ることができるなどその成長は目覚ましい。

筋力も理性を失って暴走する神楽を抱きかかえて制止する、油断していたとはいえ沖田と神楽の二人を素手で地面に叩き付ける、鼻フックで成人男性を持ち上げて投げ飛ばすなど地味に人間離れしている。

余談

担当声優の阪口大助氏は外見と趣味が新八に酷似しており、原作者の空知英秋から「リアル新八」と言われた事がある。


ジャンプのお祭りゲームにも2作品登場しているが、ここでの扱いも何かと不潤だったりする。

  • DSの『ジャンプスーパースターズ(続編アルティメットスターズ含む)』では、前述の通り万事屋の2人が(神楽は続編から)バトルコマなのに対して新八はサポートコマとなっている。このため登場時の特殊台詞では「何で僕はバトルキャラじゃないんだァァァ!」と叫んでいた。
  • PS3/PSvitaの『Jスターズビクトリーバーサス』では、銀時はバトルキャラ、神楽と定春はサポートキャラ、新八はボイスのみの登場。PVではメガネ姿と台詞のフキダシは確認できる(銀時の紹介PVでは「本作の新八はなんとメガネの状態で参戦!!」と公式に言い切られた)が、ボイスのみでの登場が確定しているのは彼のみ。Jアドベンチャーでは姿が見られるが、他の声のないモブキャラ同様一枚絵。当然、ゲーム中でのバトルキャラとして場にすら出してもらえない事に不満タラタラな発言が見受けられる。

関連イラスト

だめがねっこ

08.12


驚異の殺傷力
パチー・ポッターと漬けもの石



関連タグ

銀魂 万事屋 初期新八 パチ恵 5年後新八
坂田銀時 神楽 志村妙 柳生九兵衛 近藤勲 山崎退
寺門通 高屋八兵衛 尾美一 志村姉弟

ポップ/人間体ポップ:侍繋がり且つ中の人繋がりである。

他の記事言語

Shinpachi Shimura

pixivに投稿された作品 pixivで「志村新八」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12775798

コメント