ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

宇宙空間を航行する乗り物が搭乗できる宇宙機
pixiv内では宇宙戦艦など、架空のものを指す場合が多い。

を乗せるため、船内環境維持や帰還手段など、宇宙機の中でも特別な仕組みが必要とされる。

関連イラスト

宇宙船のひみつ・2 (ページプレビュー)
アトランティス
コメット号
【仕事絵】巡宙艦



その他の『宇宙船』

特撮・SF系ホビー雑誌として『宇宙船』がホビージャパンから刊行されている。季刊。
かつては朝日ソノラマから刊行されていた。

SSSS.GRIDMAN ボイスドラマ6.6回



1980年に創刊された旧宇宙船は当時の特撮オタクのバイブルであった一方、頑なに怪獣推しの姿勢であり、逆に東映特撮昭和二期ウルトラマンの扱いが悪かった。完全に扱わないないならまだしも、「一応特撮だから」みたいな中途半端な扱い方であった。
この背景としては読者・編集者の世代が昭和一期ウルトラマン直撃世代なのと、宮崎勤事件の影響で「子供向けの番組を見ている異常者」の非難を恐れ、この世代の特撮オタクの間に「東映特撮や昭和二期ウルトラマンは子供向けだが怪獣モノは大人向けなんだ」という尻尾切りの風潮があった、ということがある。
これは怪獣特撮オタクと東映特撮オタクや昭和二期ウルトラマン世代の間に禍根を残した(長谷川裕一の『すごい科学で守ります!』も特オタ業界での東映特撮の扱いの悪さから書かれた)。

ところが2000年からのイケメンヒーローブームで急遽東映特撮を表紙に出し始めるなど迷走。怪獣派からすれば「イケメンヒーローなんて軟派だ」、東映派からすれば「今更媚びるのか」ということで、2005年にいったん休刊となった。

2008年に復活した新宇宙船は看板とは裏腹にアニメを取り上げる事もある反面、何故か初期はガールズ×ヒロイン!シリーズを頑なに扱わなかったなどやはり些か迷走が目立つ。2018年にはSSSS.GRIDMANに登場。表紙には、まさかとも言うべき客演と言えるアンドロメロスの姿もあった。こちらに関しては公式許可済である。

関連タグ

宇宙 宇宙開発 宇宙機 乗り物 
打ち上げ ロケット 飛行 人工衛星 大気圏突入 パラシュート
スペースシャトル アポロ宇宙船 ジェミニ計画 マーキュリー計画
ソユーズ ボストーク
月着陸船 宇宙往還機 宇宙ステーション スペースコロニー
宇宙戦闘機 宇宙戦艦 宇宙要塞
UFO 宇宙人 異星人
朝日ソノラマ ホビージャパン

関連記事

親記事

宇宙機 うちゅうき

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「宇宙船」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「宇宙船」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3851574

コメント