ピクシブ百科事典

スペースシャトル

すぺーすしゃとる

アメリカの宇宙船。『シャトル』の名の通り、何度も宇宙と地球を往復することができた。
目次[非表示]

概要

スペースシャトルとは、アメリカ合衆国NASA宇宙開発の一環として有人宇宙飛行のために使用していた宇宙船のことである。

スペースシャトル


スペースシャトルはオービターと呼ばれる軌道船本体及び固体燃料補助ロケット(SRB)と外部燃料タンク(ET)で構成される。オービター(飛行機のように翼のついた機体)は軌道上から滑空により帰還して再利用され、全機トータルで100回以上使用された。
また、SRB(外部燃料タンクの両脇に二本ある白い尖塔のような物体)も打ち上げ時に分離してパラシュートによって降下・海上に着水後、回収して再使用される。外部燃料タンク(オービターとSRBに囲まれた巨大な物体)のみ毎回投棄される使い捨ての部分となる。

このように、アポロ計画などのように、今まで一回ごとの使い捨てにしていた宇宙船を何回も利用することでコストダウンを狙っていたが、そのために、非常に高い品質と、綿密な整備を必要とすることが判明した。

また、オービターの配置方式にも問題があった。同様の計画には日本の「HOPE」があったが、既存のロケット(H-IIA)の上にオービターを配置して打ち上げるという方式だった。一見こちらのほうが無理筋の力技に見えるのだが、アメリカのスペースシャトルの配置は分離時に脱落パーツがオービターに衝突して損傷するリスクを抱え込むことになってしまった。
後に日本の「HOPE」はバブル崩壊によってバースト、アメリカと同様の配置を取ろうとしていたソ連の「ブラン計画」もソ連崩壊によりバーストした。フランス及び欧州宇宙機関(ESA)の「エルメス」も不景気の到来によりバースト、ホッパーも滑空試験のみで終了したが、エルメスを上に配置して打ち上げる為のロケット「アリアン5」が衛星打ち上げに使用されている。


また、使い捨て宇宙船にあるような脱出ロケットや射出座席のような脱出装置が装備されておらず、外部燃料タンクからオービターのメインエンジンに燃料を引き入れる構造上、緊急時に打ち上げを中止してオービターを分離するのにも時間がかかる設計だった。このため故障が即・死亡事故に結び付く安全性の低い宇宙船となっていた。さらに運用者たるNASAの技術過信・安全軽視の姿勢により2回の死亡事故を起こしコスト高のみならず安全性の面でも問題を露呈した。

結局、むしろ使い捨ての方が結果として安上がりだと判明し、使い捨て方式のソユーズが生き延びてスペースシャトルは引退に追い込まれた。
2011年7月8日アトランティスの打ち上げを以って全機引退、スペースシャトル計画の全飛行は終了した。

機体リスト


この他、取り扱い確認模型のOV-098パスファインダー、実物大模型のOV-100インディペンデンス(旧名・エクスプローラー)が存在する。

関連イラスト

すぺーすしゃとる
スペースシャトルのコクピット
宇宙船のひみつ・3 (ページプレビュー)
スペースシャトル
スペースシャトル 
星に願いを
宇宙往還機
とりあえず背景



関連タグ

NASA 宇宙 宇宙機 宇宙船 宇宙飛行士 ロケット 擬人化
ブラン計画

関連記事

親記事

宇宙船 うちゅうせん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「スペースシャトル」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「スペースシャトル」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 372357

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました