ピクシブ百科事典

シャア・アズナブル

しゃああずなぶる

シャア・アズナブルとは、TVアニメ「機動戦士ガンダム」およびその関連作品の登場人物。宇宙世紀を舞台としたガンダム作品に於けるキーマンの一人である。
目次[非表示]

「見せてもらおうか、連邦のモビルスーツの性能とやらを」

プロフィール

本名キャスバル・レム・ダイクン (Casval Rem Deikun)
生年U.C.0059
出身地サイド3
身長175cm(一年戦争時)→180cm(Zガンダム以降)
階級少佐(初登場時)→大佐(復帰後)→大尉(グリプス戦役)→大佐(第2次ネオ・ジオン戦争)
CV池田秀一 田中真弓(ジ・オリジン一話 少年時代)


概要

機動戦士ガンダムの登場人物。
モビルスーツパイロット・指揮官・思想家として、類い希な能力を発揮した人物。アムロ・レイと並ぶ「ガンダムシリーズ」の最重要人物である。シリーズ一作目の『機動戦士ガンダム』では、自信に満ちた言葉とそれに見合う実力で当時の視聴者にインパクトを与えた。
とにかく印象的なセリフが多い。その名言をまとめた関連書籍が10冊近くは出ている。が、あまりにも印象的過ぎて、ネタにされる。というか、ガンダムシリーズのゲームCMでは大抵ネタにしている。
また、ガンダムシリーズにはゼクス・マーキスを初めとした彼をリスペクトしたキャラが多数存在する。

経歴

出生・幼少期

(※機動戦士ガンダムTHEORIGINをベースに記述)
宇宙世紀0059年。ジオン共和国創始者ジオン・ズム・ダイクンとその内縁の妻アストライア・トア・ダイクンの子、キャスバル・レム・ダイクンとして生を受ける。後に実妹であるアルテイシア・ソム・ダイクンも生まれ、穏やかに育ってゆく…
…かと思われたが、宇宙世紀0068年。父・ジオンは演説中に急逝。

キャスバル・アルテイシア兄妹と母アストライアは父の側近であったはずのザビ家により迫害され、故ダイクンの屋敷へと逃れる。
しかし、母は父の正室であるローゼルシアの嫉妬により、屋敷へと幽閉。
彼女はその生活に行く末を悲観し、二人の子供を地球へ逃す決心をする。

兄妹は父の良き理解者であったジンバ・ラル(ランバ・ラルの父)の庇護のもと、南欧の名家・マス家へ養子として引き取られ、名をエドワゥ・マス、セイラ・マスと改める。
ジンバ・ラルは、ジオン・ズム・ダイクンの死を下克上を狙ったザビ家の手による暗殺だと信じており、ダイクン兄妹にも繰り返しザビ家の非道を説いた。
セイラはジンバの熱狂をやや鬱陶しく考えていたが、エドワゥは父の死についてザビ家への疑念を深めていく。
その後、ジンバ・ラルは何者かが送った暗殺者の凶刃に倒れ、エドワゥ兄妹も辛うじて生き延びる。
さらに、幽閉状態が長く続いた母・アストライアが衰弱死したという知らせが届いた。
悲報を聞いたエドワゥは、父を殺し、自分たちを繰り返しつけ狙い、ついには母を報われぬ死へと導いた元凶であるザビ家を激しく憎む。

それは、彼による赤い復讐の始まりであった…

士官学校時代・一年戦争期

その後、父を暗殺した(と見ている)ザビ家への復讐を目的に、経歴を偽ってジオン軍士官学校へと入学。その際、キャスバルと瓜二つの姿を持つ本物のシャア・アズナブルを隠れ蓑にし、謀殺。彼をエドワゥ・マスとして死なせ、シャア・アズナブルの名を奪い、士官学校へ入学した。
こうして始まった士官学校での生活の中で、シャアはガルマ・ザビと出会い親交を結ぶが、その裏でシャアがザビ家への復讐心を燻らせていた事をガルマは知らなかった。
その後は士官学校で優秀な成績を修め、首席で卒業できる状況だったが、卒業直前の演習において上官に逆らったせいでガルマにそれを譲り次席で卒業。卒業後はキシリア・ザビ揮下の教導機動大隊に入隊した。

その後、ジオン公国国防軍がドズル・ザビ麾下の宇宙攻撃軍とキシリア・ザビ麾下の突撃機動軍の2隊に分裂したことに伴い、宇宙攻撃軍に入隊。
この頃から、士官学校の学友から譲られた仮面を着用し始める。これは自らの正体を隠すための仮面であり、周囲には「火傷の傷を隠すため」と語ってはいたが、それが逆にミステリアスさを醸し出す結果を生み「実は仮面の下は美男子なんじゃないか?」という噂が立つ程に彼のトレードマークとなる。

そして宇宙世紀0079年、一年戦争が勃発。
シャアはドズル・ザビが率いる宇宙攻撃軍に中尉として所属し、モビルスーツのエースパイロットとして活躍。
ルウム戦役では赤いザクⅡを駆って5隻の戦艦を撃沈せしめる戦果を以って二階級特進を果たし、少佐へ昇進。以降はその功績と実力、高速機動を重んじた戦術、機体のいカラーリングから「赤い彗星」の異名で呼ばれるようになる。
その後、ドズルがルウム戦役で旗艦としていたムサイ級旗艦型軽巡洋艦ファルメルを受領。モビルスーツ中隊長の任に付き、乗機もその時々の最新機種が与えられ「通常の三倍の速度」の性能を引き出すと恐れられた。

同年9月、サイド7に連邦軍の新型MS搬入の情報を掴み、コロニーに潜入。ガンダムと交戦し、性能の劣るザクでガンダムを圧倒するが倒すには及ばず、以降はジオンのエースとしてホワイトベースを追跡。ガンダムのパイロットであるアムロ・レイと幾度となく刃を交える事になる。
この出来事は長きに渡るアムロとの因縁の始まりでもあった。

一方でザビ家への復讐も着々と進めており、その第一段階として士官学校以来の付き合いであったガルマ・ザビを謀殺。その際、ガルマ戦死の責任を取らされ左遷させられるも、キシリア・ザビの手引きで前線に復帰。再び赤い機体を駆り、ホワイトベースを追跡し地球連邦軍総司令部ジャブローの所在を明らかにする戦果を上げる。
ジャブロー戦後もホワイトベース追跡の任務を続行し、宇宙へ上がるが、この頃からニュータイプとして覚醒したアムロに敗北を喫するようになり、更に左遷された際に出会った少女ララァ・スンとの死別が彼の心に深い傷を残す事になる。
ア・バオア・クーでの最終決戦においてはNT専用機であるジオングに搭乗しアムロと激戦を繰り広げるも相討ちとなり、互いに生身でフェンシングを行いその際に額に傷を受ける。妹セイラに復讐に生きることはやめてほしいと説得されるも、結局ザビ家への私怨を捨てきれず、逃亡を図ったキシリアを狙撃して殺害し、グワジン級戦艦と合流してアステロイドベルトの小惑星基地・アクシズへと逃亡した。

アクシズ潜伏期

アクシズへの逃亡の途上、ザビ家の遺児ミネバ・ラオ・ザビを保護するが、ザビ家への復讐心を持つシャアでも流石に赤子を殺すことは出来ず、共ににアクシズへと逃れた。

宇宙世紀0081年3月、ミネバと共にアクシズへと着いたシャアは、アクシズに逃れた残存勢力をまとめる指導者、マハラジャ・カーンとその娘のニュータイプ少女、ハマーン・カーンと出会い、潜伏生活の中、シャアとハマーンは恋仲となる。
宇宙世紀0083年8月にアクシズの指導者であるマハラジャが病没。シャアは後継者としてハマーンを推挙し、ハマーンはミネバの摂政に就任する。ところがハマーンは基本政策として旧来のザビ家による支配制度の復興を進め、それはザビ家独裁と半生をかけて戦ったシャアには認められないものであった。こうしてシャアとハマーンは政治的に意見が対立するようになり、ついにシャアは地球圏への偵察を名目にアクシズを離れる。
しかし、ハマーンはシャアを心から愛しており、「シャアに見捨てられた」と思い込む。これが彼女を「鉄の女」に変えてしまう事になる。

グリプス戦役期

詳しくはクワトロ・バジーナの項目を参照。

第一次ネオ・ジオン戦争

アクシズがエゥーゴ及び地球連邦と再び抗争を開始した宇宙世紀0089、シャアは地下に潜伏。
表立った行動は行っていないものの、この際アクシズから姿を消したミネバと行動を共にしており、同じく行動を共にしていたスベロア・ジンネマンにミネバの護衛を任せている。
また、ネオ・ジオン占領下のダカールに於いて偶然からジュドー・アーシタの妹リィナ・アーシタを保護、後にセイラ経由で彼女をブライトの下へと送り届けているなど、影で暗躍する事が多かった。
ハマーン敗北後はスウィート・ウォーターに於いてネオ・ジオン再興に向けて軍備の増強を行っており、旧ネオ・ジオン残存戦力の併合などを進めていった。

第二次ネオ・ジオン戦争

宇宙世紀0092年12月、自らをネオ・ジオン総帥として、腐敗した地球に住む人類こそが地球を汚染させる元凶であるとして地球人類の粛清に乗り出し、連邦政府へ宣戦布告する。
その一方で、アナハイム・エレクトロニクスを通じてサイコフレームの情報をロンド・ベルにリークし、宿敵であるアムロにνガンダムを完成させ対等の条件で決着をつけられるよう裏で手を回していた。
その後、5thルナ落としを成功させ、連邦政府のあるチベット・ラサを壊滅状態に追い込む。さらに連邦政府に持ちかけた偽りの和平交渉でアクシズを手に入れ、それに核を搭載して地球へ落下させようとする。しかし、ロンド・ベル隊の奮戦によりアクシズは破壊され分断されてしまい、アムロとの戦闘でシャアも敗北。分断されたアクシズの破片が落下していく様子に勝利を確信するも、サイコフレームの発した光の中にアムロとともに消え、未知なる力によって地球圏から離れて行くアクシズの破片もろとも消息不明となった。

余談だが、CCAではネオ・ジオン内部でのみロリコンだという噂が流れており、ギュネイ(グラーブ)によれば「シャアのララァ・スンという寝言を聞いた女は何人もいる」らしいが、シャアを慕うクェス・パラヤに対して好意は持たずむしろ道具として扱っていた為、この疑惑については憶測に過ぎない。
ただしこの噂はかなり広がっているらしく、小説ベルトーチカ・チルドレンではネオ・ジオン兵はみなシャアがロリコンだと思っているらしいことをレズンが語っている。また、小説徳間版/逆襲のシャアではナナイがシャアがロリコンであると思っていることを愚痴っている。

その後

第二次ネオ・ジオン戦争後の世界を舞台にする『機動戦士ガンダムUC』によれば、消息不明となったシャアは、連邦からは許しがたいテロリストと呼ばれる一方、かなりの数のスペースノイドからは彼らを守ろうとした英雄とみなされているようだ。また生還したシャアであると名乗るフル・フロンタルによってネオ・ジオン残党が「袖付き」として再起しており、シャアのカリスマ性が如何に高かったかをうかがい知る事が出来る。

機動戦士Vガンダムの主人公であるウッソ・エヴィンはその母の名がミューラ・ミゲルという為、シャアとその参謀兼恋人であったナナイ・ミゲルとの子孫ではないかという説がある。『ガンダムエース』誌でこの説を取り上げたときは、二人の女性の英字綴りがNanai "Miguel"とMyra "Miggell"であり、血縁はないという見解であった。

また小説『ガイア・ギア』においては、シャアの意識と記憶が封じ込められたと思われるセルチップが、シャアの体細胞組織を分割して作られたクローンであるアフランシ・シャアの頭部に埋め込まれていた。

メディアミックス関連

スーパーロボット大戦シリーズでは

ライバルのアムロ同様、多くの作品に参戦している。
殆どの場合、敵の場合はシャア・アズナブル名義で、味方の場合はクワトロ・バジーナ名義が使われる。そのため、クワトロ名義で参戦している作品の方が多い。
ステータスは高い場合がほとんどで、アムロカミーユに勝るとも劣らない。
ただしクワトロとして自軍入りした場合にもっぱら搭乗することになる百式は、ユニットとして力不足になる事が多い(作品によってはサザビーを入手したり、百式が百式改、フルアーマー百式改と強化される場合もある)。

スパロボで一年戦争時代が再現されることが少ないため、ジオンの赤い彗星として参戦している作品は意外と少ない。
新生ネオジオンの総帥としては新スーパーロボット大戦で初登場。長期シリーズに於いては前作でクワトロとして参戦し次作品でシャアに戻るといった事もあるが、64などストーリー途中で味方から離脱して敵となる場合もある。味方としても使用できる作品もあるが、そちらはD及び第3次Zと少ない。

その独特の立ち位置から「今回のクワトロさんは(裏切る方と裏切らない方の)どっちです?」とファンにネタにされたりもしている(プロデューサーの寺田氏本人が「今回は裏切りません」と言ったことも)。
特に第3次Zに於いては、その立ち位置をフルに活かし、フル・フロンタルとのクロスオーバーも含め独自のシャア象が構築された事が話題を呼んだ。

SDガンダム外伝では

ジオン族に味方するユニオン族(人間)の「騎士シャア」として登場。原典と同様に仮面で素顔を隠している。後に明かされるが、仮面をしている理由は正体を隠すためではなく呪いを掛けられた自身の姿を隠すためのもの。
ラクロアの勇者では「捜し物(後に妹の騎士セイラと判明)」のために三種の神器を求めて、その鍵をとなる石板を持つ騎士ガンダム一行を妨害するも、三種の神器が騎士ガンダム専用とわかり、サタンガンダムが倒されて行方不明のセイラの呪いが解けると、消耗した騎士ガンダムに協力、セイラと共に苦戦中の仲間の援護に向かう。ちなみに本作OVAでのシャアの戦果は全て不意打ちであり、作中サタンガンダムの城に乗り込む際はサタンガンダムの部下の魔導師ララァに「知ったことか!」と暴言を吐きながら馬上から斬りかかるという原典では考えられない行動を行った。
伝説の巨人ではガルバルディβと戦闘の末負傷、自身の呪われた姿を見られてしまったため百式をモチーフにした黄金の鎧を身に纏い黄金の騎士を名乗る。サイコゴーレム打倒のために戦う騎士ガンダム一行を支援した。
光の騎士では自らに呪いをかけたジークジオンに復讐を果たすため、ちゃっかり手に入れていたサイコゴーレムの心の水晶を使い、ムーア界ティターンの魔塔へ密かに突入、スペリオルドラゴンになったばかりのガンダムを護り、覚醒までの時間を稼いだ。
ちなみにシャアに掛けられた呪いはモンスターに変化させられるというものらしく、呪いが中途半端だったのか、その姿はネコミミを生やしたシャアそのものだった。原作と同じ池田秀一ボイスのシャアがネコミミを付けている姿は何ともシュール。

その後、聖機兵物語機甲神伝説において軍師クワトロを名乗り、ネオジオン族とデラーズ軍に参加。機甲神伝説終盤でジークジオンが復活した際には正体を明かし、最終決戦に参加した。この時にダバードの援軍に来ていたアムロと再会、逆襲のシャアバージョンをモチーフにした姿でアムロと共闘した。この時既にアムロはセイラと結婚しているため、このシャアとアムロは義兄弟である。
なお、よく間違われるが外伝世界のシャアとセイラは偽名ではなく、本名。

その他

シャアのネタキャラとしての側面を前面に押し出したマンガ『シャアの日常』では、アパートの一室で目覚めたシャア(かもしれない男)が、自分の名前も素性も一切思い出せないまま、部屋に迷い込んできた野良猫の『ザク』と暮らしていく様子が描かれている。
部屋に残されていたのは赤い軍服といつもの仮面とヘルメット。見た目はシャアだが、何事にも3倍全力なその生活ぶりには今までの軍人・戦士としてのシャアとはまた違った面白さがあり、意外な人気を博している。

主な搭乗機体


関連イラスト

シャア
奴の影


夕日
赤の肖像★見せてもらおうか新しいガンダムの性能とやらを!



関連項目

機動戦士ガンダム
シャア ガンダム Zガンダム 逆襲のシャア 池田秀一 シャア専用 赤い彗星 通常の3倍 シャアザク ザクⅡ ズゴック ジオング リック・ディアス 百式 サザビー セイラ・マス 
アムロ・レイ ガルマ・ザビ クスコ・アル クワトロ・バジーナ
ハマーン・カーン カミーユ・ビダン コレン・ナンダー 
キャスバル・レム・ダイクン ジオン エゥーゴ ネオジオン
シャア 若さ故の過ち 坊やだからさ
当たらなければどうということはない
オーリス サカザキ・ケンタ
ライバル 

リスペクトキャラ(ガンダムシリーズ)

ゼクス・マーキス ジャミル・ニート ランスロー・ダーウェル
ラウ・ル・クルーゼ ギルバート・デュランダル グラハム・エーカー
フル・フロンタル ボリス・シャウアー ゼハート・ガレット 
ユウキ・タツヤ ルイン・リー マクギリス・ファリド
コマンダーサザビー 呂布トールギス

リスペクトキャラ(ガンダム以外)

赤井秀一 沖矢昴 赤髪のシャンクス シャドーレッド

外部リンク

Wikipedia:シャア・アズナブル

pixivに投稿された作品 pixivで「シャア・アズナブル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1447252

コメント