ピクシブ百科事典

高機動型ザクⅡ

こうきどうがたざくつー

高機動型ザクⅡとは、デザイン企画『MSV』に登場するジオン公国軍のMS。
目次[非表示]

概要

型式番号MS-06-Rジオン公国軍の空間戦用MS。

ジオニック社が誇る傑作機『ザクⅡ』のバリエーション機の1つで、一年戦争の開戦から一ヶ月を経て南極条約の締結によって戦争の長期化が必至となったため、宇宙での戦力強化対策の一環として開発が進められた。

全体のシルエットこそF型等の量産機と大差ないが、背面に推力を強化した大型バックパックを新たに搭載し、脚部もスラスターを内臓したものに変更。さらにジェネレーターやフレームも一新されており、内部構造も含めれば事実上別のモビルスーツになっていると言える。この代償として推進剤を著しく消耗するようになり、稼働時間がS型以上に短くなってしまった。加えて機体制御も繊細なものを求められるようになったため、実戦投入された機体の殆どはエースパイロットの専用機として個別にカスタマイズされた。

ザクシリーズの開発者であるエリオット・レム技術少佐を旗頭にプロトタイプであるRP型が開発されて以降、逐一改良が続けられたため複数のバリエーションが存在しており、中でもR2型は「ザクの皮をかぶったゲルググ」と謳われ、F型の後継機種となる次期主力機コンペティションでリック・ドムとその座を賭けて争った。また、R2型のパーツを一部流用し、新型の部品と組み合わせて作られた試作機が存在し、その機体は後にゲルググへと発展することになる。
リック・ドムに主力機の座を奪われた事で生産数は少数に留まったが、基本性能自体はハイレベルなものであった為一部のエースパイロットなどからは好評であったという。
前述の生産数の少なさからジオン兵の間では「サラミス級を一隻沈めるよりも高機動型ザク1機受領する方が難しい」と言われていた模様。

主なパイロットは黒い三連星ジョニー・ライデンシン・マツナガアナベル・ガトーなど。

バリエーション

試製高機動型ザクⅡ

型式番号:MS-06RP。
高機動型ザクⅡの開発初期に生み出されたプロトタイプ。
宇宙での戦闘に特化したモデルとして、ザクⅡF型の後期型たるF2型とは別ラインで開発が進められた。
初期型と後期型が存在し、特に後期型はビーム兵器の運用も想定していたとされている。
テストパイロットはエリオット・レム。

フルバレットザク

「機動戦士ガンダムMSV戦記 ジョニー・ライデン」に登場。
ジオン軍におけるビーム兵器開発が難航した場合の「プランB」として「1発で駄目なら100発の弾丸を以って相手を撃破する」というコンセプトでR2型をベースに開発が進められていたとされる機体。
全身に多数の実弾火器を装備する一方でR2型のスペックもあって機動力の低下は抑えられている。

ジョニー・ライデン専用のR2型を改修した機体であり、フルアーマーガンダムとの戦闘で乗機を失ったライデンが代替機としてこれを運用したとされ、「フルバレット」のコードネームもその際付けられたとされているが、戦後はその存在を疑問視する声もある。

高機動型ザクⅡゲルググ先行試作型

高機動型ザクⅡをベースとしたゲルググの試作型。
詳細は高機動型ザクⅡゲルググ先行試作型を参照。

サイコ・ザク

機動戦士ガンダムサンダーボルトに登場。
義肢とモビルスーツを直結させる「リユース・サイコ・デバイス」の実験機として高機動型ザクⅡをベースに試作された機体。
詳細はサイコ・ザクを参照。

ザクアメイジング

ガンダムビルドファイターズに登場するガンプラ。
詳細はザクアメイジングを参照。

余談

本機はレム少佐肝いりのプランであったらしく、開発時には統合整備計画を推進するマ・クベ中佐との政治的な対立も生じた。この対立は、痛み分け(本機の開発は限定的に採用し、統合整備計画も並行して推進)の形で決着したが、レム少佐はなおもザク系列の改良を諦めておらず、終戦時に進められていたザク系の機体は、一説によるとR2型の5倍以上のパワーを持っていたとされる。

関連イラスト

高機動ザク
深紅の稲妻



関連項目

MSV
ザクⅡ ゲルググ
陸戦高機動型ザク

関連記事

親記事

ザクⅡ ざくつー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「高機動型ザクⅡ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 53966

コメント