ピクシブ百科事典

ビグ・ザム

びぐざむ

ビグ・ザムとは、アニメ「機動戦士ガンダム」に登場する架空の兵器。MA(モビルアーマー)の一種。
目次[非表示]

機体データ

型式番号MA-08
所属ジオン公国
建造ソロモン
生産形態試作機
頭頂高59.6m
本体重量1,021.2t
全備重量1,936.0t
出力35,000kwを4基
推力580,000kg
センサー有効半径134,000m
装甲材質超硬スチール合金
武装大型メガ粒子砲,メガ粒子砲×28,105mmバルカン砲×2,クロー×6
特殊装備Iフィールドジェネレーター


機体説明

ジオン公国軍が、地球連邦軍の本拠地であるジャブローを攻略するために開発した対要塞攻略用試作モビルアーマー

圧倒的な攻撃力と防御力を兼ね備えた機体を製作するに当たり、機体は大型化し全高60mにも及ぶ巨大モビルアーマーとして試作機が完成した。
機体色は緑で巨大な楕円状・円盤型の胴体と、切り離しも可能な2本の脚部を持ち、外見のデザインはジオン公国章をモデルにしているという説がある。
乗員は3名であるが、操縦系の切り替えにより1名でも操作が可能である。

複数のメガ粒子砲やIフィールドジェネレーターを有し攻守ともに圧倒的な性能を誇り、それらを稼動させるには膨大な電力を消費するため、4基の超大型熱核反応炉を搭載しジェネレーター出力は140,000kWにも及ぶ。
しかし、宇宙空間ではその冷却に課題が残り、本機の稼動時間はわずか20分程度であった(しかし、劇中ではそれよりも長く動いている)。

機体中央部には大型メガ粒子砲を装備しており一撃で戦艦を沈めるほどの破壊力を有する。
また、胴体部には水平360度全方位に計28基のメガ粒子砲が張り巡らされ、敵地にて一斉掃射することで壊滅的なダメージを与える。
脚部には片足3本のクローが設置され、射出することで対空防御兵器として機能し、敵機を貫通して破壊せしめる。
近接防御用に105mmバルカン砲が2門ある。

防御用にIフィールドジェネレーターを搭載しており、中長距離からのビーム兵器を完全に無効化する。
ただし、ゼロレンジでのビーム攻撃や実体弾兵器の攻撃には無力である(なお劇中では、ボールによる至近距離からの実体騨の攻撃も跳ね返す描写も見られた)。

当初の計画では量産化及び地上での運用を検討されており、宇宙空間からジャブローへ向け降下させ、迎撃部隊の撃破及びジャブローを覆う森林を薙ぎ払い隠された侵入口を発見するだけの能力と稼働時間を求められたが、試作段階でジオン公国が敗北してしまい、完成・量産化までには至らなかった。

作中における活躍

連邦軍のソロモン侵攻が迫る中でギレンから唯一の増援としてドズルの下に送られるもドズルは当初「ビグ・ザム一機よりドムを十機寄越せ」と本機を軽視していた。
その後、ソーラ・システムによってソロモンに多大な被害を被り、指揮官のドズルはソロモンの水際でせん滅する作戦に切り替え、自らもビグザムに搭乗し戦線に参加する。ソロモン内に侵入したGMやボールを大型メガ粒子砲でドロドロに溶かすほどに圧倒する。その後戦局の打開をはかって主力艦隊に攻撃をしかけるものの、再度のソーラ・システムの照射で被害を被り、ここへ来てドズルは要塞を放棄、味方を逃がすための盾となり、主力艦隊に特攻する。

アムロ・レイをして「圧倒的だ」、ドズルをして「量産の暁には連邦などあっと言う間に叩いてみせる」と言わしめた攻撃力で、ティアンム中将率いる第2連合艦隊を壊滅寸前にまで追い込むが、近距離からの攻撃に弱いと見抜いたスレッガー・ロウとアムロが肉薄。スレッガー機の迎撃には成功したが、アムロのガンダムがそのまま近接攻撃を行ったため戦闘不能となった。その後、ドズル中将も戦死した。

(なお、TV版および劇場版を見る限り、近年云われることがある「最期に機体はサラミスの砲撃によって完全に爆散」と言う描写は全く確認できず、本編中ではサラミスは単なる「モブ背景として近くにいるだけ」であり、後年のゲーム・漫画などの再現による完全な後付けである)

なお、一年戦争後、ドズルの元副官であるラコック大佐率いるジオン残党軍が8機のビグザムを保有していたとされており、グリプス戦役に於いてカラバと共にキリマンジャロ基地攻略に参加しているが、地形や天候の関係もあって、かんじきを装着して運用されたと言われている。

バリエーション

量産型ビグ・ザム

MA-09量産型ビグザム


「SDガンダム Gジェネレーション」シリーズに登場。
ジオン公国軍の拠点攻撃用試作MA。型式番号MA-09。
ビグザムの量産型であり、ジャブロー基地攻略作戦のために開発された機体である。
稼働時間の延長と生産性の向上のためIフィールド発生器は搭載されておらず、代わりに装甲表面に耐ビームコーティングが施されている。
ようやく量産化の目処がついた機体であったがその時点で戦局はかなり悪化しており、ジャブロー攻略を目的とする本機が量産されることはなかったが、デラーズ紛争後に挙兵した反地球連邦組織「シン・フェデラル」が複数機を運用している。

グランザム

機動戦士ガンダムF90」に設定のみ登場。
元々ゲーム『機動戦士ガンダムF91 フォーミュラー戦記0122』の最終ボスとして設定されたメカだったが、実際のゲーム中には登場せず、MSV的な扱いで紹介されている。
火星独立ジオン軍(オールズ・モビル)がビグ・ザムを参考に地上用として再設計を行ったMA。型式番号OMAX-01。
旧ジオン公国軍のMS、MAをリファインしたRFシリーズの一機に数えられ、「RFビグ・ザム」とも呼ばれる。
全身に多数のメガ粒子砲を搭載し、本格的な地上運用を視野に入れ陸戦能力を向上させる目的でホバーユニットを装備。戦闘力はビグ・ザムを上回るとも言われる。
しかし、完成前に火星独立ジオン軍は壊滅したため、機体は陽の目を見ることは無かった。

マタ・ビリ

ADVANCE OF Z 刻に抗いし者」に登場。型式番号NRX-033。
一年戦争後、ア・バオア・クーで発見されたビグ・ザムの仕様書を基に、ティターンズの地上拠点のひとつであるニューギニア基地(バーザムの開発拠点としても知られる)で独自開発された拠点防衛用モビルフォートレス(MF)。
大型メガ粒子砲1門、マルチプルランチャー12門、多数のハイド・ポンプで武装しており、同時にガンダリウム合金製の装甲で全身を覆い、更にIフィールド・ジェネレーターを搭載するなど攻防共に隙が無く、ミノフスキー・クラフトで大気圏内を飛行する様はまさに空中移動要塞である。
ビグ・ザムをベースとしているが脚部に相当する部位は無く、シルエット的にはアプサラスに近い。
カラバ側からはそのシルエットから「パンケーキ」のコードネームを与えられている。

RFビグザム

ヒーロー戦記プロジェクトオリュンポス」に登場。
ラストダンジョンのヘリオス要塞に登場する。
外見はビグザムと変わらないが、強さは増している。

ビグザム改

機動戦士対伝説巨神 逆襲のギガンティス」に搭乗。型式番号MA-08-2。
サメの口を思わせる塗装がされている。
性能は向上しているのだろうが、作中で登場した二機は伝説巨神にあっさり倒された。

ビグ・ザム(アクシズ仕様)

ガンダムトライエイジ」に登場。型式番号MA-08A。
「ジオン軍の試作MA(モビルアーマー)「ビグ・ザム」がアクシズで強化改造されていたら…?」というif設定の機体。
キュベレイを思わせる白+紫+桃のカラーリングとなっている。
ハマーン・カーンの専用機として設定されており、「足が女性っぽい」などの理由で選定されたらしい。
ゲーム上は、宇宙にしか適性の無いビグ・ザムと違い、宇宙・地上の両方に適性を持つという差がある。

関連項目

機動戦士ガンダム
ドズル・ザビ モビルアーマー MA

アプサラス...コンセプトが本機と同様
デストロイガンダム...MA形態の姿や武器が本機に似ている。

pixivに投稿された作品 pixivで「ビグ・ザム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 92639

コメント