ピクシブ百科事典

目次[非表示]

ミサイルとは、

  1. 飛び道具
  2. 動力機関(エンジン)と誘導装置搭載の砲弾。誘導弾。
  3. カプコンのゲーム逆転裁判に登場する。→ ミサイル(犬)
  4. 輸送機(乗り物)の一種。 ※ただし超人に限る

当記事では、砲弾の一種であるミサイル(と、おまけ程度に原義も)を説明する。

概要

飛び道具

古来、縄張り争いに際し、を投げて敵を駆逐せんとした行為に由来するとされる。
詳細は「飛び道具」「弓矢」「」などに譲るほか、ファンタジー作品、特に「ダンジョンズ&ドラゴンズ」などの「マジック・ミサイル」は、この「飛び道具」を意味する。

砲弾

そのうち、現在おもに「ミサイル」と呼ぶのは、
軸流式エンジン、噴進式エンジンなどの推進するための動力機関を搭載し、それ自体が飛翔して、搭載された装置により誘導された目標を攻撃する一連の兵器のこと。
(ミサイルと紛らわしいもの)
・それ自体が推進するが誘導されない→ロケット弾(噴進弾)
・誘導されるが、それ自体は推進力を持たない(撃ち出されてから軌道修正だけを行う)→誘導爆弾

ロケットエンジンを用いて弾道軌道をとるものを弾道ミサイル(弾道弾)、航空機同様のジェットエンジンを用いて地表面を飛翔して目的地に到達する無人航空機の一種を巡航ミサイルという。弾道ミサイルは特に5,500kmを越えるものを大陸間弾道弾と称する。
嘗ては誘導装置はジャイロコンパスなどの単純なものが使用されたが、技術が発達するにつれて、赤外線誘導、レーダー電波による誘導、GPS衛星を利用した誘導など多岐にわたる誘導装置が開発された。

アメリカでは自由落下型航空爆弾に誘導装置だけでなく途中で切り離されるロケットモーターを取り付け射程延長したもの(AGM-123やAGM-130等)もミサイルとなっていたり、誘導装置を持つが動力を持たずに滑空する航空爆弾(AGM-62やAGM-154等)がミサイルとなっていたり、誘導弾化したロケット弾(APKWS)が他国ではミサイル扱いなのにロケット弾扱いのままであったり、逆にGPS誘導可能なロケット推進弾(MLRSのもの)がロケット弾として扱われてたり、結構曖昧。

さらに日本では、有線誘導や赤外線誘導、レーダー誘導などの目標指示装置を搭載して敵を自動/手動追尾するものを特に「ミサイル」と呼び(Guided Missile)、無誘導の砲弾方式の打ちっ放し兵器を「ロケット弾」と呼ぶ傾向がある。

誤解されがちだが、創作に登場するように命中の瞬間まで速度を保つことができるミサイルは少なく、大半のミサイルは極々短時間加速した後は滑空して標的に向かう。
戦闘機を上回る超高G機動や超高速飛行ができる時間も相応に短く、特に激しい回避軌道を行う戦闘機を狙う場合、最高速度や有効射程等のカタログスペックは全くあてにならない。
弾道ミサイルは打上げ時にのみ推進し、慣性で弾道飛行して最後には落ちてくるだけであるが、高高度から落ちてくるために命中時の速度は非常に高速となる。
例外が巡航ミサイルで、こちらは着弾の直前、ないし着弾する瞬間まで推進力を発揮し続け、速度も維持される。

ミサイル万能論

ミサイルが兵器として登場し始めた1950年代後半に見られた、ミサイルだけあれば何とかなる的な理論。
具体的には、

  • 空対空ミサイルの撃ち合いになれば敵に近づく必要はないし戦闘機に機関銃はいらなくね?
  • 地対空ミサイルがあれば爆撃機や偵察機を簡単に撃ち落とせるから戦闘機はいらな(ry
  • 対戦車ミサイルがあれば戦車を簡単に破壊できるから戦車は(ry

といった感じである。
しかし、実際に使ってみると、この理論はことごとく打ち砕かれる事になる。

  • 空対空ミサイルの場合:ベトナム戦争では当時ミサイルの信頼性が充分ではなく、撃っても当たらない事がザラにあり、旧来のドッグファイトが頻発。アメリカ軍はドックファイトの事など考えていなかった戦術の甘さもあって、北ベトナム軍の旧型戦闘機に思わぬ苦戦を強いられ、アメリカ海軍がトップガン(アメリカ海軍戦闘機兵器学校)を作るきっかけとなった。
  • 地対空ミサイルの場合:地対空ミサイルの発達は、確かに爆撃機や偵察機が悠々と領空を飛ぶ事をできなくしたが、レーダーに探知されにくい低高度で侵入したり、射程外からのミサイル攻撃・情報収集など対抗戦術を開発。そもそも領空付近に近づいてきた航空機の識別・監視は対象に近づく必要があり地対空ミサイルでは代用できない。
  • 対戦車ミサイルの場合:第四次中東戦争にてイスラエル軍はアラブ連合軍が投入した対戦車ミサイルに大きな苦戦を強いられた。しかしそれはイスラエルが戦車を過信していた所もあったためで、すぐに戦車と歩兵の連携を密にする事で対抗し逆転している。

現代ではミサイルの能力向上によってミサイル万能論が部分的ながら現実になりつつある所もあるが、それでもミサイルは砲弾に比べるとはるかに高価であり、誘導を妨害する手段も存在する以上、他の兵器を完全に代替する存在にはなっていない。

「乗り物としてのミサイル」のちょっとした概要

通常、ミサイルはの人間の搭乗を考慮していない。が、通常ではない人間なら搭乗可能である。


外部リンク

Wikipedia「ミサイル」…こちらの関連項目も参照。

関連イラスト

missile
UFOからミサイルどーん



関連項目

兵器 ATM MAT ICBM バズーカ
ロケット
味噌(英語の発音に由来する隠語)
対戦車誘導弾

ドリルミサイル ノーマッド ミミちゃん ミサイルボンビー マジックミサイル おっぱいミサイル ミサイルは乗り物 バードミサイルをぶち込んでやる

関連記事

親記事

兵器 へいき

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ミサイル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1218974

コメント