ピクシブ百科事典

目次[非表示]

ミサイルとは、

  1. 飛び道具
  2. 動力機関(エンジン)と誘導装置搭載の砲弾。誘導弾。
  3. カプコンのゲーム逆転裁判に登場する。→ ミサイル(犬)
  4. 輸送機(乗り物)の一種。 ※ただし超人に限る

当記事では、砲弾の一種であるミサイル(と、おまけ程度に原義も)を説明する。

概要

飛び道具

古来、縄張り争いに際し、を投げて敵を駆逐せんとした行為に由来するとされる。
詳細は「飛び道具」「弓矢」「」などに譲るほか、ファンタジー作品、特に「ダンジョンズ&ドラゴンズ」などの「マジック・ミサイル」は、この「飛び道具」を意味する。

砲弾

そのうち、現在おもに「ミサイル」と呼ぶのは、
軸流式エンジン、噴進式エンジンなどの推進するための動力機関を搭載し、それ自体が飛翔して、搭載された装置により誘導された目標を攻撃する一連の兵器のこと。
(ミサイルと紛らわしいもの)
・それ自体が推進するが誘導されない→ロケット弾(噴進弾)
・誘導されるが、それ自体は推進力を持たない(撃ち出されてから軌道修正だけを行う)→誘導爆弾

ロケットエンジンを用いて弾道軌道をとるものを弾道ミサイル(弾道弾)、航空機同様のジェットエンジンを用いて地表面を飛翔して目的地に到達する無人航空機の一種を巡航ミサイルという。弾道ミサイルは特に5,500kmを越えるものを大陸間弾道弾と称する。
嘗ては誘導装置はジャイロコンパスなどの単純なものが使用されたが、技術が発達するにつれて、赤外線誘導、レーダー電波による誘導、GPS衛星を利用した誘導など多岐にわたる誘導装置が開発された。

アメリカでは自由落下型航空爆弾に誘導装置だけでなく途中で切り離されるロケットモーターを取り付け射程延長したもの(AGM-123やAGM-130等)もミサイルとなっていたり、誘導装置を持つが動力を持たずに滑空する航空爆弾(AGM-62やAGM-154等)がミサイルとなっていたり、誘導弾化したロケット弾(APKWS)が他国ではミサイル扱いなのにロケット弾扱いのままであったり、逆にGPS誘導可能なロケット推進弾(MLRSのもの)がロケット弾として扱われてたり、結構曖昧。
一方日本では、有線誘導や赤外線誘導、レーダー誘導などの目標指示装置を搭載して敵を自動/手動追尾するものを特に「ミサイル」と呼び(Guided Missile)、無誘導の砲弾方式の打ちっ放し兵器を「ロケット弾」と呼ぶ傾向がある。推進装置を持たずに落下していく兵器は誘導しようがしなかろうが爆弾となる。
自衛隊ではミサイルという用語は使用するが、自衛隊が使用する兵器の名称としては陸海空共通で「誘導弾」と呼称している。
ちなみにロシアではミサイルもロケット弾も「ロケット」と呼び、名称の上では特に区別しない。

誤解されがちだが、創作に登場するように命中の瞬間まで推進機関全開で速度を保つことができるミサイルは少なく、大半のミサイルは発射後に極々短時間加速した後は燃料が空になり、機関停止状態で滑空して標的に向かう。つまり自由落下型誘導爆弾との本質的な違いは本体が初期の加速をするかしないかだけだったりする。
創作でよく出てくるような敵戦闘機が回避しても回避しても煙を吐きながら戻ってきて追い続けるようなミサイルは現実には存在していない。
各種ミサイルは現実(の日本)では主に下記のように飛行する特性で分けられる場合が多い。

  • (いわゆる)通常のミサイル
発射元(母機)と発射先(ターゲット)によって空対空、空対地、地対地、地対艦などの任務、誘導方式、長距離~短距離の狙いたい距離によって本体の大きさや形、搭載する弾頭、ミサイル自体の構造は実に多種多様。
主に米軍でミサイルに対してAAM(エーエーエム)やSAM(サム)などと型番や略称をつけるのは「Air(to)AirMissile」という意味であり、誰から誰に撃つものかを表している。対空兵器の略称としてよく使われるAA(AntiAircraft)とは意味する所が違うので注意。
Sは「Surface(地上)」だったり「Ship(艦)」だったりと意味が変わるが、発射に関しては地上と艦船はかなり共通する要素であり、実際に兼用されているものも多い。ただし標的として見た場合は地上目標と艦船はかなり異なる要素であるため、対地ミサイルと対艦ミサイルは別種である事が多い。
ミサイルが目標を認識し追尾するためには「ロック(Lock)」という動作が必要であり、目標をロックした状態を「ロックオン(Lock-on)」と呼ぶ。
目標をロックする仕組みも色々あり、主なものとして電波を当てて跳ね返ってきた電波を追うレーダー誘導、目標が出す赤外線を追う赤外線誘導、テレビカメラで捉えた画像を認識する画像誘導などがあり、レーダー誘導には発射母機が電波を出すセミアクティブ方式、ミサイル自身が電波を出すアクティブ方式がある。レーダー誘導なら目標に当たって跳ね返ってきた電波を捉えた状態、赤外線なら目標が発する赤外線を捉えた状態がロックオンである。一度かけたロックを解除される事をロックを外す、外れると表現する。
ある程度の大小はあれど、前述のようにミサイルが推進機関を運転できるのは発射後短時間のみであり、その後は高速グライダーとして滑空して目標に向かうのは対地だろうと対空ミサイルだろうと同じ。特に対空ミサイルは軽量小型のため戦闘機を上回る超高G機動や超高速飛行ができる時間も相応に短く、サイドワインダーに代表される短距離空対空ミサイルの場合、発射後にロケットモーターが作動するのは実に数秒間に過ぎない。(サイドワインダー初期型で2.2秒)
特に激しい回避軌道を行う戦闘機を狙う場合、最高速度や有効射程等のカタログスペックは全くあてにならない。
なお、前述のようにずっと追い続ける事はできないミサイルだが、レーダーやレーザー等、「何かを発射してくる」アクティブな誘導方式でない限りは狙われた目標側からはミサイルロックや接近を感知する手段はほぼない(例として赤外線パッシブホーミング等)。もちろん発射時に数秒噴射炎が見える可能性はあるが、自機に接近して来る頃には燃焼も終わり、小さな超高速滑空弾として静かに襲いかかってくるため、映画やアニメの如く「自機の近くまで来たミサイルの噴射煙を見て避ける」のは実際には不可能に近い。また仮にミサイルが視認できたとしても、スレスレで躱そうとすれば近接信管が作動してダメージを受ける可能性もある。そのためミサイルで狙われる側の航空機から見た場合、実際にミサイル回避に一番確実な事は距離を取ることであり、多くの場合、ミサイルを撃たれる可能性がある場合はミサイルそのものを視認できなくてもチャフやフレアを炊く。
ミサイルの側は発射後は少ないエンジン稼働時間を全開で高度と速度の上昇に努め、少しでも射程を稼ごうとする。戦闘機からミサイルを発射した動画を見ると、発射後急上昇していくのがわかるはずだ。
地対空ミサイルは発射時点で速度も高度もゼロ、という致命的なハンデを少しでも埋めるべく、宇宙開発ロケットよろしく切り離し式のブースターを備えるものも存在する。
対地、対艦など大型の長距離ミサイルの場合、燃料を多く積み込みエンジン推進時間が長い、またはロケットではなくジェットエンジンを搭載するなど後述の「巡航ミサイル」に近い特性を持つものも存在する。
目標を破壊するための弾頭は基本的に炸薬(爆薬)を搭載したものが多いが、こちらも地下深くのコンクリートで固められた目標を貫くために徹甲弾のような貫徹するための構造を備えるものから、生物化学兵器を充填したタンク、対空ミサイルの命中精度を補うために核弾頭を搭載したとんでもないものまで目的に応じて多種多様である。
近年は「極超音速ミサイル」と呼ばれる高速ミサイルが開発されている。巡航ミサイルと弾道ミサイル双方に当てはまるが、特に弾道ミサイルの方は、グライダーのような滑空体であり、(いわゆる)通常のミサイルとしてはかなり高速の部類に属する。出来の悪い紙飛行機のように複雑な軌道を描いて飛ぶことができるとされ、速度と軌道から迎撃、撃墜が非常に困難であると言われる。実際には速度の速い巡航ミサイルとして扱われる場合が多い。
対艦ミサイルの場合はラムエアジェットエンジンを使用する事で高速ミサイルを実現しており、ラムエアジェットエンジンの始動に必要な速度を稼ぐ為にロケットエンジンと併用した複合ジェットエンジンとなっている。
ミサイルとよく似たものに「ASROC(Anti Submarine ROCket:アスロック)」と呼ばれる、海中の潜水艦を狙う兵器があるが、これは誘導魚雷をロケットで遠くに飛ばすものであり、通常日本語ではミサイルとは別種の物として扱われる事が多い(対潜ミサイルとされる場合もあり、必ずしも間違いとは言い切れないが)。

  • 弾道ミサイル
打上げ時にのみ推進し、慣性で弾道飛行して最後は誘導を受けながら落ちてくるだけであるが、高高度から落ちてくるために命中時の速度は非常に高速となる。
この弾道ミサイルという存在、言ってみれば宇宙開発用ロケットに近い
…というよりは人工衛星を爆弾に積み替えただけのほぼ同じモノであるので、発射後は後方の使い終えたエンジンを切り離して捨てながら宇宙空間まで到達する弾道コースを描いて落ちてくるのである。当然ながら下降してくる頃には発射した時のミサイルの形は全く残っておらず、弾頭を搭載したミサイル先端部のみが大気圏に再突入して目標に命中する。
参考動画のようにミサイルの形のまま地を這うように飛ぶものではない。地を這うように飛ぶのは後述の巡航ミサイルである。(ただし巡航ミサイルはこんなに速くない)
宇宙ロケットと同じモノだけに非常に大型かつ高価格であり、元々は爆撃機が投下する兵器であった核爆弾を、パイロットを危険にさらさずに核弾頭を敵の都市にお届けする事を可能とした、戦略クラスの最終兵器である。
ちなみに弾道ミサイルを指す略語としてよく出てくるICBMやSLBMはそれぞれ「InterContinental Ballistic Missile(大陸間弾道ミサイル)」と「Submarine-Launched Ballistic Missile(潜水艦発射型弾道ミサイル)」といい、発射方式と弾道ミサイルであることを表している。核弾頭を搭載するものが多いが通常弾頭もあり、弾道ミサイル=核ミサイルではない。
核ミサイルを持つ国々は仮想敵国の主要都市を常に照準している状態と言われており、それが現実の場合、この種のミサイルは常時ロックオンしっぱなしという事になる。
近年ミサイル防衛の話題に於いて、弾道ミサイルと並んで前述の極超音速ミサイルが取り上げられる事が増えているが、大陸間弾道ミサイルは終末速度がマッハ20近くにも達するような兵器であり、つまり弾道ミサイルとはそもそも極超音速兵器である点に留意されたい。
極超音速ミサイルとはこの高速に加えて、滑空体を保有し戦闘機のように自在に軌道を描くことから追跡も迎撃も困難であることが特徴。

  • 巡航ミサイル
創作イメージのような目標近くまでエンジンを吹かし続けるミサイルが殆ど存在しない中、ほぼ唯一の例外が巡行ミサイルで、こちらは着弾の直前、ないし着弾する瞬間まで推進力を発揮し続け、速度も維持される。ただし巡航ミサイルは"巡行"の名が示すように長距離を飛んで敵の施設や艦艇等、動かない又は低速かつ大型の高価値目標を狙うものであるため、元々の速度が数百km/h~亜音速程度のものが殆どである。
ロケット弾というよりは航空機的性格の強いミサイルであり、ミサイルとしては大型の主翼を備える場合が多い。推進機関もジェットエンジンなど、持続力に優れるものが多く、ジェットエンジンの場合はちゃんと吸気口もある。
悲しい歴史だが、かつての帝国陸海軍が実施した特攻隊戦術とは人間を航法・誘導装置に使った有人の対艦巡航ミサイルそのものであり、つまり巡航ミサイルとは人間を機械装置に置き換えた自爆突入攻撃用の航空兵器である。
こちらも近年は極超音速つまりマッハ5と高速度なものが開発され実用化されている。


上記の通り、アニメやSF映画で出てくるような便利なミサイルは意外と存在しないのである。
ミサイルが出てくるような創作を考える場合は参考にしてほしい。

以上、いわゆる現代においてのミサイルの概要を説明した。高性能の推進装置や誘導装置、弾頭を備え、地球の裏側にまで届く射程距離に百発百中に近い命中精度、都市一つを滅ぼす程の威力を手に入れたミサイルも、放たれた砲弾+αという要素は全てに共通しており、本質的には敵に石を投げつけ矢を射かけるのと何ら変わりは無い。その意味で古代より飛び道具全般を指す言葉を語源に持つ「ミサイル」という語が当てられたのは言い得て妙であると言えるだろう。


ミサイル万能論

ミサイルが兵器として登場し始めた1950年代後半に見られた、ミサイルだけあれば何とかなる的な理論。
具体的には、

  • 空対空ミサイルの撃ち合いになれば敵に近づく必要はないし戦闘機機関銃はいらなくね?
  • 地対空ミサイルがあれば爆撃機や偵察機を簡単に撃ち落とせるから戦闘機はいらな(ry
  • 対戦車ミサイルがあれば戦車を簡単に破壊できるから戦車は(ry

といった感じである。
しかし、実際に使ってみると、この理論はことごとく打ち砕かれる事になる。

  • 空対空ミサイルの場合:ベトナム戦争では当時のミサイルのロックオンの制約が非常に厳しい上に信頼性が充分ではなく、撃っても当たらない事がザラにあり、さらには視程外戦闘で誤射が発生したため敵味方識別の為に目視できる距離まで接近せよという命令が出されたために朝鮮戦争で最後になる(と思っていた)旧来のドッグファイトが頻発。アメリカ軍はドックファイトの事など考えていなかった戦術の甘さもあって、軽量高機動の北ベトナム軍の旧型戦闘機に思わぬ苦戦を強いられ、アメリカ海軍がトップガン(アメリカ海軍戦闘機兵器学校)を作るきっかけとなった。
  • 地対空ミサイルの場合:地対空ミサイルの発達は、確かに爆撃機偵察機が悠々と領空を飛ぶ事をできなくしたが、レーダーに探知されにくい低高度で侵入したり、射程外からのミサイル攻撃・情報収集など対抗戦術を開発。そもそも領空付近に近づいてきた航空機の識別・監視は対象に近づく必要があり地対空ミサイルでは代用できない。
  • 対戦車ミサイルの場合:第四次中東戦争にてイスラエル軍はアラブ連合軍が投入した対戦車ミサイルに大きな苦戦を強いられた。しかしそれはイスラエルが戦車を過信していた所もあったためで、すぐに戦車と歩兵の連携を密にする事で対抗し逆転している。

現代ではミサイルの能力向上によってミサイル万能論が部分的ながら現実になりつつある所もあるが、それでもミサイルは砲弾爆弾に比べるとはるかに高価であり、誘導を妨害する手段も存在する以上、他の兵器を完全に代替する存在にはなっていない。

創作において

メディアによっては武器として登場する。
しかし、弾道ミサイルのような大型のものではなく、比較的小型なものを採用されることが多く、対ロボット、または対人戦に用いられる。

また、通常ミサイルは人間の搭乗を考慮していない(当たり前だ)が、通常ではない人間は搭乗してしまう事があり、サーフボードか何かのように乗りこなしたり、ミサイルからミサイルへ飛び移ったりと、考えられない事をやってのけるキャラクターが散見される。
ミサイルは乗り物

関連キャラ

ミサイルは乗り物な人たち


その他キャラ・作品


???


外部リンク

Wikipedia「ミサイル」…こちらの関連項目も参照。

関連イラスト

UFOからミサイルどーん



関連項目

兵器 ATM MAT ICBM バズーカ
ロケット
味噌(英語の発音に由来する隠語)
対戦車誘導弾

ドリルミサイル ミッソー ノーマッド ミミちゃん ミサイルボンビー  おっぱいミサイル ミサイルは乗り物 バードミサイルをぶち込んでやる じゃ、ミサイルでもうちこんでやるか。

ワイルド・ウィーゼル:地対空ミサイルの発射元を狩る

関連記事

親記事

兵器 へいき

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ミサイル」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ミサイル」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1505484

コメント