ピクシブ百科事典

歩兵

ほへいまたはふひょう

軍隊の兵科の一種。あるいは将棋の駒の一種。
目次[非表示]

以下の二つの意味が存在し、読みも異なる。

  1. ほへい。軍隊における兵科の一つであり、戦場を徒歩で行動する兵士。英語でInfantry。
  2. ふひょう。将棋の駒のひとつ。

軍隊の歩兵

最古かつ最も基本的な兵科。歩兵の存在しない軍隊は存在しない。
戦場にたどり着くまでは自動車飛行機などさまざまな移動手段を用いても戦闘中に徒歩で行動する兵士は歩兵である。

最も柔軟性の高い兵科でもあり、あらゆる戦場で姿を見ることができる。自衛隊用語では普通科という。

いかに軍の機械化が進んでも、諸兵科連合を構成したり、都市拠点を確保したりする歩兵の存在が不可欠である。視野が極端に狭く背後からの攻撃に脆弱な戦車は随伴歩兵を必要とするなど、機械化が進んだからこそ必要ともされている。

戦場へパラシュート降下する空挺兵、重要かつ特殊な作戦に投入されるエリート兵士であるレンジャーライフル狙撃専門の狙撃兵、戦車の攻撃に特化した対戦車特技兵など、特別な訓練を受けた歩兵もいる。

近年は非対称戦への要求が高まり、占領地の治安維持や平和維持活動に従事する特別な訓練を受けさせた歩兵(特殊部隊員)の需要が増している。

日本軍軍歌歩兵の本領という曲がある。
この歌は自衛隊になっても歌い継がれているが、タイトルは歩兵の本領である。普通科の本領と言った替え歌は無く、歌詞もそのままで、教育を受ける駐屯地やその教育の種類によっては、忘れられないぐらいに歌って覚える場合もあるという。

また、将棋チェスの格言にもそれぞれ「歩のない将棋は負け将棋」「ポーンはチェスの魂」というものがあるが、実際の軍隊においても古代から現代に至るまでほぼ変わらずにこれらの格言通りであり、おそらく軍隊が存在する限り、今後も変わることはまず無いだろう。

将棋の歩兵

自陣の先頭1列を陣取る駒。前に1マス動けるのみ。チェスのポーンに相当する。
駒そのものの価値は高くないものの、対局開始時に各9個所持しており、純粋な数の暴力を利かせられる。
また、取られてもそれほど痛手ではないため犠牲にすること前提でより上位の駒を取ったりと金として先陣を切らせたりと重要な役割を担うことが多い。

歩兵のみに適用されるルールがあり、二歩打ち歩詰めは有名な反則である。

関連タグ

陸軍 海軍 空軍 陸上自衛隊 小銃 歩兵戦闘車 スカウト
軍隊 兵士 現代個人装具

将棋 と金

歩兵に纏わる格言

  • 歩のない将棋は負け将棋:将棋において、最弱な駒とされ、重要度が一見最も薄いように見える歩兵が、実は攻守によく働き、勝敗に関わる必要な駒であるという意味の格言。

関連記事

親記事

兵士 へいし

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「歩兵」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 214128

コメント