ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

概要

 将棋の駒のひとつ。略して「金」。玉将の両脇(自陣一番手前の両端から4番目)に1枚ずつ布陣する副将のような立ち位置。

 玉将と同様に、裏側に字が書かれていない。敵陣(奥から3段目まで)に入っても、成る(昇格)することはない。また、回り将棋では振り駒に使用する。


 前後左右と斜め前に1マスずつ進むことが出来るため、その堅実な動きから王手に頻繁に使用される。中でもの玉将を一番奥まで追い詰めて金をすぐ前に打ち、ヒモをつける(王に取られてもすぐ取り返せるように、他の駒の効きに金を入れておく)「アタマ金」は最も基本的な詰みの形である。


 銀将、桂馬、香車、歩兵の駒は三段目に入ると金将と同じ動きが出来るようになるため、このことは「成金」の語源にもなった。


関連項目

王将 飛車 角行 銀将 桂馬 香車 歩兵

関連記事

親記事

将棋 しょうぎ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7340

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました