ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

 右側の桂馬の前のマスにおいてから、ゲームが始まる。

 チェスルーク(城)と同様の動き方をする。

 味方と敵、合わせて二枚ある。


 前後左右の全方向に進むことが出来るため、まさに縦横無尽。攻めの主力になる。角行と並び大駒とよばれる。ただし金駒と異なり接近戦に弱く、もっとも警戒されやすい駒でもある。

 

 戦術にも飛車を中心にした物が多く、飛車をどの位置に置くかで戦法自体が変わってしまうほど。大きく分けて居飛車戦法(初期配置から攻撃する)、振り飛車戦法(左側に振って迎え撃つ)に分けられる。

 敵陣三段目より奥に入ると、既存の縦横に加え斜めに1マスずつ進めるようになる竜王になる。成った方が断然得だが、稀に打ち歩詰めのケースもあるため、例外的に成らないこともある。

 お互いの玉将が敵陣に入ったときは表裏関係なく5点で計算され、総合24点以上なら負けはない。


関連項目

玉将 角行 金将 銀将 桂馬 香車 歩兵

高飛車


飛車に纏わる格言

  • ヘボ将棋、王より飛車をかわいがり:将棋において、勝敗に直接関わる王将よりも、戦闘能力が最も高い飛車を重宝する愚かさを意味する格言。一般的に、明治時代の落語家が考案した格言として知られている。転じて、目先な価値に囚われて、本当に最も大切なものを失ってしまう愚かさを表現するために用いられている。

関連記事

親記事

将棋 しょうぎ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 177681

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました