ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「私は、私が正しいと信じる道を進むだけよ。」


プロフィール編集

学園ミレニアムサイエンススクール
部活セミナー(生徒会長)
学年3年生
年齢不明
誕生日不明
身長不明
趣味不明
CV未実装
デザインMx2j(※)
イラストMx2j(※)

※『ブルーアーカイブ オフィシャルアートワークス 2』より。


人物編集

ミレニアムサイエンススクールを取り仕切るセミナーの生徒会長。

黒を基調とした衣服と長い黒髪、それらと対照的な白のタートルネックを着用した色白の肌を持つ生徒。

リオ会長

髪にはミレニアムの校章を模したヘアピンをつけている。


ミレニアムの政治トップとして極めて合理的な性格であり、ミレニアムやキヴォトス全体の利益・安全を考えて冷徹な判断も下しうる人物。


人情の機微や感情論を軽視する傾向があり、そのため過去にも多くの人間から反発されてきたらしく、同じセミナーのメンバーにすら秘密で大規模な計画を進める、裏切りを想定しながら部下を運用するなど、秘密主義的、猜疑的な行動が多く見られる。

全ては万が一の事態に備えて、彼女なりの合理性に基づいての行動なのだが、その行動の真意に気づいてくれるものは少なく、誰にも理解されないことを思い悩む一面もある。それでも冷徹に自分の考えを貫く強さを併せ持ってもいる。


また、目的のためには手段を辞さない面もあり、将来キヴォトスに訪れる危機に備えて「要塞都市エリドゥ」を建造するために、セミナーの予算を密かに横領してその資金に充てていた。


彼女を端的に表現するなら、合理主義を極めた人物

自らがそうすべきと判断したことについては徹底的に実行し、ある程度の強硬手段も辞さないまさに独裁者。そのため、一部の生徒達からはミレニアムの「ビッグシスター」と呼ばれている。


存在や名前そのものはかなり以前より示されていたが、本格的な登場はメインシナリオVol.2「時計じかけの花のパヴァーヌ編」第2章。

ある生徒を危険視しており、ヴェリタス部長のヒマリと協力して彼女の調査を行っていた。

そのヒマリとは極めて仲が悪いと周囲からも評判で、実際にヒマリからも「下水道を流れる水」「浄化槽に浮かぶ腐った水」などと揶揄されたり、シナリオ内では意見が合わないと分かると即座にヒマリを排除しようとした。

しかしながら、そのヒマリと同じ目的のために休戦したり、彼女をセミナー直属組織の「特異現象捜査部」の部長になるよう要請するなど、その実力は認めており、一概に険悪な仲の一言では言い切れない、複雑な関係であることが察せられる。

内心ではヒマリの聡明さに一目置いており、自身の理解者となってくれることを期待していた旨を吐露したことがある。


専属ボディガードであるC&Cトキには強い信頼を寄せており、極秘の計画を共有したり、数々の依頼を行わせている。

エリドゥの兵力もトキ以外は全てドローンであった事、トキ(とアバンギャルド君)が敗北した時点で切れるカードが無くなったと零した事からその信頼がうかがえる。


独特な美的センスの持ち主で、「アバンギャルド君」という奇妙な見た目の戦闘用ドローンを配備していた他、エリドゥの管制室にそのアバンギャルド君に似た謎のオブジェクトをわざわざ飾っているなど気に入っている模様。

なお、アバンギャルド君のデザインについてモモイミドリから酷評された際には「……見た目は関係ないわ。」と目を逸らしながら反論した。


作中の動向(ネタバレ注意!)編集

「時計じかけの花のパヴァーヌ編」第2章では、アリスをキヴォトスに破滅をもたらすとして危険視し、抹殺を企てており、ある事件をきっかけに、アリスが暴走してヴェリタスの部室を破壊したことを名目に、ゲーム開発部からの必死の抗議に耳を貸すこともなく、なかば強制的にアリスをエリドゥへと連れ去った。


一同がアリス奪還に動くことも想定して対策を練っていたが、想定を超える一同の奮戦とイレギュラーな救援によって主戦力であったトキとアバンギャルド君を撃破され、ついに本拠地のタワーに到達されてしまう。そこでようやく自身の負けを認めるが、アリスの身体は謎の存在であるKeyがなおも掌握しており、エリドゥを危うく乗っ取られかける。

危機に直面してなおアリス抹殺の決断を要求するも、ヒマリが深層意識に追いやられたアリスの意識を呼び起こすことを提案。ゲーム開発部と先生の説得によってアリスはKeyから人格の主導権を奪い返し、ゲーム開発部の元へと戻った。


エピローグでは辞表を提出して姿を消し、ミレニアムトップの突然の辞任によってセミナーを混乱させた。専属エージェントであったトキにも実質解雇を言い渡し、以後連絡を取っていない模様。


メインストーリーFinal.「あまねく奇跡の始発点編」では、彼女の危惧していたキヴォトス存続の危機が(彼女の予想とは異なる形ではあるが)現実になってしまう。

そんな中、異形の軍勢の侵攻からミレニアムを防衛する生徒達の援軍として、かつてリオの指揮下にあったロボット軍団「AMAS」が登場する。どこの誰がこのAMASを制御しているのか明言こそされていないながらも、無言で事情を察したヒマリとウタハはこの援軍と協力し、ミレニアムの防衛に成功した。


その後、ドローン越しにヒマリやユウカと会話した際には、彼女達から辛辣な言葉を貰ったが、リオ自身も過去の行動には思う所があり、反論をせずに受け入れた。

他の面々からも厳しい態度を取られていたが、かつての事件の当事者であるアリス本人から、自身はリオを恨んではいない事が明かされ、むしろ既にリオを仲間として受け入れていると告げた事で皆の態度は軟化。

最終的にドローンを介しながら敵本陣に乗り込む際の手助けを果たし、さらには決戦後に仲間達の地上への脱出手段を講じるなど、一同の支援に尽力した。


また、彼女が作った要塞都市エリドゥのシェルターはミレニアム市民の避難場所として活用されたほか、アバンギャルド君もエンジニア部による改造を経て、アバンギャルド君Mk3となり、廃墟化した遊園地での戦いにおいてユズの操作のもと活躍するなど、彼女が残したものは大いに役に立った。


最終的に皆から認められた彼女だが、Final.エピローグの時点でも所在は明らかにされておらず、現在もどこにいるのかは不明。


余談編集

行動の賛否についての補足編集

メインストーリーにて初登場した際は、アリスを排除しようとしたその極端な行動や自論から、一部ユーザーからは多数の賛否の声が挙がった。なお、韓国における制作者インタビューによると、元々リオは純粋な悪役としてデザインされたキャラクターだったらしく、今のような形で人気が爆発するとはあまり想定していなかったとのこと。

最初から悪役として登場する予定だったことを鑑みれば、初期のリオが冷徹な存在としてユーザーから非難の声が挙がる事態はある意味仕方のない流れであった。


ただし「悪役としてデザインされたキャラでした」という発言自体はイラスト担当であるMx2J氏のコメントであり、イラストデザインに関するものであった点には留意が必要。

その他アートディレクター、シナリオライター各氏の発言に関しても「初期案は敵対者としての位置づけだったが、制作の過程で大きく変化した」という趣旨の内容であり、「悪役としてリリースしたキャラクターの人気が爆発した」と解釈するのは明確に誤りである。

例えば、インタビューではリオのキャラクター創りに関して「アバンギャルド君」の存在にも触れ(リオというキャラクターを肉付けする上で)まさに「神の一手」だったと語られている。


登録タグ数編集

ファンアートの方はまだ実装すらされてないのに好調に増え続けている。

CVなし、未実装というハンデがありながら、ストーリー内におけるライバルキャラであるヒマリには、登録タグ数においてすでに倍近い大差をつけ、ライバルを完膚なきまでに抑え込んでリオ会長が圧勝しており、キサキセイアらに次ぐ実装待ちポジションとなりつつある。やはり大きいことはいいことだ


関連イラスト編集

RIOリオ


関連項目編集

ミレニアムサイエンススクール セミナー(ブルーアーカイブ) 生徒会長


早瀬ユウカ…リオと同じセミナーの生徒。彼女も合理主義だがリオ程ではない。


黒崎コユキ…かつてセミナー役員だった指名手配犯。彼女が起こしたミレニアム債権偽装事件がリオの横領の隠れ蓑になっていた。

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 139985204

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました